コラム

 公開日: 2017-01-11  最終更新日: 2017-01-12

雨水排水計画 雨を下階に流すべからず


建物の形状によっては上階の屋根やバルコニーからの排水が竪樋に流れ込んだ後、下階のバルコニーに放出されている事があります。そういった場合、上階からの雨量が下階バルコニーの排出能力を超えて供給されると当該バルコニーの床では一時ではありますが水位が上がります。その時バルコニーの構造次第では雨漏りの危険が高まります。

また、上階のバルコニーに降り注いだ雨だけが流れてくるだけならばまだしも、更に屋根に降った雨までも合流している形状の建物で大雨があった時は当該バルコニーを持つ住人の方は不安を感じているのではないでしょうか。

バルコニーを経由させる排水方法の更なる欠点として、排水はそのバルコニーの床面を汚しますし周辺の乾きも悪くするという事が挙げられます。いつも汚れているのでストレスを感じる方も多いと思います。

ストレーナー(目皿)は排水溝に異物が入り込んで樋が機能しなくならないようにする役目を担っていますが、今回のケースではストレーナー自体が雨の流れを停滞させる事になっていたようです。せめて、目詰まりだけは絶対にさせないように注意が必要です。急な大雨に備えて目視できる異物は常に取り除いておきたいものです。

そもそも、雨量の多い経路の竪樋は単独経路の配管にすることが雨水排水計画の基本です。偏った雨量を受け持つ樋に気づいたら早めに経路の改善を行う事をお勧め致します。溢れてから気づくのでは手遅れなのです。

​【雨漏りと防水を考える会社】 建水プロテクトはあらゆる雨仕舞を熟慮した再発しない雨漏り改善工事と防水工事をお届けしています。

この記事を書いたプロ

株式会社 建水プロテクト [ホームページ]

1級建築施工管理技士 藤田裕二

東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL:03-6682-6190

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社建水プロテクトの藤田裕二さん

「見つけるまではとことん戦います!」建物の雨漏りと真剣に向き合う雨漏りの専門家(1/3)

「今まで雨漏り調査を実施してきた中で、雨漏りの原因となる箇所がわからなかったことはほとんどありません。」と頼もしい言葉を発するのは、株式会社建水プロテクトの代表藤田裕二さんです。雨漏り診断士・建築士でもある藤田さんは、雨漏りの専門業者とし...

藤田裕二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

現場監督として15年間従事した経験を持つ雨漏り診断士

会社名 : 株式会社 建水プロテクト
住所 : 東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL : 03-6682-6190

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6682-6190

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤田裕二(ふじたゆうじ)

株式会社 建水プロテクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「他の人にも紹介したいと思います。」 (賃貸マンション オーナー様)

・自己所有の賃貸物件に雨漏りが有り、建物が傷むので早く直...

東京都 Y・T
  • 男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
タイルが浮いているなら雨漏りしますよ
イメージ

その雨漏りの原因、外壁のタイルが浮いているからではないですか?そうなんですか?では、確認してみま...

[ 東京雨漏り事情 ]

止まらない雨漏りでも完全に解決出来る理由
イメージ

「繰り返す雨漏り」を再発させることなく完全に解決させる雨漏り診断士の手法とは1.建物の構造を熟知してい...

[ 雨漏り心得 ]

迷惑な断熱材?
イメージ

何が迷惑なの?断熱材は必要なものでしょう!(怒)さて、どういうことなのでしょう?

[ 建水プロテクト ]

夏型結露?
イメージ

「夏型結露」とは?でも、今回は「夏によくある結露」でした!???何て??【東京雨漏り事情】はこ...

[ 東京雨漏り事情 ]

見極める技術
イメージ

その見落としは致命的かもしれませんね。そうならないためには集中することです。【東京雨漏り事情】でその...

[ 東京雨漏り事情 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ