コラム

 公開日: 2016-10-06  最終更新日: 2016-10-18

迷宮に迷い込む原因は先入観である



鉄骨ALC造という事であり、床面が外壁のALCを貫通しているからという事もあって、雨の浸入口は床廻りなのではないかと推測し散水調査を開始。おかしい・・・、一般的なALC造の場合、既に雨漏りが再現されてもいい頃なのに・・・。

気を取りなおして、次の検証箇所は壁面の版間目地という事で散水を再開。おかしい・・・、一向に再現される気配すら無い。

そして、更に次の検証箇所であるサッシ廻りのシーリング劣化部分に散水開始。・・・おかしい。またもや何の反応も無い。

??? 何故? どうして? 何かを見落としている? それは何?

そこで、初心に戻って壁面を順次散水する事に。

おっ、ここか!やっとの思いで原因箇所を特定しました。それは、壁面の一部にあった細いクラックでした。下の方からは目視出来ない程度のクラックです。その後の詳細な調査で浸水経路も判明し何とか事無きを得ました。(上図)

思えば、最初の時点で壁面のクラックの存在を軽視していたかもしれません。それは雨漏り調査に於いては迷宮に迷い込ませる「先入観」という名の恐ろしい悪魔なのです。もう少しで引きずりこまれるところでした。それを救ってくれたのは「経験値」という名の天使だったのではないかと思います。

しかし、経験値を積めば積むほどに先入観の根拠が蓄積されてしまう事にもなるのです。ですから、それを更に超える経験値を重ねる事が必要だと感じた調査でした。皆様もお気を付け下さい。

​【雨漏りと防水を考える会社】 建水プロテクトはあらゆる雨仕舞を熟慮した再発しない雨漏り改善工事と防水工事をお届けしています。

この記事を書いたプロ

株式会社 建水プロテクト [ホームページ]

1級建築施工管理技士 藤田裕二

東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL:03-6682-6190

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社建水プロテクトの藤田裕二さん

「見つけるまではとことん戦います!」建物の雨漏りと真剣に向き合う雨漏りの専門家(1/3)

「今まで雨漏り調査を実施してきた中で、雨漏りの原因となる箇所がわからなかったことはほとんどありません。」と頼もしい言葉を発するのは、株式会社建水プロテクトの代表藤田裕二さんです。雨漏り診断士・建築士でもある藤田さんは、雨漏りの専門業者とし...

藤田裕二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

現場監督で培った豊富な知識と経験を活かした雨漏り修理に強み

会社名 : 株式会社 建水プロテクト
住所 : 東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL : 03-6682-6190

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6682-6190

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤田裕二(ふじたゆうじ)

株式会社 建水プロテクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
浸透桝設置←これも雨漏り対策
イメージ

【建水プロテクト】のホームページに浸透桝設置による雨漏り対策の記事が投稿されています。

[ 建水プロテクト ]

雨水排水計画 雨を下階に流すべからず
イメージ

建物の形状によっては上階の屋根やバルコニーからの排水が竪樋に流れ込んだ後、下階のバルコニーに放出されてい...

[ 雨漏り心得 ]

「今まで、当日に出て来る事はありませんでした」~後編~
イメージ

【東京雨漏り事情】に床から発生する雨漏り事例の後半が投稿されています。

[ 東京雨漏り事情 ]

天窓のガラスの押し縁に雨が溜まるが弊害は?
イメージ

押し縁の一部を切断し雨水がガラス上に留まることなく排水出来るようにしたケースです。実際に水を流してみた状...

[ 雨漏り心得 ]

天井点検口は必要 そして近いにこしたことはない
イメージ

【建水プロテクト】のホームページにオペ室天井からの雨漏りに関する記事が投稿されています。

[ 建水プロテクト ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ