コラム

 公開日: 2016-08-20 

サッシに必要なもの



斜線制限による弊害

斜壁に降り注いだ雨がサッシ前面を流れていく形状です。このような形ではとてもじゃありませんが雨の日に窓を開ける事など出来ません。
斜壁は建築基準法の道路斜線や北側斜線などの斜線制限によりあえてそのような形状になっていますが開口部が絡んでいると雨仕舞的に苦しい納まりになってしまいます。かといって、簡単に庇を付ける訳にはいきません。その斜線制限に抵触する事になるからです。しかし、今のままではサッシ周辺のシーリング材の負担が大きく劣化も早くなること必至です。せめてサッシ本体に雨が掛りにくい形を考慮したいものです。
可能な対策として斜壁の勾配を延長させるような平板の水切り金物を取りつける事が考えられますが人の出入り時に接触などへの注意が必要になるかもしれません。
本来設計者には、法規順守と使い勝手と雨仕舞の全てを満足させる手立てを講じる責任があると思います。住む人が我慢や妥協をするようでは建築物として本末転倒ではないでしょうか。

​【雨漏りと防水を考える会社】 建水プロテクトはあらゆる雨仕舞を熟慮した再発しない雨漏り改善工事と防水工事をお届けしています。

この記事を書いたプロ

株式会社 建水プロテクト [ホームページ]

1級建築施工管理技士 藤田裕二

東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL:03-6682-6190

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社建水プロテクトの藤田裕二さん

「見つけるまではとことん戦います!」建物の雨漏りと真剣に向き合う雨漏りの専門家(1/3)

「今まで雨漏り調査を実施してきた中で、雨漏りの原因となる箇所がわからなかったことはほとんどありません。」と頼もしい言葉を発するのは、株式会社建水プロテクトの代表藤田裕二さんです。雨漏り診断士・建築士でもある藤田さんは、雨漏りの専門業者とし...

藤田裕二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

現場監督で培った豊富な知識と経験を活かした雨漏り修理に強み

会社名 : 株式会社 建水プロテクト
住所 : 東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL : 03-6682-6190

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6682-6190

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤田裕二(ふじたゆうじ)

株式会社 建水プロテクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
あって良かった オーバーフロー
イメージ

【東京雨漏り事情】にあって良かった話が投稿されています。

[ 東京雨漏り事情 ]

築年数が30年以上の建物であればモルタルにも目を向ける必要がある
イメージ

見た目には分かりにくいかもしれませんが、外壁は層になっている事もあるのです。【東京雨漏り事情】に「モル...

[ 東京雨漏り事情 ]

迷宮に迷い込む原因は先入観である
イメージ

鉄骨ALC造という事であり、床面が外壁のALCを貫通しているからという事もあって、雨の浸入口は床廻りな...

[ 雨漏り心得 ]

忍び寄る大量雨漏り
イメージ

雨どいを取り付ける時に何気なくやってしまいがちですが横方向に配管を設置する事は避けた方が無難です。ド...

[ 雨漏り心得 ]

雨漏り?排水管?それとも・・・、先入観の先にあるもの
イメージ

下階に雨漏り?がするという事でしたが上階が置床という事で床下を確認するべくカメラ撮影用の穴を開けてもらい...

[ 雨漏り心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ