コラム

 公開日: 2016-08-01  最終更新日: 2016-08-30

雨漏りの改善をお考えの方へ

こんにちは、雨漏り診断士の藤田裕二と申します。

雨漏りでお困りですか?私たちは再発しない雨漏り改善工事を行う会社です。雨漏りは建物を劣化させたり腐食をもたらしたり住環境を悪化させてしまいます。また、リフォームなどをお考えの場合はまず雨漏りを止める事が先決になります。

外壁や屋根の塗装、ベランダや陸屋根の防水作業を行っているとかなりの確率で雨漏りの悩みをお聞きします。そのまま塗装作業を進めても雨漏り自体は改善しませんし原因を覆い隠してしまう可能性もあります。せっかく足場まで組んでいるのにこの機会に雨漏りを改善しない選択肢はないと思います。まず、雨漏りを治してから塗装や防水を行う必要があります。

そういったお悩みを度々聞いているうちに世の中には雨漏りで困っている方々が他にもたくさんいらっしゃるのだろうと感じましたので雨漏りに重点をおいた作業をご提案する事を始めた次第です。雨漏りの事に詳しい業者はまだまだ少ないですし建築会社もその例外ではありません。

雨漏りの改善は想像よりとても難しく業界でも敬遠される作業です。状況によっては何日も調査を行う事になりますので解決するという信念、そしてお客様のお気持ちを理解していないとなかなか続けられないものだと思います。

建築業界は、材料や工法の開発進化とは裏腹に職人さんの技術や知識の継承不足により雨漏りは増える方向にあると感じています。それでも、私達は新しい知識を日々更新し建物に有益な情報を発信しつつ雨漏りの改善に取り組んで参ります。

雨漏りで悩んでいる時間もあなたの大切な人生です。その悩んでいる時間を今度の楽しい旅行の事を考える楽しい時間に変えませんか。すぐに行動しましょう。私達が雨漏りストレスからあなたを解放します。

​【雨漏りと防水を考える会社】 建水プロテクトはあらゆる雨仕舞を熟慮した再発しない雨漏り改善工事と防水工事をお届けしています。

この記事を書いたプロ

株式会社 建水プロテクト [ホームページ]

1級建築施工管理技士 藤田裕二

東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL:03-6682-6190

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
株式会社建水プロテクトの藤田裕二さん

「見つけるまではとことん戦います!」建物の雨漏りと真剣に向き合う雨漏りの専門家(1/3)

「今まで雨漏り調査を実施してきた中で、雨漏りの原因となる箇所がわからなかったことはほとんどありません。」と頼もしい言葉を発するのは、株式会社建水プロテクトの代表藤田裕二さんです。雨漏り診断士・建築士でもある藤田さんは、雨漏りの専門業者とし...

藤田裕二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

現場監督として15年間従事した経験を持つ雨漏り診断士

会社名 : 株式会社 建水プロテクト
住所 : 東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL : 03-6682-6190

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6682-6190

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤田裕二(ふじたゆうじ)

株式会社 建水プロテクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

頼んで正解でした! (分譲マンション管理組合様)

・マンション修繕委員会のメンバーがインターネット検索で見...

Y・M(理事長)
  • 男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
立ハゼ葺き(立平葺き)も瓦棒葺きと同じく先端にリスク有り!
イメージ

緩勾配屋根のリスクとは?東京雨漏り事情に立ハゼ葺きのリスクが投稿されています。

[ 東京雨漏り事情 ]

Q:塗装で雨漏りは改善する?しない?➡A:一時納まることがある
イメージ

「外壁塗装すれば雨漏りも止まります」的な話しで改修工事に踏み切った方もいらっしゃることでしょう。現に、雨漏...

[ 東京雨漏り事情 ]

軽量発泡骨材混和モルタルはより保水してしまうのか? 
イメージ

雨漏り110番のサイトに「軽量発泡骨材混和モルタル」に関する記事が投稿されています。

[ 雨漏り110番 ]

「この辺りに原因があります。」 と 「ここが原因です!」では信憑性が違う
イメージ

雨漏り調査は何のために実施しますか?そうです。建物を劣化から守るためです。もしくは、内装を復活させる...

[ 雨漏り診断士 ]

届かぬ想い
イメージ

はたして、タイルの目地から雨は浸入するのでしょうか?東京雨漏り事情で確認

[ 東京雨漏り事情 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ