プロTOP:藤田裕二プロのご紹介

「見つけるまではとことん戦います!」建物の雨漏りと真剣に向き合う雨漏りの専門家(1/3)

株式会社建水プロテクトの藤田裕二さん

「うちで原因がわからなければ、おそらく永遠にわからないでしょう」という意気込みで取り組む

「今まで雨漏り調査を実施してきた中で、雨漏りの原因となる箇所がわからなかったことはほとんどありません。」と頼もしい言葉を発するのは、株式会社建水プロテクトの代表藤田裕二さんです。
雨漏り診断士・建築士でもある藤田さんは、雨漏りの専門業者として練馬区を中心とした東京都と埼玉県南部地域の一戸建て住宅や集合住宅の修理や補修を行なっています。

建水プロテクトに問合せしてくるお客さんの中には、「あらゆる業者が手を尽くしたけれど、雨漏りを止めることが出来なかった」人や、「新築時に家を建ててくれた業者さんに頼んだにもかかわらず、雨漏りが止まらなかった」人など、プロでも手の施しようのないケースも多々あるそうです。しかし、藤田さんの手にかかることで「最終的にはいかなる雨漏りも止めてきた」という、嬉しい結果が待っているようです。

「正直申し上げると、複雑でなかなか原因を特定しにくいケースがあるのも事実です。しかし、諦めず、見つけるまではとことん戦います!」と熱く語る藤田さん。

万が一、雨漏りをそのまま放っておくとどうなってしまうのでしょうか? 建物の雨漏りは黒カビや木材の腐食などの原因となり、黒カビはさらにアレルギーを引き起こしたり、木材の腐食はシロアリの発生につながったりすると言われています。
つまり「雨漏りは初期の段階で原因を突き止めることが重要」と、藤田さんは力説します。

「うちで原因がわからなければ、おそらく永遠にわからないでしょう」という意気込みで、毎回雨漏り原因となる箇所を特定しているそうです。

また建水プロテクトには熟練の職人さんが複数在籍しているため、雨漏り原因の特定のみならず、仕上がりにも確かな自信があると言います。

<次ページへ続く>

【次ページ】 構造を根本から理解しているからこそできる分かりやすい説明

最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

藤田裕二プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

現場監督として15年間従事した経験を持つ雨漏り診断士

会社名 : 株式会社 建水プロテクト
住所 : 東京都練馬区大泉町6-29-20 [地図]
TEL : 03-6682-6190

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6682-6190

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤田裕二(ふじたゆうじ)

株式会社 建水プロテクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

調査してくれたおかげで無駄な出費がなく大助かりでした (戸建オーナー様)

天井から雨漏りしていたが原因がわからず直す方法がなかった...

日高市 K・S
  • 男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Q:塗装で雨漏りは改善する?しない?➡A:一時納まることがある
イメージ

「外壁塗装すれば雨漏りも止まります」的な話しで改修工事に踏み切った方もいらっしゃることでしょう。現に、雨漏...

[ 東京雨漏り事情 ]

軽量発泡骨材混和モルタルはより保水してしまうのか? 
イメージ

雨漏り110番のサイトに「軽量発泡骨材混和モルタル」に関する記事が投稿されています。

[ 雨漏り110番 ]

「この辺りに原因があります。」 と 「ここが原因です!」では信憑性が違う
イメージ

雨漏り調査は何のために実施しますか?そうです。建物を劣化から守るためです。もしくは、内装を復活させる...

[ 雨漏り診断士 ]

届かぬ想い
イメージ

はたして、タイルの目地から雨は浸入するのでしょうか?東京雨漏り事情で確認

[ 東京雨漏り事情 ]

硝子の固定方法は主に2種類 どちらが良いのか?
イメージ

硝子ってどうやって固定されているのか?そして、雨漏りとの因果関係は?硝子廻りの雨漏り注意事項とは。

[ 建水プロテクト ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

藤田裕二のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は藤田裕二さんが更新している外部メディアサイトです。

twitter
Twitter
2018-05-19
youtube
YouTube
2017-05-27
facebook
Facebook
ページの先頭へ