>   >   >   >   >  ガーデナー建築家の提案

ガーデナー建築家の提案

ガーデナー建築家の提案その1  都会の中のリゾートハウスに住もう!!

イメージ

狭小敷地を広々楽しむ建築手法

----------------------------------------------

「囲いの建築」シリーズ

都会の中のリゾートハウスに住もう!!

----------------------------------------------

あなたの土地の空の青さは・・・・宇宙まであなたのもの!

周囲の視線を入れない庭囲いのある「囲いの建築」は、風呂上がりに裸ん坊で飛び出して夕涼みできる!

まさに「都会の中のリゾートハウス」の提案です。


--------------------------

庭の緑や風を楽しみたくて、大きな窓のついた開放的な家を建てたのに、道路からまる見えで落ち着かず、結局窓にはいつもカーテンがかかったまま、庭で過ごすこともなく……そんな残念な住まい方をしている方は決して少なくありません。

そこで私が考案したのが「囲いの建築」でした。中途半端なフェンスではなく、半透明パネルで、2階までの高さのある塀をつくり、敷地全体をぐるりと囲ってしまう。あるいは建物の外壁自体を塀にして、テラスなどの外部空間ごと包み込んでしまう。

とくに土地が狭くプライバシーも保ちにくい都会で快適に住まうためには、砦を築き、内と外を一体化させた小宇宙をつくる必要があるのではないでしょうか。

こうして設計した「囲いの建築」の中では、みなさん本当にリラックスして暮らしています。
たとえば風呂あがりに裸で中庭テラスに出て、ビールを傾けながら夕涼みだってできます。

外からの視線を遮断したうえで、家と庭をつなげれば、周囲に気をつかわずに戸外の開放感を味わうことができるのです。

--------------------------

【パターン1】 立体テラスの中庭と屋上庭園の家



前後左右が立て込んだ住宅街。横がだめなら立体的に庭をつくろうということで、中庭+階上にルーフガーデンを設置。
建物はシンプルな箱形にして、壁自体が塀の代わりになるように設計しました。

壁面の一部にはガラスブロックを組み込んだので、光を入れながらも視線は遮り、
壁で囲むことで騒音もかなり防いでくれます。

2階にリビングダイニングをつくり、屋上庭園に向かって大きな窓を取ったので、
隣家を気にせず窓を開け放ち、光や風を感じて暮らせます。

この記事のURL

ガーデナー建築家の提案その3  敷地30坪を広々住まう立体テラスの家

狭小敷地を広々使おう!楽しいプライベートガーデン

狭小地でも開放的なエクステリアのある住まいはつくれます。

30坪の敷地を庭ごと囲い込んだプライベートシェルターは、光と風は通しても視線はシャットアウト。

お風呂上がりの下着姿で飛び出しても気軽に庭を楽し婿とが出来ます。

リビングは陽当たりの良い2階に設けたので、インナーテラスを眺めおろす立体的な景観を楽しめます。

2階テラスの床には光の透ける素材を使ったので、階下は洗濯干し場にも。

そして、なんといってもユニークなのがバスルーム。
窓の外のテラスには水槽が置かれ、金魚を眺めながらのバスタイムを楽しめます。

この記事のURL

ガーデナー建築家の提案その2  現代版 縁側空間のある住宅!!

イメージ

毎日の生活をバラエティー豊に楽しむ建築手法

----------------------------------------------

「インナーテラスの建築」シリーズ

現代版 縁側空間のある住宅!!

----------------------------------------------

テーブルセットとソファーを置いて・・・・食事してテレビを見るだけの生活スペースなんて・・・・・

絶対楽しい!! インナーテラス のあるリビングルーム!!

二十数年前・・・・作ってみたら本当に楽しい家が出来上がりました。


--------------------------

縁側、軒先、前庭、土間・・・・・日本の住宅になくてはならなかった外部的な生活の場。
古来から日本人は「外」と浸透性のある生活をしてきました。

しかし近年こういったスペースは切り捨てられ、敷地が狭い、庭がない、騒音が入る、プライバシーがないなどの住宅事情で、屋内に引きこもることを余儀なくされてしまいました。

そこで私は、外部空間の生活機能を住宅の内部に取り込むことによって、外と内がゆるやかにつながった新しい生活スタイルが生まれるのではないかと考えました。

こうしてできた「インナーテラス」は、家の中にある、半戸外のアウトドアリビング。
昔の民家の土間を明るくしたような、縁側や軒先の生活を家の中に再現したような空間です。

野外でバーベキューをしても、風が強いと不快だし、雨が降れば大あわてになります。
しかしインナーテラスなら、雨が降っても風が強くても大丈夫。

洗濯物干し、植木鉢の植え替え、日曜大工、子どもの水遊びまで、いままで外でしていた生活がリビングルームでできてしまう、便利で楽しい生活テラスなのです。

--------------------------

【パターン1】 狭い庭を広く使う・・・インナーテラスのアウトドアリビング

雨が降っても家の中でバーベキュー!!明るい土間テラスの提案。

  

このインナーテラスは、床にタイルを敷き、一部に土を入れて樹木や草花を植え込みました。
二層吹き抜けの南側は、間口いっぱいにガラスパネルの折戸サッシを設置。

サッシを閉じれば室内になり、サッシを引くと全面開口。まさに「外」になります。
リビングに直植えの植物があり、子どもが水遊びできる土間テラスがある。

汚れたら水洗いできるので、犬小屋も置ける。レンガの炉も設置したので、雨や風を気にせず、
アウトドア気分でバーベキューも楽しめます。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
ガーデナー建築家の提案
イメージ

狭小敷地を広々楽しむ建築手法----------------------------------------------「囲いの建築」シリーズ都会の中のリゾートハウスに住もう!!-----------------...

何でも住宅相談
イメージ

気さくで親切!経験豊富な建築家が優しくお答えいたします・・・お気軽にご連絡下さい。(都内近県 無料)どうしよう?  わからない?  最善策のアドバイス! ...

 
このプロの紹介記事
緑と住宅の調和に挑むガーデナー建築家 勝田無一さん

楽しくなければ住宅じゃない!(1/3)

 「フレームの建築だけでなく、建築物と外の“中間”の部分にもともと強い関心を持っていました。たとえば建物と建物の間のスペースや、空きスペース、エクステリアなどですね。和風住宅でいえば縁側もそうです」建築だけでなく、植物に対する深い造詣も持...

勝田無一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 有限会社 創設計
住所 : 東京都渋谷区神宮前4-25-3 [地図]
TEL : 03-3408-8419

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3408-8419

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

勝田無一(かつたむいち)

有限会社 創設計

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
■シリーズ/狭小敷地の土地選びのコツ - 2

南側道路より北側道路!!その2南面全てがリビングで使える!「北側道路」の敷地。不動産屋さんは、南側道路...

■シリーズ/狭小敷地の土地選びのコツ - 1
イメージ

■ 南側道路より北側道路!!その1建物が一回り大きく出来る!「北側道路」の敷地。創造力豊かな建築家でも...

シリーズ「住宅と庭」の話 (Ⅱ)【8 話 現代の縁側「インナーテラス住宅」 活用・展開法】
イメージ

Ⅱ-8 ◆庭と合体した現代版「明るい民家」 風を起こす家・・・夏涼しく冬暖かい健康快適住宅!家の中に風の...

シリーズ「住宅と庭」の話 (Ⅱ)【7 話 現代の縁側「インナーテラス住宅」 活用・展開法】
イメージ

Ⅱ-7 ◆お店の二階がインナーテラス!  明るく楽しい!!植物園のインナーテラス店舗併用住宅なので生活スペ...

シリーズ「住宅と庭」の話 (Ⅱ)【6 話 現代の縁側「インナーテラス住宅」 活用・展開法】
イメージ

Ⅱ-6 ◆雨が降っても家の中でバーベキュー!! アウトドアライフを楽しむ明るい土間の家その1絶対楽しいイン...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ