コラム

 公開日: 2010-11-08  最終更新日: 2014-07-31

シリーズ「住宅と庭」の話 (Ⅱ)【8 話 現代の縁側「インナーテラス住宅」 活用・展開法】


Ⅱ-8 ◆庭と合体した現代版「明るい民家」 

風を起こす家・・・夏涼しく冬暖かい健康快適住宅!


家の中に風の流れが生まれる「風を起こす家」。夏涼しく冬暖かい健康快適住宅。
庭仕事の大好きな建築主が「庭を楽しむ家」「土間のある家」が欲しい!という要望からスタートしました。



半戸外の土間は、家の「中」と「外」の空気が同化し、不思議な一体感が生まれます。
庭を活かし、植物との生活感を演出するアウトドア的リビングスペース。


庭から入る風はピットの煙突効果によりに吸い上げられ、家の中に自然な風の流れが起きる。
夏の夜間用に、南側には防虫ロール網戸が仕掛けられている。



さらに、家の構造が自然な風の流れを生み出す、快適な自動換気システムを設計しました。
換気扇を使わず、トップライトピットが外部の風力により煙突効果で風を吸い上げる重力式自然換気システムです。


機械設備を使わないエコシステム24時間健康換気。
まさに現代版「明るい民家」の家です。

最上部は大屋根を縦断する光の背骨のようなトップライトピット。
やわらかな明るい光を落とすインナーテラスの外周を巡るトラス梁の上は、メンテナンス通路となっている。

この記事を書いたプロ

有限会社 創設計 [ホームページ]

一級建築士 勝田無一

東京都渋谷区神宮前4-25-3 [地図]
TEL:03-3408-8419

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ガーデナー建築家の提案
イメージ

狭小敷地を広々楽しむ建築手法----------------------------------------------「囲いの建築」シリーズ都会の中のリゾートハウスに住もう!!-----------------...

何でも住宅相談
イメージ

気さくで親切!経験豊富な建築家が優しくお答えいたします・・・お気軽にご連絡下さい。(都内近県 無料)どうしよう?  わからない?  最善策のアドバイス! ...

 
このプロの紹介記事
緑と住宅の調和に挑むガーデナー建築家 勝田無一さん

楽しくなければ住宅じゃない!(1/3)

 「フレームの建築だけでなく、建築物と外の“中間”の部分にもともと強い関心を持っていました。たとえば建物と建物の間のスペースや、空きスペース、エクステリアなどですね。和風住宅でいえば縁側もそうです」建築だけでなく、植物に対する深い造詣も持...

勝田無一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 有限会社 創設計
住所 : 東京都渋谷区神宮前4-25-3 [地図]
TEL : 03-3408-8419

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3408-8419

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

勝田無一(かつたむいち)

有限会社 創設計

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
■シリーズ/狭小敷地の土地選びのコツ - 2

南側道路より北側道路!!その2南面全てがリビングで使える!「北側道路」の敷地。不動産屋さんは、南側道路...

■シリーズ/狭小敷地の土地選びのコツ - 1
イメージ

■ 南側道路より北側道路!!その1建物が一回り大きく出来る!「北側道路」の敷地。創造力豊かな建築家でも...

シリーズ「住宅と庭」の話 (Ⅱ)【7 話 現代の縁側「インナーテラス住宅」 活用・展開法】
イメージ

Ⅱ-7 ◆お店の二階がインナーテラス!  明るく楽しい!!植物園のインナーテラス店舗併用住宅なので生活スペ...

シリーズ「住宅と庭」の話 (Ⅱ)【6 話 現代の縁側「インナーテラス住宅」 活用・展開法】
イメージ

Ⅱ-6 ◆雨が降っても家の中でバーベキュー!! アウトドアライフを楽しむ明るい土間の家その1絶対楽しいイン...

シリーズ「住宅と庭」の話 (Ⅱ)【5話 狭小敷地でリゾートハウス】
イメージ

Ⅱ-4 ◆建物一体型の明るい高塀で敷地を囲い込む-その2敷地いっぱいに建てた半透明の採光板の塀で周囲からの...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ