>   >   >   >   >   >  あまり知られていない難病者向けの制度

コラム一覧 :あまり知られていない難病者向けの制度

1件~4件(4件)

難病患者が受けられる障害福祉サービスにはどんなものがあるの?

難病とひとくちに言ってもさまざまな症状があります。筋・神経系疾患で運動機能に障害があらわれたり、内分泌・代謝系疾患により重度の疲労感を覚えるものなど、病気によって生活のどの部分に困難を感じるかはさまざまです。平成25年に施行された「障害者総合支援法」では、障害者の範囲に難... 続きを読む

あまり知られていない難病者向けの制度

2018-07-11

子どもの難病 どんな医療支援が受けられるの?

病気には様々なものがあります。治療法や医薬の進歩により短期間で完治する病気もあれば、原因不明で治療方法が確立されていない難病、また幼少期から治療が必要な慢性疾患もあります。特に、子どもの慢性疾患は治療期間が長く、医療費負担は高額になると言えます。今回は継続的な治療を必... 続きを読む

あまり知られていない難病者向けの制度

2018-07-09

指定難病でない場合の医療支援制度

指定難病は難病医療法に基づき厚生労働大臣が指定した病です。原因が明らかになっておらず、治療方針の確立もできていない病気であること、患者数が一定の人数に達していないことなどから、指定難病患者には国が医療費の助成を行っています。同じ難病でも、医療費の助成があるかないかによる違い... 続きを読む

あまり知られていない難病者向けの制度

2018-07-07

あまり知られていない難病の支援制度

平成27年に「難病の患者に対する医療費に関する法律」が施行され、指定難病を対象とした医療費助成制度が始まりました。現在、国が指定した助成対象の難病は331を数えます。ただし、医療費助成の支給を受けるためには、各都道府県への申請と認定が必要です。今回は、該当する難病を抱えながら... 続きを読む

あまり知られていない難病者向けの制度

2018-06-26

1件~4件(4件)

RSS
 
このプロの紹介記事
からいし行政書士事務所の唐石俊之さん

医療福祉分野の各種申請を代行する(1/3)

 からいし行政書士事務所の唐石俊之さんは、医療福祉分野における各種申請を得意とする行政書士です。 特に注力するのは、難病医療費助成金の申請手続きの代行です。潰瘍性大腸炎、パーキンソン病、クローン病など国が指定する難病の患者は、各都道府県へ...

唐石俊之プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

医療福祉分野における各種代理申請に強み

事務所名 : からいし行政書士事務所
住所 : 東京都町田市金森東3-37-12 [地図]
TEL : 042-814-6903

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-814-6903

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

唐石俊之(からいしとしゆき)

からいし行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
指定難病が増えました(平成30年4月1日)

 指定難病の拡大等(平成30年4月1日)について  「難病の患者に対する医療等に関する法律」に基づく難病医...

[ 難病 障がい ]

難病患者が受けられる障害福祉サービスにはどんなものがあるの?

難病とひとくちに言ってもさまざまな症状があります。筋・神経系疾患で運動機能に障害があらわれたり、内分泌・...

[ あまり知られていない難病者向けの制度 ]

子どもの難病 どんな医療支援が受けられるの?

病気には様々なものがあります。治療法や医薬の進歩により短期間で完治する病気もあれば、原因不明で治療方法が...

[ あまり知られていない難病者向けの制度 ]

指定難病でない場合の医療支援制度

指定難病は難病医療法に基づき厚生労働大臣が指定した病です。原因が明らかになっておらず、治療方針の確立もでき...

[ あまり知られていない難病者向けの制度 ]

あまり知られていない難病の支援制度

平成27年に「難病の患者に対する医療費に関する法律」が施行され、指定難病を対象とした医療費助成制度が始まり...

[ あまり知られていない難病者向けの制度 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ