>   >   >   >  唐石俊之

プロTOP:唐石俊之プロのご紹介

医療福祉分野の各種申請を代行する(1/3)

からいし行政書士事務所の唐石俊之さん

難病医療費助成金の申請、障がい者手帳の交付手続きを代行

 からいし行政書士事務所の唐石俊之さんは、医療福祉分野における各種申請を得意とする行政書士です。
 特に注力するのは、難病医療費助成金の申請手続きの代行です。潰瘍性大腸炎、パーキンソン病、クローン病など国が指定する難病の患者は、各都道府県への申請により医療費助成を受けられる制度があります。もう一つは、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳などの障がい者手帳の交付手続きの代行です。

 「難病医療費助成金の申請には診断書、住民票、世帯の所得を確認できる書類など、揃えなければならない書類が多く手間がかかります。更新は1年ごとで、新規申請時とほぼ同じ書類が必要になります。また、難病により特定医療費受給者証や障害者手帳の交付を受けた人は、各自治体からさまざまなサービスを受けることができます。しかし、自治体によっては、独自の福祉サービスもあり、どんなサービスを受けられるかわかりにくく、手続きが煩雑になりがちです。ご本人やご家族が申請するには、負担が少なくありません。当事務所では、私が書類を揃え、申請まで確実に代行します。医師と同様に守秘義務がありますので、安心してお任せください」
 現在は、地域包括支援センター、訪問看護事業所、高齢者施設、心理カウンセラーなどを通して業務の依頼を受けています。「医療福祉に特化して、行政手続きを代行する行政書士がいることを皆さんに知ってほしいですね」
 
 唐石さんは、かつての職場に、難病を抱えながら勤務する人がいたことから、その大変さを身近で感じてきました。それだけに、「困っている人の役に立ちたい」という思いを強く持っています。
「行政書士になったばかりの頃、申請の状況を知るために役所へ行くと、窓口の方から『難病者や障害者の方が申請に来られて、書類に不備があった場合、“もう一度、来てほしい”とは言いづらい。書類作成のプロである行政書士が代行してくれるなら、申請者にとっても窓口にとってもありがたい』という話を伺いました。『医療福祉分野で申請を代行する行政書士はめずらしいので、これからも頑張ってほしい』、と声をかけられたことも大きな励みになりました」

<次ページへ続く>

【次ページ】 親の介護をきっかけに行政書士の道へ

唐石俊之プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

医療福祉分野における各種代理申請に強み

事務所名 : からいし行政書士事務所
住所 : 東京都町田市金森東3-37-12 [地図]
TEL : 042-814-6903

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

042-814-6903

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

唐石俊之(からいしとしゆき)

からいし行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
指定難病が増えました(平成30年4月1日)

 指定難病の拡大等(平成30年4月1日)について  「難病の患者に対する医療等に関する法律」に基づく難病医...

[ 難病 障がい ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ