プロTOP:石川淳プロのご紹介

洗練されたデザインと機能性が両立。快適な都市型住宅を提案(1/3)

石川淳建築設計事務所の一級建築士、石川淳(いしかわじゅん)さん

都会だからこそプライバシーを守りつつ、光と広がりのある家を

 街中の住宅密集地でも、家の中で光を感じたい。人の目を気にせずリラックスして暮らしたい。そんな都会に住む施主の思いを叶えてくれるのが、石川淳建築設計事務所の一級建築士、石川淳さんです。東京都中野区に事務所を構える石川さんが得意とするのは、まさに「都市型住宅」。都会に多い狭小地や変形地でも、快適に暮らせる家づくりを実現しています。「そのために必要なのは、空間を横の広がりでなく、縦方向で考えること。単に吹き抜けをつくればいいというのではなく、床の高さを半階ごとにずらすスキップフロアや、地下、ロフトなど縦の空間を最大限に使います」

 もう一つ、石川さんが都市型住宅で重視するのが、周囲の環境や街並みを含めた立地条件です。それにより、光を取り込みプライバシーを守る開口部の位置や間取りが決まります。「見たくないものは見ない、見せたくないものは見せない」をモットーに、家の中からは外の景色を楽しみつつ、外からの視線は遮る絶妙な位置に窓を配置。たとえば、目の前に隣家があれば、その面は壁にして天窓や中庭から光を入れる。南側に道路や施設があって人目が気になるならば、北側にバルコニーや窓を設ける。常識に捉われない柔軟な発想で、その土地と空間の魅力を引きだします。

 石川さんが暮らしの中で特に大切にしているのが「光」です。光は、四季、天気、時間など、都会の暮らしで唯一自然を感じさせてくれるもの。どんな条件の土地でも、昼間は照明をつけなくても過ごせる家を目指しています。ただし、大きいだけの窓は、逆に住み心地を悪くすることもあるそうです。「南側の窓や天窓は大きすぎると、室内の温度が上がりすぎてしまいます。熱環境にも配慮することが大事です」。石川さんが生み出すのは、光、プライバシー、室内の環境、すべてに心を配った都市型住宅です。

<次ページへ続く>

【次ページ】 建築家だからこそできる、施主の本質を見据えたプラスαの提案

石川淳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

デザイン性と機能性のバランスが取れた都市型住宅を実現

会社名 : 株式会社石川淳建築設計事務所
住所 : 東京都中野区江原町2-31-13-106 [地図]
TEL : 03-3950-0351

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3950-0351

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石川淳(いしかわじゅん)

株式会社石川淳建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ