コラム

 公開日: 2017-06-01  最終更新日: 2017-06-11

学習する空間づくり(2) 児童・生徒の行動をコントロール

2)児童・生徒の行動をコントロール
コントロールと言うと、子どもの主体性を犠牲にして、ただ言うとおりにすればよいといった状況を想像するかもしれません。しかしここで言っているのは、結果的に教師の思うように行動するようになることです。この2つは似て非なるもの、全く別物です。
教師が話しているときは教師の方を見て集中して聞く、覚えてきなさいと言ったことは覚えてくる、やってきなさいと言ったことはやってくる、持ってきなさいと言ったものは持ってくる、というように、言葉にすれば簡単なことでも実際にできるようにしておく、つまり徹底しておくことが大切なのです。

これができていない状態で、いわゆるアクティブラーニングを取り入れても必要以上に時間を浪費して授業が進まなくなってしまうだけでなく、成績が上がらなかったり学級崩壊を起こしたりといった状況になってしまいます。
子どもはそれぞれの教師の徹底度合いを敏感に察知し、それぞれの教師に応じて本気度をフレキシブルに変えます。そして、その平均値が子どもの『あたりまえ』として定着していきます。クラスや学年で『あたりまえ』が異なるのは、児童・生徒の『本気度の平均値』が原因なのです。

子どもたちに関わる教師の多くが、一つひとつ明確な指示を出しそれを徹底する、つまり、全員行うまで妥協しないということが大切なのです。

©授業学研究所

この記事を書いたプロ

株式会社授業学研究所 [ホームページ]

講師 大矢純

東京都台東区台東4-31-6 [地図]
TEL:03-5812-5070

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社授業学研究所の大矢純さん

授業学で教師の強みを引き出し、生徒のやる気を100%引き出す授業を通じて子どもの未来を創る(1/3)

 授業学をご存知でしょうか? それは、すばらしい授業をされる先生方の考え方や立ち居振る舞いを体系化して授業のベースとして共有した上で、それぞれの強みを生かしたオリジナリティーあふれる授業を創造する学問です。授業学は、指導教科にかかわらず児童...

大矢純プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

教師の個性を生かし、未来を担う子どもを育てる教師を育てる

会社名 : 株式会社授業学研究所
住所 : 東京都台東区台東4-31-6 [地図]
TEL : 03-5812-5070

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5812-5070

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大矢純(おおやじゅん)

株式会社授業学研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
学習する空間づくり(1) 児童・生徒との縦の近い関係

前回は、いわゆるアクティブラーニングを積極的に活用した授業やICTを活用した授業、反転授業を行う場合にも、...

[ 学習する空間づくり ]

生徒のやる気を引き出す 2

少し視点を変えましょう。王選手もイチロー選手もユニークなスイングですが、基本から彼等の個性を発揮できるよ...

[ 授業学とは ]

生徒のやる気を引き出す 1

多くの中学・高校では、同じ教室に同じ生徒が座っていて、教科ごとに異なる教員が授業をしにきます。物理的な教室...

[ 授業学とは ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ