プロTOP:家田佳代子プロのご紹介

ITやテレワークの導入で「働き方改革」をサポート(2/3)

家田佳代子さん セミナー風景

育児や介護があっても働ける会社には、優秀な人材が集まる

 時間や場所の制約が少ないのはテレワークの利点ですが、社員同士が顔を合わせる機会が減るため、コミュニケーションにズレが生じるのではないかと不安に思う人もいるでしょう。しかしチャットや電話、Web会議などのツールを上手に活用すると、かえってコミュニケーションの質が高まることが期待できます。「たとえば“外出中”など、相手の状況が表示されるツールを見ながら、チャットのタイミングを見計らうこともできますし、上司と部下が定期的に声を掛け合うことで、業務の進行を確認・管理することもできます」。部下からは「上司に話しかけるタイミングがわかりやすくなった」などの声が寄せられ、管理側も「意外と使える」と感心したり。実際に体験してみることで、大方の不安は解消されるようです。

 「特に若い人は、将来、育児や介護があっても長く働ける会社かどうかチェックしているので、全社員がテレワーク利用可能だとアピールすると、優秀な人材が集まりやすくなります。中には、新卒の応募人数が3倍になった企業もあるんですよ」と家田さん。働きやすい環境を整えると社員の離職率も下がり、会社への帰属意識が高まるのもメリットだと話します。

 近年、介護離職の問題がクローズアップされていますが、今後はさらに増える見込みにあることが、各種調査で判明しています。しかも中高年に限らず、若年層でも介護を理由に仕事を辞める人が増えています。そして経営者自身も「そろそろ自分の親も、介護が必要になるかもしれない」と不安を抱えていることが少なくありません。

<次ページへ続く>

【次ページ】 テレワークを導入した企業の労働生産性は1.6倍高い

最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載
イメージ

日経PRESIDENT WOMAN 2017年10月号 VOL.30【News & Topics】ウーマン・ニュース 2020年には8割の企業で導入。テレワーク最新事情に掲載されました

家田佳代子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

テレワークの導入で、企業と従業員の課題を解決

会社名 : 合同会社ジョイン
住所 : 神奈川県横浜市港北区新横浜1-4-4-702 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

家田佳代子(いえだかよこ)

合同会社ジョイン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
テレワークの投資は回収できる①

テレワークと言うとITコストがかかると懸念する企業が多いが、公的助成金や税制優遇、定量的効果測定によるコスト...

[ 助成金 ]

情報漏洩対策に必要な多重防御とは

情報漏洩対策に必要な多重防御とは前回テレワーク最大の課題情報セキュリティについてお話ししましたが、今...

[ テレワークの課題 ]

テレワーク最大の課題、情報セキュリティの壁

テレワークと言えば情報セキュリティの確保が最大の課題となり、利用できない職種が限定されたり在宅勤務では業...

[ テレワーク ]

テレワーク最大の目的生産性とは

生産性の向上=???全社の目的とした場合、部署ごとに指標が違うのが生産性です。職種などに応じ指標が必要...

[ テレワーク ]

働き方改革の目的とテレワークの目的

働き方改革と言うと長時間労働の是正、テレワークと言うと在宅勤務と答える人が未だに多い。働き方改革とは長時...

[ 働き方改革 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ