コラム

 公開日: 2016-06-24 

遺言を巡る争いその2

遺言書の「印」を巡る争い




もう一つの遺言を巡る裁判の話は、遺言書の「印」についてです。民法の規定では、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言、いずれの場合も遺言者の署名、押印が必要です。印鑑の種類は特に指定されていませんので認印でも構いませんが、公証役場が作成に関与する公正証書遺言や、秘密証書遺言では、遺言者の特定や同一性の確認のために印鑑証明書の提出を義務付けていますので実際には実印で押印することになります。拇印については、以前裁判で争われたケースがありますが、有効という結論が下されています(最高裁平成元年2月16日判決)。

今回、最高裁で争われたのは「花押」です。花押とは「書き判」とも呼ばれ、文献によると、中国の南北朝時代の斉にまで遡るそうです。それが、日本にも伝わり、当初は貴族社会で用いられていましたが、それが武士の間でも使われるようになり、有名なところでは伊達政宗の織田信長の「麟」字花押や羽柴秀吉(豊臣秀吉)の「悉」字花押、伊達政宗の鳥(セキレイ)を図案化した花押などの例が見られます。

花押は押印とは認められない


この裁判で争われた遺言書の遺言者は琉球王国の名家の末裔(まつえい)にあたる沖縄県内の男性です。男性は2003年に85歳で死亡し、遺言書には、息子3人のうち、次男に山林などの不動産を全て相続させるとする内容が書かれていました。1審の那覇地裁と2審の同高裁那覇支部はいずれも、花押を印と認め、遺言書を有効と判断していましたが、上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は6月3日、「花押は押印とは認められない」としてこの男性の遺言書を無効と判断しました。
個人的にはこの判決を見て、この男性の素性や文化的背景を鑑みれば、花押を遺言に必要な印として認めても良いのではないかという気もしましたが、おそらく最高裁としては今後、遺言書にまつわる同様の裁判を想定して、ここで、一度遺言書の印について明確に線引きしておきたいという判断があったのではないかと推察します。
遺言書の本来の目的は、ご本人の遺志を遺産相続に反映させるとともに、遺されたご家族の相続手続きの負担を減らしたり、遺産相続が揉め事にならないようにするための備えであったりするわけです。ですから、遺言書そのものが争いの火種になっては本末転倒です。皆さんも遺言書を作るときはその点を良く考えて専門家に相談するなどして本来の目的が達成される遺言書を作成するようにして下さい。

この記事を書いたプロ

一般社団法人 日本シルバーサポート協会 [[[ホームページ http://www.j-ssa.net ]]]

行政書士 藤井智英

東京都世田谷区玉川3-29-14 T/CUBE.202 [地図]
TEL:0120-84-4165

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
一般社団法人日本シルバーサポート協会_藤井智英さん

高齢者の住み替え・空き家・相続・財産管理の「困った」を解決します(1/3)

高齢者の自宅から高齢者向け住宅への住み替え、それに伴う空き家問題、財産管理、相続。高齢者とその家族が直面する心配事に対して、同じ一つの窓口で支援・解決に導いている「一般社団法人日本シルバーサポート協会」代表の藤井智英さん。不動産業界で20年...

藤井智英プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相続・空き家・住み替えに特化した高齢者のトータルサポート

会社名 : 一般社団法人 日本シルバーサポート協会
住所 : 東京都世田谷区玉川3-29-14 T/CUBE.202 [地図]
TEL : 0120-84-4165

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-84-4165

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤井智英(ふじいともひで)

一般社団法人 日本シルバーサポート協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自宅から老人ホームへの住替えを施設探し、自宅売却、不用品の処分と全て対応して頂けました。

タイトル: 住替えを思い立って3か月で、バリアフリーで生活...

H・K
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
老人ホームへの住替え、自宅は売る?貸す?
イメージ

 売買と賃貸どちらがお得? 高齢者が自宅から老人ホームなどへ住み替えをする場合、自宅を賃貸で貸して...

[ 高齢者の住替え ]

都市型農家の相続
イメージ

 都市型農家の相続 首都圏など都市部で代々続く地主さんなどで、その相続財産の中に生産緑地の指定を受け...

[ 相続空き家問題 ]

高齢者のペット問題を考える
イメージ

 人間もペットも長生きに 高齢化と核家族化が進むわが国では、近年、高齢者の単身世帯が増加しています...

[ 家族信託 ]

不動産オーナーの認知症への備え
イメージ

 不動産オーナーこそ認知症への備えが必要です 最近、アパートなどの収益不動産のオーナーから将来自分...

[ 家族信託 ]

小規模宅地特例の積極活用
イメージ

 小規模宅地特例とは? 相続税の特例に小規模宅地特例という制度があります。自宅や特定事業用宅地(同...

[ 相続空き家問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ