プロTOP:藤井智英プロのご紹介

高齢者の住み替え・空き家・相続・財産管理の「困った」を解決します(2/3)

一般社団法人日本シルバーサポート協会_藤井智英さん

元気なうちから活用を。もしものときに役立つ「任意後見制度」「家族信託」

高齢者の不動産売買の留意事項の一つに、本人の認知症が挙げられます。判断能力が不十分となった場合に備え、あらかじめ公正証書などで法的な枠組み作りをしていると、スムーズな対応ができると藤井さんは言います。

「例えば、高齢者の方が認知症になり施設に入居しようとする際、家族が自宅を売買しようとしても、あらかじめ法的な枠組み作りを行い準備していないと、自宅をすぐに売却することが出来ません。また、ご本人が認知症等になる前でも日常の公共料金の支払い、預貯金の管理・払い戻し、年金の受け取りなども、一々委任状などを用意しないと家族が代行することができません。判断能力がなくなってから、法定後見制度を利用して裁判所に後見人を選任してもらうことはできますが。ご本人が元気なうちに、任意後見制度を利用すれば、ご本人が選んだ方に将来認知症になった時の後見人をお願いする事ができます。また、その際に財産管理委任契約を同時に締結しておけば、ご本人が元気なうちの預貯金の管理・払い戻し、年金の受け取りなども、一々委任状などを用意しなくても家族がサポートする事が出来ます。これにより、元気な時から認知症になった後まで、ご本人が選んだ方が切れ目なく継続してサポートする体制が構築できます」

また、財産継承の枠組み作りの一つとして、家族信託の活用も取り入れてほしい、と藤井さんは話します。「平成19年に信託法が改正、施行され、、家族間の財産継承の手段として家族信託(民事信託)の活用ができるようになりました。これによって、これまでの民法の遺言規定でできなかった、財産継承の仕組み創りができるようになりました。例えば、高齢者の方が認知症になった場合でも、元気なうちに家族信託を設定・活用していれば、信託設定時のご本人の意思を尊重し、財産の運用や継承が継続・実行できます」

こうした法的な手続きも、すべて藤井さんが代行するので、クライアントの負担を減らし、安心できる枠組みを作り上げることができます。

<次ページへ続く>

【次ページ】 高齢者と家族、ともに幸せな暮らしのための法的な枠組み支援

藤井智英プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

相続・空き家・住み替えに特化した高齢者のトータルサポート

会社名 : 一般社団法人 日本シルバーサポート協会
住所 : 東京都世田谷区玉川3-29-14 T/CUBE.202 [地図]
TEL : 0120-84-4165

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-84-4165

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤井智英(ふじいともひで)

一般社団法人 日本シルバーサポート協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自宅から老人ホームへの住替えを機に将来への不安も一挙に解決できました!

タイトル: 夫婦で財産管理、任意後見、遺言、などを公正証書...

S・F
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
老人ホームへの住替え、自宅は売る?貸す?
イメージ

 売買と賃貸どちらがお得? 高齢者が自宅から老人ホームなどへ住み替えをする場合、自宅を賃貸で貸して...

[ 高齢者の住替え ]

都市型農家の相続
イメージ

 都市型農家の相続 首都圏など都市部で代々続く地主さんなどで、その相続財産の中に生産緑地の指定を受け...

[ 相続空き家問題 ]

高齢者のペット問題を考える
イメージ

 人間もペットも長生きに 高齢化と核家族化が進むわが国では、近年、高齢者の単身世帯が増加しています...

[ 家族信託 ]

不動産オーナーの認知症への備え
イメージ

 不動産オーナーこそ認知症への備えが必要です 最近、アパートなどの収益不動産のオーナーから将来自分...

[ 家族信託 ]

小規模宅地特例の積極活用
イメージ

 小規模宅地特例とは? 相続税の特例に小規模宅地特例という制度があります。自宅や特定事業用宅地(同...

[ 相続空き家問題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ