コラム

 公開日: 2017-12-23 

公認心理師国家試験科目

井上です。

公認心理師国家試験が今から1年以内に行われることは確定していますが、その試験対策が最も気になるところです。現時点で最も重要と考えられる公式情報は、ワーキングチームの5月31日に発表された報告書です。現在出されているほとんどの公認心理師に関連する情報はこれが参照されていると思われます。

公認心理師国家試験の勉強方法としては、まずはこの資料のp.30、「〔8〕公認心理師試験について」を引用します。
1.出題範囲
出題範囲として詳細な科目は定めず、「公認心理師として具有すべき知識及び技能」について出題する。
医師国家試験の出題基準及びブループリントに相当するものを作成し、出題に際して準拠する基準とする。

まずは注目すべきはこのブループリントがいつ出されるかです。医師国家試験のブループリントを参照すると、かなり詳細ですが、公認心理師はそこまで細かくはならないのかと予想します。

2.試験の実施方法等
全問マークシート方式とし、1日間で実施可能な範囲(実施時間として合計300分程度を上限)で150~200問程度を出題する。また、試験問題のうち、ケース問題を可能な限り多く出題する。なお、試験の実施時間は、1問当たり1分(ケース問題については同3分)を目安とする。公認心理師としての基本的姿勢を含めた基本的能力を主題とする問題と、それ以外の問題を設ける。

このようにありますから、300問説を言う人もいましたが、どうやらそれはなさそうです。ただ、マークシートの方式は、現行の臨床心理士の試験も重要ですが、医師や看護師の試験の回答の仕方を勉強することも大切です。ただ、よく臨床心理士のテストで言われることですが、「これが正解」と言い切れないものがある、という選択肢の問題があります。公認心理師のテストは、この問題でもめるのは嫌でしょうから、最初はかなり基本的な問題というべきか、解答が極力明確なものがでるのではないかと予測されます。

3.合格基準
全体の正答率は60%程度以上を基準とする。基本的能力を主題とする問題の正答率は、試験の実施状況を踏まえ、将来的に基準となる正答率を定める。

6割が合格点になるわけですが、ブループリント次第ですが、場合によっては、捨てる部分も出ることもあり得ます。今の段階で到達目標が、

1. 公認心理師としての職責の自覚
2. 問題解決能力と生涯学習
3. 多職種連携・地域連携
4. 心理学・臨床心理学の全体像
5. 心理学における研究
6. 心理学に関する実験
7. 知覚及び認知
8. 学習及び言語
9. 感情及び人格
10. 脳・神経の働き
11. 社会及び集団に関する心理学
12. 発達
13. 障害者(児)の心理学
14. 心理状態の観察及び結果の分析
15. 心理に関する支援(相談、助言、指導その他の援助)
16. 健康・医療に関する心理学
17. 福祉に関する心理学
18. 教育に関する心理学
19. 司法・犯罪に関する心理学
20. 産業・組織に関する心理学
21. 人体の構造と機能及び疾病
22. 精神疾患とその治療
23. 各分野の関係法規
24. その他
以上の24項目で、大学で必要とされる科目が
1. 公認心理師の職責
2. 心理学概論
3. 臨床心理学概論
4. 心理学研究法
5. 心理学統計法
6. 心理学実験
7. 知覚・認知心理学
8. 学習・言語心理学
9. 感情・人格心理学
10. 神経・生理心理学
11. 社会・集団・家族心理学
12. 発達心理学
13. 障害者(児)心理学
14. 心理的アセスメント
15. 心理学的支援法
16. 健康・医療心理学
17. 福祉心理学
18. 教育・学校心理学
19. 司法・犯罪心理学
20. 産業・組織心理学
21. 人体の構造と機能及び疾病
22. 精神疾患とその治療
23. 関係行政論
24. 心理演習
25. 心理実習(80時間以上)
以下の25項目ですが、実質テストに出るのは23の関係行政論までと見て良いでしょう。このあたりを網羅することが重要です。


******************************

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

NPO法人 日本人生哲学感情心理学会 [ホームページ]

臨床心理士 菅沼憲治

東京都世田谷区松原 6‐39‐15 ハウス梅ヶ丘102号 [地図]
TEL:03-5376-9323

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学博士 菅沼憲治さん

公認心理師/臨床心理士の専門性を磨く機関(1/3)

 心理学博士、臨床心理士の資格を持つ菅沼憲治さんは、聖徳大学心理学科長であり、NPO法人日本人生哲学感情心理学会の理事長を務めています。 人生哲学感情心理療法~Rational Emotive Behavior Therapy(以下REB...

菅沼憲治プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

公認心理師/臨床心理士の専門性を高めるREBT養成講座

会社名 : NPO法人 日本人生哲学感情心理学会
住所 : 東京都世田谷区松原 6‐39‐15 ハウス梅ヶ丘102号 [地図]
TEL : 03-5376-9323

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5376-9323

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅沼憲治(すがぬまけんじ)

NPO法人 日本人生哲学感情心理学会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
REBTうつ病マニュアル

はじめまして。理事でインストラクターの吉田悟です。普段は、埼玉県越谷市にある文教大学人間科学部で心理系教員...

[ REBTの効果 ]

公認心理師の試験日程が発表されました

井上です。官報で、公認心理師の試験日程等が発表されました。試験日程は、平成30年9月9日(日)です。試験...

[ 公認心理師 ]

公認心理師現任者講習会テキストが来ました
イメージ

井上です。京都の私のところに公認心理師現任者講習会のテキストが来ました。以前も少し紹介させていただ...

[ 公認心理師 ]

EQを高める

「EQ」を高めて人間力を高めるという記事を見ました。この数年、私はこのEQ(感情知能)を高める方法を模索し...

[ REBTとは? ]

書籍紹介-あなたの自己回復力を育てる―認知行動療法とレジリエンス
イメージ

井上です。書籍紹介です。マイケル・ニーナン (著), 石垣 琢麿 (翻訳), 柳沢 圭子 (翻訳)『あなたの...

[ REBTとは? ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ