お客様の声

公益財団法人 日本法制学会様

いずみ会計のお客様の中には、すでに移行認定・認可をうけたお客様もいらっしゃいます。
今回ご紹介するのは、公益財団法人日本法制学会さんです。

現行の公益法人は、平成25年11月までに公益財団法人・公益社団法人への移行認定の申請又は、一般財団法人・一般社団法人への移行認可の申請を行う必要があり、移行が認められなかったり、申請を行わなかった法人は解散したものとみなされる―

これが、いわゆる「公益法人制度改革」の概要です。

日本法制学会は、文部科学省所轄の民間財団で、法律知識の普及一般化を図り、あわせて社会文化の向上発展に寄与することを目的としています。
今年で100周年を迎える歴史ある団体で、研究助成、研究調査、社会貢献を主な事業の柱にしています。

近年では、阪神・淡路大震災を機に災害ボランティア活動を支援するための組織「災害救援ボランティア推進委員会」を発足し、事務局団体を引き受けています。
この活動は、公益法人の役割の中にボランティア活動支援を位置づけるものであり、2004年1月に防災まちづくり大賞において総務大臣賞、2004年9月に防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞する評価を受けるなど、高い評価を受けています。

昨年の東日本大震災のときは、災害救援ボランティア活動を開始し、東京都の帰宅困難者支援活動、千葉県旭市での津波被害や浦安市の液状化被害に対する支援活動など、震災直後から精力的な活動を続けています。

日本法制学会は記念すべき100周年をめどに公益認定をめざしてきました。
そして今年4月から、公益財団法人として新しい一歩を踏み出しはじめました!

公益認定の体験談を、理事長の澤野次郎氏にうかがいました。

―苦労した点はありましたか。

澤野氏「弊法人は長い歴史を持つ団体ですから、今の時代や基準にあわせて内部改革しなければいけないところがありました。
ただし、これはあくまでも内部の問題であって、外からの指摘や制度改革とは関係なく、いつかはやらなければいけない、と考えてきたことです。
例えば内部改革すべき点の一つに、管理費をいかにして減らすか、という課題がありました。

そのままでも公益認定を受けるための公益比率等の問題はありませんでしたが、事務所の移転や役員報酬の削減、公益目的以外の財産処分など、具体的なアクションを起こして取り組みました。
これは役員の責任です。
そういった意味では、制度改革が法人の内部改革に取り組むきっかけになったかもしれませんね。」

―制度への対応は自然にできた、ということでしょうか。

澤野氏「制度改革の前から立ち入り検査などを通じて、監督官庁の指導を受けてきました。弊法人の場合、こうした指導にきめ細かく対応した結果、公益認定申請を決定する前に大枠はできていたわけで、それに規則等づくりで肉付けをしたという実感です。
ですから、従来から公益目的事業に取り組んできていて、将来の事業展望もある公益法人にとっては、公益法人制度改革は内部改革のスピードを早めるきっかけになる、という側面が大きいのではないでしょうか。」

―これから公益認定をめざす団体にアドバイスを。

澤野氏「小さな団体はもちろん、ある程度自力で作業ができる団体にも、専門家のアドバイスがあるといい、というのが私の考えです。
その理由は内部改革をすすめるには外部の目が必要だということです。
また同時に、それは新しい制度についての職員研修の意味を持つものなので、コスト的に高いものではありません。

■公益財団法人 日本法制学会
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-15-2 九段下パークビル3階
TEL 03-6822-9901
FAX 03-3556-8217

浦田泉(公益法人(社団・財団)の会計税務を専門にバックアップする税理士)

いずみ会計事務所

  • 電話:03-5210-2511 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:土曜・日曜・祝日

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
メディア事例

税理士向け / 開業支援・営業支援 セミナー「私の開業体験シリーズ」サンプル動画に掲載されました。(2011年11月)■ TACプロフェッショナルネットワーク http://prone...

お客様の声

いずみ会計のお客様の中には、 すでに移行認定・認可をうけたお客様もいらっしゃいます。 昨年12月に内閣府の答申を受けた財団法人豆腐会館さんに、その移行認可の体験...

 
このプロの紹介記事
いずみ会計事務所・税理士浦田泉・公益法人の会計税務

税務・会計処理の懸念を払拭して、健全な公益法人運営を(1/3)

 地下鉄麹町出口からすぐ。この交通至便な場所に事務所を構えるのは起業家から小・中規模の企業、NPO法人まで幅広い顧客をもつ浦田泉さん。公益法人協会の委員や内閣府の相談員を務めるなど「公益法人の税務・会計のエキスパート」として活躍する税理士で...

浦田泉プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

公益法人(財団・社団)の会計・税務を専門的にサポート

事務所名 : いずみ会計事務所
住所 : 東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム737号室 [地図]
TEL : 03-5210-2511

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5210-2511

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浦田泉(うらたいずみ)

いずみ会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
一時的に会議室をレンタルして受けた謝礼の取り扱い-公益法人税制-

公益法人等が、建物の一部を、時間を限って他人に貸し付けた場合は、原則として「席貸業」として収益事業に該当し...

[ 公益法人税制 ]

公益法人の税務調査、増加傾向に?!-公益法人の税務調査-

「公益法人には税務調査がない」と誤解されている方、少なくありません。しかし、公益法人にも税務調査はありま...

[ 公益法人税制 ]

代表理事の引越し、法人の登記も必要です―公益法人の運営―

★公益法人専門のいずみ会計事務所税理士の浦田泉です。■公益法人会計.com:http://koueki-kaikei.com/代...

[ 運営実務 ]

理事会の設置は必須ではない?!-公益法人の運営実務-

公益社団法人、一般財団法人、公益財団法人については、理事会は設置しなければならないとされています。しか...

[ 運営実務 ]

臨時社員総会、どんなときに開くの?-公益法人の運営実務-

公益社団法人、一般社団法人は、年に1回、一定の時期に定時社員総会を行うことが義務付けられています。しか...

[ 運営実務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ