コラム

 公開日: 2013-12-05  最終更新日: 2014-01-09

一般財団法人の「基本財産」(1)-そもそも「基本財産」とは?

今般の公益法人制度改革に伴い、従来の主務官庁による指導監督基準に基づく「基本財産」は、「旧財団法人の寄付行為における基本財産に関する定めは、一般法人法第172条第2項の基本財産に関する定めとしての効力を有しない。」とされました。

他方、一般法人法の「基本財産」は、財団法人の目的である事業を行うために不可欠なものとして定款で定めた「基本財産」があるときは、定款で定めるところにより、これを維持しなければならず、かつ、これについて一般財団法人の目的である事業を行うことを妨げることとなる処分をしてはならないこととされています。

つまり、現状「基本財産」とは、大雑把に言うと「法人が自主的に定款で定めたもの」ということになります。

ですから、設立時に拠出された財産や一般財団法人の存続のために確保すべき純資産と「基本財産」はイコールではありません。(設立時に拠出された財産を「基本財産」と定めることは可能です)。

この記事を書いたプロ

いずみ会計事務所 [ホームページ]

税理士 浦田泉

東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム737号室 [地図]
TEL:03-5210-2511

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア事例

税理士向け / 開業支援・営業支援 セミナー「私の開業体験シリーズ」サンプル動画に掲載されました。(2011年11月)■ TACプロフェッショナルネットワーク http://prone...

お客様の声

いずみ会計のお客様の中には、 すでに移行認定・認可をうけたお客様もいらっしゃいます。 昨年12月に内閣府の答申を受けた財団法人豆腐会館さんに、その移行認可の体験...

 
このプロの紹介記事
いずみ会計事務所・税理士浦田泉・公益法人の会計税務

税務・会計処理の懸念を払拭して、健全な公益法人運営を(1/3)

 地下鉄麹町出口からすぐ。この交通至便な場所に事務所を構えるのは起業家から小・中規模の企業、NPO法人まで幅広い顧客をもつ浦田泉さん。公益法人協会の委員や内閣府の相談員を務めるなど「公益法人の税務・会計のエキスパート」として活躍する税理士で...

浦田泉プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

公益法人(財団・社団)の会計・税務を専門的にサポート

事務所名 : いずみ会計事務所
住所 : 東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム737号室 [地図]
TEL : 03-5210-2511

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5210-2511

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浦田泉(うらたいずみ)

いずみ会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
一時的に会議室をレンタルして受けた謝礼の取り扱い-公益法人税制-

公益法人等が、建物の一部を、時間を限って他人に貸し付けた場合は、原則として「席貸業」として収益事業に該当し...

[ 公益法人税制 ]

公益法人の税務調査、増加傾向に?!-公益法人の税務調査-

「公益法人には税務調査がない」と誤解されている方、少なくありません。しかし、公益法人にも税務調査はありま...

[ 公益法人税制 ]

代表理事の引越し、法人の登記も必要です―公益法人の運営―

★公益法人専門のいずみ会計事務所税理士の浦田泉です。■公益法人会計.com:http://koueki-kaikei.com/代...

[ 運営実務 ]

理事会の設置は必須ではない?!-公益法人の運営実務-

公益社団法人、一般財団法人、公益財団法人については、理事会は設置しなければならないとされています。しか...

[ 運営実務 ]

臨時社員総会、どんなときに開くの?-公益法人の運営実務-

公益社団法人、一般社団法人は、年に1回、一定の時期に定時社員総会を行うことが義務付けられています。しか...

[ 運営実務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ