コラム

 公開日: 2013-02-05  最終更新日: 2013-08-09

公益法人移行期限は延長しないのですか?という質問について

こんにちは!

いずみ会計事務所の税理士の浦田です。

ご存じのとおり、特例民法法人の方々が「一般社団」「一般財団」「公益社団」「公益財団」の
いずれかに移行認可、または移行認定の手続きをする期限としては、25年11月末までとなります。

この移行期間は20年12月より実働スタートしました。

かれこれ、それより現在まで4年半が経過しようとしています。

ただし、まだまだ特例民法法人さんの一部が移行を完了しておりません。

そうすると、ときどき、表題のような質問をいただくことがあります。

「公益法人移行期限は延長しないのですか」という質問です。

その意味は、こんなに進捗全体が遅々として進まない状態で、
いったい特例民法法人の全体は申請が終わらないだろう・・・・という不安と、
期限が延長すればいいな、という期待(?)の質問と解釈しています。

私は、まったくの個人的な意見ですが、期限延長はされないと思っています。

はい、そうです。

シビアですが期限延長はされないものと、現在は考えております。

その理由はいくつかありますが、ひらたく言えば、特例民法法人の皆様が
手続きをゆっくりされているのにはいくつかの個々の団体理由があるためと思っています。

その個々の事情は団体さんによって、それぞれ違うでしょう。

ただし、国として個々の事情にあわせて期限を延長することを手当てするとは考えにくいのです。

もちろん、いろいろとご意見はあるでしょう。

この制度がみなさんすべての団体にジャストフィットしているものではないかもしれません。

それでも、この移行制度は始まっているのです。

移行制度が開始される前であれば、議論はいくつかあったでしょう。

ただし、この制度はすでに開始され、そして移行措置期間の残りの期間のほうが
少ないという折り返し地点は過ぎている状態です。

移行当初に比べ、情報もたくさん出てきました。

また実際の実例も、時間とともに増えています。

この状態で、移行期限を延期することの手当ては、個人的には考えにくい対応を思っております。

もちろん、状況はこの先に何らかの変化があるかもしれません。

ただし、賢明な特例民法法人の皆様は期限延長があるかないかの、一か八かという賭けを
するリスクよりも今の制度での移行準備を急ぎ進められることを、強くお勧めしたいと思っています!

ご不明点やお困りごとがあれば、どうぞお問い合わせくださいね!


*************************
〒102-0084
東京都千代田区二番町1-2
番町ハイム737
税理士 浦田 泉
TEL : 03-5210-2511
FAX : 03-5210-2513
E-mail : info@izumi-kaikei.com
http://www.izumi-kaikei.com

****************************

この記事を書いたプロ

いずみ会計事務所 [ホームページ]

税理士 浦田泉

東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム737号室 [地図]
TEL:03-5210-2511

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア事例

税理士向け / 開業支援・営業支援 セミナー「私の開業体験シリーズ」サンプル動画に掲載されました。(2011年11月)■ TACプロフェッショナルネットワーク http://prone...

お客様の声

いずみ会計のお客様の中には、 すでに移行認定・認可をうけたお客様もいらっしゃいます。 昨年12月に内閣府の答申を受けた財団法人豆腐会館さんに、その移行認可の体験...

 
このプロの紹介記事
いずみ会計事務所・税理士浦田泉・公益法人の会計税務

税務・会計処理の懸念を払拭して、健全な公益法人運営を(1/3)

 地下鉄麹町出口からすぐ。この交通至便な場所に事務所を構えるのは起業家から小・中規模の企業、NPO法人まで幅広い顧客をもつ浦田泉さん。公益法人協会の委員や内閣府の相談員を務めるなど「公益法人の税務・会計のエキスパート」として活躍する税理士で...

浦田泉プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

公益法人(財団・社団)の会計・税務を専門的にサポート

事務所名 : いずみ会計事務所
住所 : 東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム737号室 [地図]
TEL : 03-5210-2511

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5210-2511

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浦田泉(うらたいずみ)

いずみ会計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
義務です!代表理事は理事会で業務執行報告を!-公益法人の運営実務-

法人法上、代表理事は原則として3ヶ月に1回以上、自己の職務の執行の状況を理事会に報告する義務があります。...

[ 運営実務 ]

法人役員の皆様、こんなことしていませんか?「善管注意義務違反」-公益法人の運営実務-

公益法人専門の税理士、浦田泉です。★公益法人会計.comはこちら▼http://koueki-kaikei.com/公益法人の役...

[ 理事・監事・評議員 ]

税額控除対象法人になった!でもいつから税額控除が適用できるの?―公益法人の経理実務―

★公益法人専門のいずみ会計事務所税理士の浦田泉です。■公益法人会計.com:http://koueki-kaikei.com/公...

[ 公益社団・公益財団 ]

作成は義務なのに作成していない法人多数?!「計算書類の附属明細書」-公益法人の経理実務-

公益法人専門のいずみ会計事務所 税理士の浦田泉です。法人法により作成が義務付けられている「計算書類の附...

[ 経理現場のお仕事 ]

公益法人特有の、「正味財産増減計算書の会計区分」って何?-公益法人の経理実務-

公益法人(公益社団法人、公益財団法人)については、法令等の要請により、必ず正味財産増減計算書に会計区分を設...

[ 公益社団・公益財団 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ