コラム

 公開日: 2011-07-26  最終更新日: 2014-07-31

月給30万円で離島をPR 愛知県がスタッフ急募、ネットで話題沸騰中

みなさん こんにちわ

中央区日本橋人形町で日々奮闘している
社会保険労務士の庄司 英尚です。
 
社会保険労務士 社労士 東京都 中央区 日本橋 人形町  

世の中にはいろいろな仕事がありますが
離島をPRするというお仕事はなかなかユニークですね。

そんなお仕事の話題がネットで沸騰中ということで
詳細をみてみました。

j-castニュースからの引用です。

三河湾に浮かぶ愛知県の3つの離島へ観光客を呼び込むため、これらの離島をPRしてくれるスタッフを県が募集している。

この「あいちの離島80日間チャレンジ!」は、県が国の緊急雇用創出事業基金を使い、失業中の求職者を対象に募集している離島振興事業。各島に配置されたスタッフは、島の観光スポットなどを体験しながら、ブログやツイッターなどインターネットを使って離島の魅力を発信するのが仕事だ。

震災以降、観光客が減少
佐久島、日間賀島、篠島の3島は、知多半島から高速船で約10~20分、日帰りで自然や海産物を楽しめる観光地だ。「日本の夕陽100選」にも選ばれた篠島、「トラフグとタコの島」で知られる日間賀島は年間40万人ほどの観光客が訪れたこともあったが、県の地域振興課によると近年横ばいまたはやや減少傾向にある。佐久島は「自然あふれるアートの島」ということで見直され観光客が増えていたが、東日本大震災以降はいずれも減少しているという。

県が今回の企画で参考にしたのは、オーストラリア・クイーンズランド州の観光公社が2009年に募集した「世界最高の仕事」だ。世界最大の珊瑚礁であるグレート・バリア・リーフ内の島に住み込んでブログなどでPRするというもので、報酬は半年間で15万豪ドル(約1300万円)。世界中から約3万5000人もの応募があり、最終選考の16人に日本人女性が残ったことでも話題となった。

愛知県の事業では勤務期間は2011年9月1日から12月28日まで、月あたり20日程度、計80日の勤務となる。月給は30万3000円で、島に移住するか、島外から通勤するかは自由だ。勤務時間中は、情報発信だけでなく、役場や観光協会が開いているPR行事などを手伝いながら、島の魅力をより知ってもらうという。

応募には、履歴書などのほか、「イチ芸(特技)やアイデアを活用した」140字以内の「マニフェスト」の提出が求められる。書類選考の通過者は8月18日に予定されているオーディションで、最終選考を受ける。

求めるのは「顔の露出に抵抗がない人」
「イチ芸」を求められ、募集は各島1人ずつの計3人。それなりにハードルは高そうだ。募集のポスターには次のようなマニフェストの例が掲載されている。

「私はアイドルを目指しています。カワイイ笑顔をウリに、全国でもまだいない、島アイドルを目指して頑張ります」
「私は月間10万アクセスのブログを運営するブロガーです。ブログで培った経験を活かして、島の魅力を私なりの切り口で発信します!」
県の担当者は、「仕事の性質上、目立つこと、顔などの露出に抵抗がなく、ここでの活動を今後の自身のキャリアにつなげて行きたいような人を求めています」と語る。もちろん、失業中の求職者を対象にした事業ということもあり、採用活動中のプライバシーは守るという。

募集は8月12日まで。伊豆七島や鹿児島、沖縄ほど遠方ではないこともあってか、この募集はネットで大きく話題となり、「やってみたい」「無職だったら応募したい」といった声が多く上がっている。

(引用ここまで)

ジャンルは、採用にいれましたが、これはユニークな採用を兼ねた話題づくりの広告ともいえます。これだけ話題になっただけでもいい効果があったといえます。

いずれにしても離島PRで月給30万円というところばかりが目立ちますが、PR担当の県の契約社員ということに違いはなく、勤務日数も月20日勤務ですので、それほどサラリーマンと違いはありませんが、失業している人にはいいかもしれません。

マニフェストの例を見ている限りではハードルは、結構高そうで、きっと倍率も高くなると思われます。ネット上では話題になってもその後の成果のほうが大事なので、採用は大変重要な位置づけを占めるといえます。

他の自治体や観光地なども多様な価値観をもった人材を採用あるいは活用し、地域の活性化のためにできることをもう1度考え直してみるのもいい機会ではないでしょうか。


今日もコラムを読んでいただきありがとうございました。

■【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】
http://iwave.blog73.fc2.com/

■私のプロフィールは、↓
http://mbp-tokyo.com/iwave/detail/

■経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 30件
 http://mbp-tokyo.com/iwave/column  

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 株式会社アイウェーブ
 庄司社会保険労務士事務所
 代表取締役/所長 
 庄 司 英 尚(社会保険労務士) 

  東京都中央区日本橋人形町2-32-4
 人形町ロータリービル2F
 URL: http://www.iwave-inc.jp
 社長ブログ http://iwave.blog73.fc2.com/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

フットワークが軽くて、いつもほんとに親身になって相談にのってもらい大変助かっています。

出会いは経営コンサルタントの方のご紹介でした。 派遣業は...

人材派遣会社 経営者
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
パパ・クオータ制 とは何? どんな意味?

パパ・クオータ制という言葉を聞いたことがありますか?パパクォータ(QUOTA=割り当て)制は、育児...

[ ワークライフバランス ]

転勤は、必要? 必要と主張する専門家、転勤は、制度見直しが必要と言う専門家

先日、転勤についてとりあげました。転勤は、必要派の、大和総研の方は、WBSの中で、「修羅場経験が必要」。...

[ 働き方改革 労働時間削減  ]

スタッフとの交流を大切にする  ランチ会開催

先日、スタッフとのランチ会で、近所の鉄板焼きのお店に行ってきました。ランチ会自体は、いつ以来だろうか...

[ アイウェーブ関連 ]

育児休業最大 2年へ、施行は、10月1日より。

政府は3月31日、雇用保険料率の引き下げや失業手当の拡充などを柱とする雇用保険関連法案を閣議決定しました...

[ ワークライフバランス ]

女性の活躍 進んでいる?

日本生産性本部の調査によると女性活躍推進法に基づいて大企業が策定する行動計画への取り組み状況について「...

[ ワークライフバランス ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ