コラム

 公開日: 2016-06-09 

家族手当を不正に受け取っていたことが発覚したら?

当社の従業員が、奥さんと離婚していたのに会社に申告
せず、約2年以上にわたって不正に家族手当を受け取ってい
たことが発覚しました。

会社側にもまったく問題がないというわけでもないのですが、
こちらからもわざわざ聞くことでもないので申告どおり何の疑いも
もっていませんでした。

今回は、かなり悪質でなおかつ配偶者の分と子供の分あわせて
総額90万円近くになりますので、解雇したいところでもありますが、
法律上の考え方とこのあとの対応を教えていただけないでしょうか。



今回の内容では、懲戒処分をうることは可能ですが
懲戒解雇にできるレベルではないので、就業規則に則り
処分を決めます。

2年間という長さをどうとらえるかですが、企業側にも問題
あるかもしれません。

だからといって悪質な不正受給が許されるわけではありません。

別途不正に支給を受けた手当については当然全額返還してもらう
ことができます。

今回の場合は不当利得となります。嘘をついて家族手当を
もらっているので、2年の時効などは関係なく、民法703条が適用されて、
過去10年以内の返還請求ができます。

当然すぐに返すことができないことも考えられますので
給与から天引きするのも1つの方法で、全額いきなり天引き
したりすることはできませんが、給与の4分の1までなら可能と
なっています。もちろん本人の同意ありきです。

本人が悪いのはもちろんですが、会社側はこのような不正を
予防するための施策を考えることも重要です。

2年間というと年末調整も虚偽の申告だったからわからなかった
ということでしょうけど、マイナンバー導入でこういうことも
少なくなると思います。

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋人形町の社労士、人事コンサル会社の社長のブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
IT関連企業 社長
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
36協定の提出控えが周知されていないのは違法?

36 協定の周知についてしっかりできていない会社があります。 意外と締結することばかりに一生懸命になっていて...

[ 就業規則、各種規程 ]

セミナーの提案

新規顧客候補にセミナーの企画提案をしたいと思っていますが、相手の望んでいるものを考えるのは簡単ではない...

[ セミナー・講演・研修 ]

育児休業期間がある方の賞与査定は、どうする?

育児休業から、復帰して、2ヶ月ちょっとの某スタッフの賞与額の査定に関しては、どのように考えるのが妥当なのか...

[ 出産・育児休業・男女雇用機会均等法 ]

遅延証明書があるのに遅刻?

ちゃんと早く家を出たのに!遅延証明書があっても「遅刻扱い」 これって問題ないの?ヤフーニュースに掲載...

[ 労働時間 ]

ハマキョウレックス訴訟 最高裁判決 「労契法違反の格差は無効」 

産経ニュースより正社員と契約社員の手当に格差を設けることが労働契約法20条が禁じた「不合理な格差」にあ...

[ 判決・判例紹介 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ