コラム

 公開日: 2015-12-07 

休職者との面談 人事担当者

メンタル不調での休職中、人事担当者(または上司)
は、休職者と面談をすることがありますが、その際に会社
に無理やり呼び出したりするのは望ましくありません。

もちろん近いうちに復職を望んでいるのであれば
別になりますが、やはりなかなか会社に来たりする
ことで余計体調が悪くなる可能性もあるので
あくまで配慮を忘れないようにしないといけません。

メンタル不調の原因が会社にあることも多いので、できれば
休職者の自宅近く、あるいは最寄駅近くの喫茶店などに
こちらが出かけていって、しっかりリラックスできる
環境で軽く話を聞くというスタンスでいいと思います。

休職中の健康状況の把握義務は会社にありますので
体調の確認、療養の状況や日頃の過ごし方などとにかく本人には
いろいろ話をしてもらうようにしたいところです。

会社からは、頻繁に連絡をしすぎるのはよくないですが
放置して、傷病手当金の請求関連や診断書などのやり取りを
するだけではダメです。

1カ月に1回くらいの面談はぜひとも行い、復職に向けての
話を少しずつできるようにしていけばいいと思っています。

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋人形町の社労士、人事コンサル会社の社長のブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
IT関連企業 社長
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
リストラ 三越伊勢丹HD、早期退職金を上積み バブル入社社員は不要なのか?

三越伊勢丹HD、早期退職金を上積み=「バブル入社」削減狙う三越と伊勢丹、いずれもデパート業界ではトップク...

[ 退職・解雇 ]

年金手帳がなく基礎年金番号がわからない場合

採用が決定すると、会社は提出書類として年金手帳を提出してもらったりするわけですが、残念なことに年金手帳を...

[ 社会保険(健康保険・厚生年金) ]

年次有給休暇取得しながら療養中   診断書を要求できる?

年次有給休暇取得しながら療養中   診断書を要求できる?今回は、意外とよく実務の現場ではあるのではないかと...

解雇が有効と認められるのは大変なこと

能力不足の解雇が有効と認められるためにはとてもハードルが高く、通常であればできる限り、私自身は違う方法...

[ 退職・解雇 ]

本物の変化とは人が行うことであり流行とは人が言うことである

本物の変化とは人が行うことであり流行とは人が言うことである今日はドラッカーの言葉からです。奥が...

[ 経営戦略・経営管理・マネジメント ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ