コラム

 公開日: 2015-11-09 

休職期間満了でも、特別な事情があれば休職期間を延長できる? 

弊社では就業規則の休職期間の延長に関する定めがあるのですが
2日前にメンタル不調で休職期間満了で退職した従業員から

「就業規則には、特別な事情に該当する場合には
休職を延長する場合があると書いてあるが私はこの特別な事情に
該当するのではないか?」

といってきて、休職満了による退職の撤回と休職の延長について求めてきました。
今回のような場合、延長を認めないといけないのでしょうか?
そもそもこの特別な事情とはどういうことを想定しているのでしょうか?


休職については解決しにくいトラブルがたくさんあります。

なぜそれだけ難しいのかといえば、休職は法律上では何も
定められていないからです。独自の会社のルールで設けることに
なりますし、逆にそのほうが面倒なこともあります。

法律で義務となっていないので休職制度そのものを設けていない会社も
たくさんあります。

休職は、解雇を猶予するための特別な様子見の期間という位置付け
になっていますので、従業員にとってはとても助かる期間です。

メンタル不調で休職になる方もいますし、交通事故で勤務できなくなり
休職になる方もいます。また一方で、かなり重い病にかかり、復職がほぼ
不可能になる方もいます。

このように病気休職でもいろいろありますので
そのルールもある程度、状況を考えて規定するべきといえます。

さて、今回はメンタル不調という理由で休職期間満了で退職に
なった方が自分はどうして延長できないのかということで、質問
があったということです。

特別な事情に該当しないと説明するには、根拠が必要です。


「特別な事情(事由)がある場合、延長する場合がある・・・・」
というような規定はみかけますが、想定している状況は
なんとなく想像できます。

(会社の都合でどうにでも操作できることになってしまうので
なんともいえないのですが)

例えば、あと1ヶ月で復帰できることが医者から承認されていて
満了のタイミングでは復帰できないけど、そのあとわずかで復職が確実なので
それであれば、休職期間を延長しようということを会社側も判断して決める
ことになるかと思いますが、このような場合は特別な事情といえます。

あとはかなり優秀な社員で、遅くなっても復帰できるタイミングで
いいからとにかく働いてほしいくらいの大事な社員の場合、規則に規定も
あるし、延長ということがされるかもしれません。

ただし、メンタル不調に関連する病気だといくら優秀でも会社も期待しなく
なっていることもあるかもしれません。

あとは想定されるのは、会社に少し負い目というか弱みがある
かもしれない場合も該当します。労災ではないが、会社側に理由が
なにかあって、それがきっかけだといわれることがあってもおかしくない場合、
揉めることは避けたいので延長するからもう少しだけ様子をみていこうと
いう判断がされるかもしれません。

このように法律での定めがないということは、会社側に有利に運用できる
と思いがちですが、基準がわからない場合、過去の実績なども関係してきて
過去に休職満了で終了せず、ほとんどの人が期間延長しているようなことだと
この人だけ休職期間満了で終了する妥当性がないと判断されてもおかしく
ありません。

会社が柔軟に取り扱えるように規定をつくったのが裏目に出ることも
あります。規定を作成した方は今はいなくてその本当の意味合いも
わからないから、人事部の人でもその判断ができないということも
あるわけです。

とにかく事例として目安となるものを記載しておき、不平等な取扱いを
していると従業員側に思われることがないようにしておけば
トラブルはある程度避けることができ、今回のような本人からの
申し出はされないものと思います。

さて、今回の場合、普通にメンタル不調ということで期間内に
復職できなかったということのようです。メンタル不調になった原因は
わかりませんが、普通の状況なので特別な事情があったとはいえないような
気がします。

復帰可能ということも約束をされていることはないでしょうし、なかなか難しい
と思います。しかしながら、本人がいろいろ動いた場合、少しはリスクはあると
いうことは覚えておいてください。

会社の風土にもよりますし、過去のこの会社の対応にもよりますので
それは各社さまざまなので私の書いてることがすべて正しいとは
いえませんが、規則を作成した本意は誰もわからなくなるので
規則の見直しや、休職期間を延長をするかしないかを決める
委員会などをつくるのもいいかもしれません。

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
IT関連企業 社長
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
労働時間削減のためにできること 会議の見直し

最近、過重労働が問題となっており中小企業にも影響が出てきています。中小企業は一人あたりの生産性で大きな差...

[ 労働時間 ]

坂出に出張セミナーでした。

今回は、出張セミナーで坂出に行ってきました。四国ということでリスク回避でマエノリです。東京では雪が降...

[ アイウェーブ関連 ]

年金受給資格10年に短縮

年金の受給資格が今回の改正法案の成立で最低10年あればいいということになります。来年10月から新たに受給...

[ 社会保険(健康保険・厚生年金) ]

名取にて出張セミナーでした。

今回は、約1ヶ月ぶりのセミナーで名取に行ってきました。新幹線利用で当日移動。なんとその日は、朝6時...

[ アイウェーブ関連 ]

社会保険の調査でした。

先日は、社会保険の調査で年金事務所に行きました。今回は、算定の時期とは、ずらして行う調査で主にパート...

[ 社会保険(健康保険・厚生年金) ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ