コラム

 公開日: 2015-06-24 

賞与の算定対象期間について労働トラブルから考えてみた

賞与に関しては、支給日在籍要件という言葉を聞いたことが
ある人も多いと思います。

こちらは、就業規則に規定することで賞与の支給日に在籍
していないものには賞与を支給しないという規定があれば、賞与を
支給しないこととしても違法ではないということです。

この点ではよくトラブルにはなりますが、今回は、賞与の
算定対象期間についてのお話です。

仮に
夏賞与  6月15日支給 (算定対象期間  11月1日~4月30日
冬賞与 12月15日支給(算定対象期間  5月1日~10月31日

上記の会社の場合、中途で3月1日に入社したら算定対象期間は、2か月間
のみとなります。ほとんど査定をしない会社で評価も反映されずに支払われていて
基本給の2か月分前後という感じで連動している場合、基本給が同じ人であれ
ばその期間フル勤務している人の3分の1しかもらえないというのが基本的な考え方です。

また会社によっては勤続3カ月経過後(試用期間経過後)でない場合、寸志程度
または支給しない場合も結構あり、会社はそのあたりについても規定で独自に
定めることはできます。

もちろん勤務期間だけで機械的に計算し、基本給の2か月分の3分の1(算定対象期間)
ということで、0.66カ月分ということで支給して納得できるような場合もあるかもしれませんが
やはり、会社への貢献度等の査定をしないで上記のような機械的な対応をしていると、
頑張っている従業員のモチベーションは下がってしまいます。

一度、従業員がそっぽを向いてしまうと、その場は話をまとめて(多くは次回はもっと評価分を反映させる
予定だからといって)、結局その場しのぎのごまかしではあとになってボロが出てしまいます。

従業員側の心の中でも、そのあとずっと もやもやしていてそのあと疑心暗鬼になって
しまい、精神衛生上もよくないですし、結果的にお互いの将来にとって
プラスにはならないような気がします。

経営者側も賞与の金額について、思っていたより少ないということまではっきりいわれることは、
気分がよくないことですし、決め方などは自由だと思っているワンマン社長も多いものです。
嫌なら辞めていけと心の中で思っていたらそういうオーラはどこかで出てしまうものですから
注意しないといけません。

賞与額については、会社としての賞与の位置づけ、ある程度の計算式、
賞与の考え方(利益配分であるということ)をその都度発表して、納得の
いくような運用の中で、公平性を意識して努力して頑張っている人が
報われるような仕組みの中で賃金制度をまわしていくことができれば理想的です。

また賞与の金額を各自確定させて一度支給しておいてすぐに、従業員側から苦情がきたら、再計算して
増やせばいいというものでもありません。会社は総予算を決めている中での賞与支給なので賞与支給
原資がオーバーしてしまい、資金繰りに影響が出ないとも限りません。

また賞与の額を増やせば、社会保険料の額も増えることになるのでそこまで頭に
入れておかないといけません。

またほかの人から見たら、
「文句言えば金額を上げてもらえるのか?? うちの会社はいいかげんなものだ・・・」と
思うこともあるでしょう。

いろいろな視点がありますが、これも受け止め方の違いによるものですから
何とも言えませんが賞与は意外と同僚同士で比較してトラブルになることも
多いものです。

もちろん金額の多い少ないだけでなく、きちんと面談をして評価とフィードバックを
して、これまでの期間どうだったのか?そして今後もっと工夫したほうがいいところ
はどういうところなのかなどの話を具体的にして、一緒に頑張っていこうという
前向きな面談をきちんとすることが大切なのです。


崖っぷち、綱渡り、そして、ついにひっくり返ってもうお手上げ、ギブアップ・・・・。
足の裏きれいに書いてありますよ。これどうですか??





1年前のコラム
庄司英尚 JIJICO ジジコ コラム執筆 記事一覧まとめ  一番人気記事は?
http://mbp-tokyo.com/iwave/column/38680/

不動産屋、歯医者、美容室、居酒屋の接客サービスを考える
http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-2003.html

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

私の取材プロフィール

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
IT関連企業 社長
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
労働時間削減のためにできること 会議の見直し

最近、過重労働が問題となっており中小企業にも影響が出てきています。中小企業は一人あたりの生産性で大きな差...

[ 労働時間 ]

坂出に出張セミナーでした。

今回は、出張セミナーで坂出に行ってきました。四国ということでリスク回避でマエノリです。東京では雪が降...

[ アイウェーブ関連 ]

年金受給資格10年に短縮

年金の受給資格が今回の改正法案の成立で最低10年あればいいということになります。来年10月から新たに受給...

[ 社会保険(健康保険・厚生年金) ]

名取にて出張セミナーでした。

今回は、約1ヶ月ぶりのセミナーで名取に行ってきました。新幹線利用で当日移動。なんとその日は、朝6時...

[ アイウェーブ関連 ]

社会保険の調査でした。

先日は、社会保険の調査で年金事務所に行きました。今回は、算定の時期とは、ずらして行う調査で主にパート...

[ 社会保険(健康保険・厚生年金) ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ