コラム

 公開日: 2015-03-31 

新卒社員(内定者)が単位がとれず、卒業できなかったら?

新入社員 新卒 入社予定 卒業できない 卒業できなかった 単位不足 内定 対応
『新入社員が単位不足で卒業できなかった』ということで、
どのように対応するか、悩んでいる人事担当者もいることと思います。

毎年、この時期に弊社には必ずある相談ですが、今年は、昨年より
も多く、弊社にも3倍くらいの相談がありました。

今回のような相談内容に対して、絶対にこれが正しいという答えはありません。

その会社が、中小企業か大企業か? ベンチャー企業か歴史ある企業か?
会社の体質や人材に対しての考え方などをふまえて、私のほうでもアドバイス
しますが、会社としてどうしたいのかということを大切にすべきです。

もちろん過去の社内での事例があればそれが基準にはなりますが、卒業できない
理由の詳細も確認しないといけません。

単純に単位の不足? 不足する単位はいくつ?卒業できるのはいつ? 
学校にはどのくらい行かなければならない?などなど。

会社も本人の希望を確認しないといけません。

あとは会社の意向もふまえて、さまざまな角度から、専門家として話をしますが、
法律だけではないことも多く、やはり過去の経験からの話をすると説得力を増すことができます。

その会社の現状にあわせたベストな答えを導かなければなりませんので、ちょっとした難しい因数分解
のようではありますが、ゼロベースで考える、そもそも新卒社員採用方針の根底にあるもの
を忘れないようにしないといけません。お客様の会社のためにどのようにするのがいいのかを
その会社の社員以上に本気で真剣に考えないといけないわけです。

いずれにしてもまずは雇うか雇わないかということを決める。

まず大原則ではありますが、卒業できないということであれば
入社要件を満たさないわけですから当然に採用しないというのは、
大手企業であれば当たり前のことですし、内定取り消しというより、
本人から辞退してくることもあります。

本人が入社希望するのであれば、9月で卒業できるなら
9月まで待って9月から正社員採用するというのも1つの方法です。

それでは他の新入社員とのバランス、4月入社のサイクルが
崩れて研修などが組みにくいなどの問題もあるとすれば来年の4月
に無条件(再度入社試験なし)で入社させるという選択肢もあります。

9月に卒業できるのであれば、そのタイミングで雇うけど
それまでは、アルバイト勤務(時給)というのも1つの方法です。

そうはいっても9月に卒業できないかもしれないですし
将来のことは約束できない(現に3月卒業出来る予定
が単位不足で卒業できなかったという事実があるわけですから)
し、そのあたりの条件も含めた有期契約を結ぶというのも1つの方法です。

厳しい方だと、単位がとれないような人は自己管理ができていないというか
努力ができないわけですから、今後の仕事ぶりも想定できるし、会社に
迷惑をかけるような人は、採用しないとはっきりおっしゃる人もいるようです。

もちろん、正社員としてそのまま受け入れて、基本給を少し下げておく、
あるいは授業を受けに行った分については欠勤控除する
ということでも大丈夫です。

あとは現場に配属された際に、学校に行くので欠勤があることを前提に
温かく受け入れてもらえることも大切で、人事評価もそのことは除いて
判断しないと本人のモチベーションにも影響がありますので頭に
入れないといけません。

学校に行くのはわかっていても現場のリーダーは、頭の中で整理できない
ことも多いようで、きつくあたったりすることもあります。現場に対して
人事からも根回しというかお願いを忘れないことです。

大卒であることを新卒社員の要件にしている会社であれば、卒業できていない
わけですから、本来は正社員雇用はできないはずです。仮に雇ったとしても
初任給なども高卒扱いとして取り扱わないといけないでしょうし、公平性に
欠けるということで会社の方針のブレを嫌う人たちも組織の中には
たくさんいるので慎重に決定すべきです。

給与面(時給、月給、そして契約社員、アルバイトなどの身分の問題、
位置づけそして他の新入社員とのバランスも大切です。

社内で悪しき慣習を一度設けることも良くないと判断する人もいますし、
他の同期にも影響があるので不採用と判断し、来年また同じように応募して
受けていただくということも考えられます。(こういう意思決定をする経営幹部も
過去にはいました)

とにかく会社側の意向というのはある程度決まっているとはいってもさまざまな視点
でのアドバイスをすることがこの仕事の難しさです。意思決定の参考になる話を
するわけですから責任重大です。

法律面だけではない、常識的な考え方や今後の企業経営、
現状の組織や職場の風土などを常に考えていないといけないですし
2、3年前のインターネットに書かれていることなど時代の変化から
考えれば決して今の時代にはあわない、またその人の思い込みによる
少ない経験からの解説など参考にならないことも多いです。

だからこそ、私もいろいろな経験をお客様から学ばせていただき
それを1つ1つ分析して、どういう決定をされたのかということも含めて
企業側のトレンドや考え方の変化も学ぶことができるので、それが次回以降に
活かすことができます。

お客様には日々感謝です。

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

私の取材プロフィール

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋人形町の社労士、人事コンサル会社の社長のブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

フットワークが軽くて、いつもほんとに親身になって相談にのってもらい大変助かっています。

出会いは経営コンサルタントの方のご紹介でした。 派遣業は...

人材派遣会社 経営者
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
労働者派遣許可申請に関する商談

先日、労働者派遣の許可申請に関して商談があり、ご紹介があったので決算書を事前に預かったうえ精査した上で、...

[ 派遣・派遣社員・派遣会社 ]

出社しなくなった社員の対応

何の予兆もなく、急に出社しなくなって、退職届だけ送りつけてきて、残り1か月は年次有給休暇を全部消化するの...

[ 退職・解雇 ]

再就職をした60 代「前職を退職する前から、再就職先が決まっていた割合は?

  第一生命経済研究所のアンケート調査が発表になりました。大変役にたつ データだと思いましたのでここで取...

[ 採用 ]

副業への関心が高まる中での会社の対応

 会社員の間で副業への関心が高まって いて、副業解禁の企業も増えています。 会社は、従業員から副業に対...

[ 働き方改革 労働時間削減  ]

テレビに出演しました。

7月1日放送 MXテレビ「田村淳の訊きたい放題!」という番組に専門家として出演しました。テーマは、「男...

[ アイウェーブ関連 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ