コラム

 公開日: 2014-04-16 

心の疾患「会社に配慮義務」 最高裁「社員の申告なくとも」

少し前になりますが、大変気になっていた
最高裁の決定が出ていますので記録として
残しておきたいと思います。

この事件については、有名すぎるのでいろいろ
下記を参考にしてもらえるといいのですが、
争点がいろいろありました。

東芝訴訟:「激務でうつ病」認め解雇無効 東京地裁判決
http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-227.html

長時間の勤務でうつ病発症 東京地裁、東芝元社員の労災認定
http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-448.html

その中の1つに今回の争いもありました。

過重労働で鬱病になった場合、過去の精神科
通院歴などを会社側に申告していなかったことが
社員側の過失に当たるかが争われたもの。

今回、会社側に申告されていなくても安全配慮義務は
あるということが結論として出たのでそれはそれで
受け止めなければなりません。

基本的な考え方として理解することが
大切であり、個別のケースでいろいろ内容は変わってくる
ということで、1つの事件として勉強材料にしておきたい
と思っています。

日経新聞より

心の疾患「会社に配慮義務」 最高裁「社員の申告なくとも」

会社員が過重労働で鬱病になった場合、過去の精神科通院歴などを会社側に申告していなかったことが社員側の過失に当たるかが争われた訴訟の上告審判決が24日、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)であった。同小法廷は「メンタルヘルスは申告がなくても(会社側に)安全配慮義務がある」と判断し、過失相殺などを理由に損害額の2割を減額した二審判決を破棄、審理を東京高裁に差し戻した。

 訴えていたのは東芝の元社員で埼玉県深谷市の重光由美さん(47)。解雇無効と損害賠償を求めて提訴し、解雇無効は二審で確定している。

 東芝側は(1)精神科への通院歴などを申告しなかったため、会社側が鬱病の発症回避などの対応を取れなかった(2)業務を離れても鬱病が完治せず、もともと重光さん固有の問題があった――などと主張。重光さん側の過失を理由に損害額を減額できるかが争点だった。

 同小法廷は、重光さんの当時の業務について「負担は相当過重だった」とした上で、通院歴や病名について「プライバシーに関わり人事考課にも影響しうる情報で、通常は知られずに働き続けようとする」と指摘した。

 会社側について「労働者からの申告がなくても、労働環境などに十分な注意を払うべき安全配慮義務を負う」と判断。重光さんが体調不良を上司に伝え、1週間以上の欠勤を繰り返していたことから「(会社側は)過重な業務と認識しうる状況だった」とした。

 鬱病が完治しない状況についても「通常想定される以上の脆弱性があったとは言えない」と認定。賠償額を約690万円と算定した二審判決を破棄し、計算し直すため高裁に差し戻した。

 判決によると、重光さんは大学卒業後に東芝に入社し、工場で液晶生産ラインの開発などを担当。プロジェクトリーダーを務めていたが、2001年4月に鬱病と診断され休職。前年に神経症との診断を受けたが、会社には伝えていなかった。会社は04年9月、休職後に職場復帰しなかったとして重光さんを解雇した。

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

私の取材プロフィール

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
飲食業  経営者
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
フォーバルテレコムの上限10万 保育費用など

4月に日経新聞に掲載されていましたがいい制度などでご紹介します。以下 引用通信関連機器を販売する...

[ ワークライフバランス ]

厚労省、労働法令違反の企業名を公表 334件  厚労省企業名公表リスト リンク

厚労省、労働法令違反の企業名を公表 334件  厚労省企業名公表リスト リンク 厚生労働省は5月10日、違法な...

[ ブラック企業 ]

休日に勝手に出勤する従業員の扱いは?

部下が勝手に休日である5月の連休に一人だけ 許可なく出勤して仕事をしていたことが発覚し注意したのですが、 ...

[ 休日・休暇・休憩 ]

来客がたくさんあった1日

先日は、来客がたくさんあった一日でした。来客が多いのは、とてもいいことです。その対応、事前準備、挨拶...

[ アイウェーブ関連 ]

「給料より休日」初めて上回る 新入社員意識調査 私生活重視の「自分ファースト」

産経ニュースから「給料より休日」初めて上回る 新入社員意識調査 私生活重視の「自分ファースト」とて...

[ 働き方改革 労働時間削減  ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ