コラム

 公開日: 2010-12-18  最終更新日: 2014-07-31

生保レディー数25万人 4年ぶり回復の裏事情

生保レディ 生命保険協会 医療保険 社会保険労務士 社労士 
生保レディや生命保険会社の営業担当とは、仕事柄お会いすることが多いのが社会保険労務士という仕事の特徴ともいえます。

私はお付き合いしている人は少ないのですが、社会保険労務士の中には数十人と仕事を一緒に絡んでやっている人もいると聞いたことがあります。

もちろんまったく知り合いもいないし、交流もほとんどないという同業者もいますが、やはり困っているときには私たち専門家を頼りにしてもらえることは多いですし、企業へ入り込んでいれば、退職金の話や就業規則や退職金規程の話、それから労使トラブルの話などから、「いい人知らない?」と声をかけられることもあるので、できるだけ多くの人と交流しておくことは大事だと思っています。

生保営業の方の担当企業が困っているときに私に真っ先に声をかけてもらえるようにこちらから関連の情報発信したり、保険に加入したいなどの要望があればご紹介したりできるようにお仕事のことを知っておくことで、ギブアンドテイクの関係を築いていければと思っています。

さて生保レディに関しては、気になるニュースがありましたのでご紹介しておきます。

減少を続けていた生保レディ数も4年ぶり回復したというニュースにも裏事情があるようで、そこには企業の人材戦略が大きく変わってきているからといえます。

基本給が最初の数ヶ月だけであとは歩合という制度では安心して働くことはできませんし、研修や人材育成の視点を無視していては、やはりまずいと思います。

そのような意味で今回生保レディ数が増加したのは、企業にとっても生き残りのために、長期的な視点での雇用制度を考えて変更してきているゆえの結果だと思います。

参考になるブログとニュース(そのまま引用)を掲載しておきます。


参考ブログ http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-197.html 


12月16日 ZAKZAK 

生命保険協会の調査で2009年度の生保レディーの数が、4年ぶりに25万人の大台を回復したことがわかった。 ご承知かと思うが、生保の外交員は戦後、戦争で夫を亡くした女性が生活していくため、国が積極採用を業界に要請したのが始まり。90年代前半には45万人近くに膨れ上がった。彼女たちの活躍で、わが国は世界に類を見ない国民皆保険が定着した。

 しかし、インターネット販売や外資系生保の上陸、銀行の窓口販売など、生保商品の販売チャンネルが多様化したため、この20年で半分近くに減少していた。

 いわゆる“生保のおばちゃん”は採用後の数カ月は固定給。その後は歩合給になり、契約を取れば取るほど給料は上がる仕組みで、社長の年収を超える1億円プレーヤーもいた。

 家族、親戚一同や隣近所の知り合いに入ってもらうが、2年もすれば地縁人縁は先細り、平均すれば3年目で退職するケースが多いと言われる。そこでまた新たなレディーを採用。これを業界では「ターンオーバー問題」と呼んでいる。新旧入れ替わり、という意味だ。

 従来型の雇用制度では、いつまで経っても定着率は上がらず、「長続きしない仕事」として魅力ある職場でなくなってしまう。不払い問題などもあって、担い手不足は業界の大きな課題のひとつになっていた。

 そこで生保各社は2年前から研修や処遇を改め、ターンオーバー問題解消に着手していた。ある生保では、これまで入社後3カ月程度は固定給で給与補償していたのを1年に延長。外交員が入社間もない時期に抱える不安を払拭することにした。研修体系もITを活用して、戦力アップを図るようにしている。

 「いままでは、商品概要などを教えた後は『頑張って契約取ってきて』と激励するだけでしたが、営業支援システムを導入し、客と向き合ったときのセールストークなど、実践トレーニングを増やしています」(業界関係者)

 こうした人材育成の改善により退職者数は減少した。新規採用を増やしたから大台を回復したわけではないのだ。

 生保には各地域に本社組織の支社があり、その下に支部-班を置く重層構造。例えば大手町支社・西大手町支部・直江班といった具合で、班は5~10人でチーム編成、一つの支部に複数の班がある。

 支部長や班長は現場上がりのベテランレディーで、部下の教育や契約管理に追われる一方、レディーの採用もノルマ制になっている。シビアな職場なのである。

 少子高齢化でマーケットがしぼむなか、生保はこれからどうやって生きていくのか。今までのような新旧交代のレディー採用というビジネスモデルは通じなくなっている。(引用ここまで)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 株式会社アイウェーブ
 庄司社会保険労務士事務所
 代表取締役/所長 
 庄 司 英 尚(社会保険労務士) 

  東京都中央区日本橋人形町2-32-4
 人形町ロータリービル2F 
  URL: http://www.iwave-inc.jp
 社長ブログ http://iwave.blog73.fc2.com/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
飲食業  経営者
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
労働時間削減のためにできること 会議の見直し

最近、過重労働が問題となっており中小企業にも影響が出てきています。中小企業は一人あたりの生産性で大きな差...

[ 労働時間 ]

坂出に出張セミナーでした。

今回は、出張セミナーで坂出に行ってきました。四国ということでリスク回避でマエノリです。東京では雪が降...

[ アイウェーブ関連 ]

年金受給資格10年に短縮

年金の受給資格が今回の改正法案の成立で最低10年あればいいということになります。来年10月から新たに受給...

[ 社会保険(健康保険・厚生年金) ]

名取にて出張セミナーでした。

今回は、約1ヶ月ぶりのセミナーで名取に行ってきました。新幹線利用で当日移動。なんとその日は、朝6時...

[ アイウェーブ関連 ]

社会保険の調査でした。

先日は、社会保険の調査で年金事務所に行きました。今回は、算定の時期とは、ずらして行う調査で主にパート...

[ 社会保険(健康保険・厚生年金) ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ