コラム

 公開日: 2012-10-01  最終更新日: 2014-07-31

カネカ流“新入社員ハイテク研修” 仲間と絆深めて失敗を成功へ

社会保険労務士の庄司英尚です



本日は、カネカの新入社員ハイテク研修に関する記事の
紹介です。

ハイテク研修とは、「はいつくばってテクテク歩く」を
縮めたもので、知恵と根性を頼りに、ひたすら山道や海岸を歩く
そうです。

いつの時代であっても必要なのは、困難に向かっていき、問題を
解決する力だと思いますので、このような
仲間と屋外にて協働していろいろな経験をすることは
大切だと思います。

25年続くだけあってベースは、よくできている企画
だと思いますので考え方は参考にしてみては
いかがでしょうか?

以下 sankei biz より引用

【わが社のオキテ】カネカ流“新入社員ハイテク研修” 仲間と絆深めて失敗を成功へ

 困難に直面しても決してあきらめず、必ず解決法を考える精神を植えつけようと、大手化学メーカーのカネカは新入社員に過酷な研修を課している。
25年も続く伝統の研修は通称「ハイテク研修」と呼ばれる。しかし、先端技術のハイテクではない。「はいつくばってテクテク歩く」を縮めたもので、知恵と根性を頼りに、ひたすら山道や海岸を歩く。さて、いったいどんな研修なのだろう。
 4月、新入社員約90人が淡路島に集結した。ここが「ハイテク研修」の場だ。同研修は昭和62年にスタート。大阪府北部にある剣尾山のふもと、能勢町の府立総合青少年野外活動センターが拠点だったが、同施設が昨年春に閉鎖されたため、今年から淡路島に舞台を移した。
 「ハイテク研修」は山道や海岸など計15キロのコースを、指定されたチェックポイントを通過しながら、約3時間かけて歩く。
 新入社員は10チームに分かれ、チェックポイントが書かれた地図と定規、たこ糸を渡される。
 重要なのは前日に開く作戦会議。まず、各チェックポイント間の距離を割り出さなければならない。曲がりくねった道はたこ糸をはわせ、それを伸ばして定規に当てて距離を割り出す。距離や等高線が示す道の傾斜を考えながら、各チェックポイントの到着目標時刻を設定していく。
 ペットボトルを利用した「水時計」も登場
 これだけでも相当頭を使うが、正味大変なのは当日になってから。時計や携帯電話は没収され、磁石(コンパス)を持つのも禁止される。頼りは自分たちの知恵だけだ。
 設定した各チェックポイントの到着目標時刻に、いかに近い時刻で通過するかを競う。それだけに事前の作戦会議が重要になる。
 人事部人材開発グループリーダーの畑昭さんは、ちょうど研修が始まった年に入社した“1期生”。
 「この研修を企画したのは、当時、社員教育に情熱を持っていた人たちです。そのころ、『ハイテク』が流行語になっていた影響もあるようです。研修は日常業務に欠かせないプランニングや議論、コミュニケーションの大切さを知ってもらうのが目的で、内容は25年前からほとんど変わっていません」と話す。
 とはいえ、危険な側面も否定できない。「遭難しないよう、万一に備えて道順を知っているスタッフが各グループに同行しますが、方向を見失って、コースからどんどん離れてしまうグループも当然出てきます」と畑さん。
 各グループの知恵も見物の1つ。「歩幅を一定に保って、歩数から距離を確認したり、あらかじめ目盛りをつけて、底に穴を開けたペットボトルの水が減った量で時間を計る『水時計』を作ったり…。参加者は毎年知恵をしぼっています」という。
 脈拍を頼りに時間を計って大失敗
 「以前、歩きながら自分の脈を数えて、そこから時間を計算する人もいましたが、山道を歩いているうちに、だんだんと脈拍が速くなっていくので、これは効果はなかったようです」といった笑い話も。
 チェックポイントをすべて通過し、ゴールに到着しても、それで終わりではない。
 各グループで「なぜ計画した時刻通りに通過できなかったか」「役割分担は機能したか」「安全性は守れたか」、さらに「落としたごみなどを回収したか」といったことまで検証し、成果を発表する。
 「計画と結果にギャップが生じたとき、次はどうすれば成功につなげられるのるかを考える。ここが大切なんです」と畑さん。
 「僕自身も計画通りにいかず、しんどかった。でも、剣尾山の山頂にたどり着いて、広大な風景を見たときの達成感は忘れられません。みんなでとことん議論して、苦楽をともにした仲間との絆も深まります」と振り返る。
 チームワークを核とした計画と行動。そして、失敗を成功につなげる精神-。厳しい時代を生き抜くビジネスマンに求められる素質である。そして、それは豊かなモノに囲まれた“便利な環境”では、身につかないものかもしれない。(宇野貴文)
◇会社データ◇
本社=大阪市北区中之島3の2の4
創業=昭和24年9月
事業内容=化学品、合成繊維、食品などの製造販売
売上高=4693億円(平成24年3月期連結)


■【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】
http://iwave.blog73.fc2.com/

■私のプロフィールは、↓
http://mbp-tokyo.com/iwave/detail/

■経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件
 http://mbp-tokyo.com/iwave/column  

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 株式会社アイウェーブ
 庄司社会保険労務士事務所
 代表取締役/所長 
 庄 司 英 尚(社会保険労務士) 

  東京都中央区日本橋人形町2-32-4
 人形町ロータリービル2F
 URL: http://www.iwave-inc.jp

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

フットワークが軽くて、いつもほんとに親身になって相談にのってもらい大変助かっています。

出会いは経営コンサルタントの方のご紹介でした。 派遣業は...

人材派遣会社 経営者
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
脱藩型? 逃亡型?卒業型? 「転職理由」が人生を左右する?

この仕事をしているとプライベートも含めて転職の検討をしていてリアルに深刻な相談を受けることは結構あります...

[ 退職・解雇 ]

エステ「ダンディハウス」「ミスパリ」に労基署が是正勧告…休憩取れず、残業代未払い

エステ業界の大手企業が監督署から是正勧告されていたというニュースが少し前にありました。休憩がとれず残...

[ 残業代不払い・未払い賃金・サービス残業 ]

「マウンティング」とは?  「マウンティング」ってどんな意味?

「マウンティング」ってどんな意味ですか?そんなの知らないという方いませんか?私は、一瞬山登りのとこと...

[ ビジネス・時事一般 ]

労働時間削減のためにできること 会議の見直し

最近、過重労働が問題となっており中小企業にも影響が出てきています。中小企業は一人あたりの生産性で大きな差...

[ 労働時間 ]

坂出に出張セミナーでした。

今回は、出張セミナーで坂出に行ってきました。四国ということでリスク回避でマエノリです。東京では雪が降...

[ アイウェーブ関連 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ