コラム

 公開日: 2012-07-28  最終更新日: 2014-07-31

PCメガネ支給制度 アイル 新しい福利厚生の形

社会保険労務士の庄司英尚です。

PCメガネ支給制度 アイル 

システム開発会社のアイルは、このたび
PC用メガネ支給制度を創設しました。

このような制度は、新しい福利厚生の
形となるのではないかということで私もメディアの
影響を受けて記事として取り上げてみました。

アイルでは約300人の社員すべてが日常的にパソコン
を使っており、目の負担のことを考えて最近流
行の「PC用メガネ」の無料支給を始めました。

今後は度付のものを希望している人などにも支給していき
部門にも関係なく、希望に応じて柄なども選べるようにするとのこと。

労働環境を良くするというこの考え方は、お金の使い方として
正しいのではないかと思います。費用にしても比較的少額で
満足度が高い福利厚生の1つとなり、長期的に使ってもらえる
ものなので、他のパソコンと向かい合って1日中仕事をしている
企業も真似してみてはいかがでしょうか。

参考 jins pc お客様インタビューサイト
http://www.jins-jp.com/functional/interview/31.html

参考 j-cast ニュースより
福利厚生というのは難しい。会社が費用をかけてもメリットを受ける
人が少なければ、かえって不公平感を高めてしまう。しかも社員の価値観
は多様化しており、ひとつのメニューで多くの人を満足させるのは難し
い。
システム開発のアイルでは、約300人の社員すべてが日常的に
パソコンを使っており、目の疲れを訴える人が少なくない。そこで最近流
行の「PC用メガネ」の無料支給を始めたところ、多くの社員から満
足の声があがったという。
社員の「職業病」に会社の福利厚生として対応

PCメガネをかけて打ち合わせをするアイルの社員
アイルが社内で無料配布しているのは、パソコンが発する「ブルーラ
イト」を約50%カットできるメガネ。レンズには、ほんのり薄い茶
色がついている。東京社屋に勤務する社員150人のうち、すでに100
人以上に支給している。
まだ申請していない人の中には「クリアレンズ」や「度付きレンズ」
での支給を希望する人もおり、支給率は最終的にかなり高くなるものと思
われる。
「これまでも多くの社員が眼精疲労に悩んでいましたが、『職業病だから
仕方がない』と諦めていました。しかし、社員から『PCメガネを
使ってみたら目が疲れにくくなった』という声があがったことから、会社
として採用を検討しようということになったのです」(広報・菅原朱里さ
ん)
支給率が予想以上に高くなった理由には、眼精疲労に悩む社員が多
かったことに加え、PCメガネのデザインの豊富さもあったようだ。
アイルが採用しているのは「JINS PC」というシリーズ。スクエ
ア、ウェリントン、メタルスクエアの3種類の形があり、カラーバ
リエーションを含めると28のタイプから選ぶことができる。
「もしも選択肢が少なかったら、社員みんなが同じようなメガネをかける
ことになってしまい、ちょっと気味が悪いですよね(笑)。これだけバラ
エティに富んだ中から選べるからこそ、福利厚生にも対応できたのかもし
れません」
今のところブラックやネイビー、ダークブラウンなど地味な色が人気
だが、中には思い切って鮮やかな原色を選ぶ人もいて、個性が出て面白い
そうだ。
営業や総務からも支給希望
パソコンのLEDディスプレイから発せられるブルーライトは、
目の疲れをもたらしたり、体内時計を狂わせるなどの影響があると言われ
ている。
アイルでは、中小企業をクライアントとしたシステム開発やウェブ開
発を行っており、このような症状に悩む人が少なくなかったようだ。ある
システムエンジニアは、
「夕方になると目の疲れを感じていましたが、PC用メガネをかける
ことで、夜になっても疲れを感じないようになった」
と喜んでいる。JINSがイタリアの大手レンズメーカーと共同開発し
たという高性能レンズの効果は、十分に感じられているようだ。
顧客サポート部門の女性も「一日中パソコンに向かっているので助か
る。社員の働く環境を考え、会社がこういう制度を作るのはありがたい」
と話していた。
このほか、営業部門や総務部門などからも支給希望があり、結果的に
多くの社員をカバーすることになりそうだ。システム開発部門以外でも、
業務にパソコンを使うのだから当然だろう。
社員のリフレッシュのために保養所の整備などに多額の費用をかける
会社もあるが、足元の「労働環境」を整えるための福利厚生は、いまいち
ど見直されてもよいのではないだろうか。(池田園子)



■【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】
http://iwave.blog73.fc2.com/

■私のプロフィールは、↓
http://mbp-tokyo.com/iwave/detail/

■経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件
 http://mbp-tokyo.com/iwave/column  

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 株式会社アイウェーブ
 庄司社会保険労務士事務所
 代表取締役/所長 
 庄 司 英 尚(社会保険労務士) 

  東京都中央区日本橋人形町2-32-4
 人形町ロータリービル2F
 URL: http://www.iwave-inc.jp
 社長ブログ http://iwave.blog73.fc2.com/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_


 

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

フットワークが軽くて、いつもほんとに親身になって相談にのってもらい大変助かっています。

出会いは経営コンサルタントの方のご紹介でした。 派遣業は...

人材派遣会社 経営者
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
脱藩型? 逃亡型?卒業型? 「転職理由」が人生を左右する?

この仕事をしているとプライベートも含めて転職の検討をしていてリアルに深刻な相談を受けることは結構あります...

[ 退職・解雇 ]

エステ「ダンディハウス」「ミスパリ」に労基署が是正勧告…休憩取れず、残業代未払い

エステ業界の大手企業が監督署から是正勧告されていたというニュースが少し前にありました。休憩がとれず残...

[ 残業代不払い・未払い賃金・サービス残業 ]

「マウンティング」とは?  「マウンティング」ってどんな意味?

「マウンティング」ってどんな意味ですか?そんなの知らないという方いませんか?私は、一瞬山登りのとこと...

[ ビジネス・時事一般 ]

労働時間削減のためにできること 会議の見直し

最近、過重労働が問題となっており中小企業にも影響が出てきています。中小企業は一人あたりの生産性で大きな差...

[ 労働時間 ]

坂出に出張セミナーでした。

今回は、出張セミナーで坂出に行ってきました。四国ということでリスク回避でマエノリです。東京では雪が降...

[ アイウェーブ関連 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ