コラム

 公開日: 2010-10-19  最終更新日: 2014-07-31

離職証明書の交付の遅れ 北大に損害賠償請求


10月1日の北海道新聞によると、北大がハローワークに期限内に離職証明書を交付しなかったため失業給付が受けられなかったとして、北大の研究施設に契約職員として勤務していた女性(28)が30日、同大に約70万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴したとのこと。

会社都合で雇い止めをして、なおかつ期限内に離職票を出せなかったということで受けられるはずの失業給付等が受けられなかったので、損害賠償を約70万円を請求したということのようです。

このような事務の怠慢などにより不利益を被ることはよくあることです。離職票は、退職して10日以内にハローワークに事業主が提出しなければならないのですが、おそらくその期限から大幅に遅れて、本人へ交付したのでしょう。そうしたところ再就職手当など24日分の給付が受けられなかったということでの提訴だと思います。

さて、記者会見した女性は「北大側の都合で自分を雇い止めにした上、離職証明書を期限内に出さなかったのは納得がいかない」というコメントをしています。雇い止めに対しては相当大きな不満があったものと思いますが、このような事案でも損害賠償される時代になったということを強く意識しておこうと思います。


社内の社会保険の担当をしていても、手続がまったくわかっていないのにその仕事をやらされてよくわからないまま仕事をしている中小企業はよくあります。誰も知っている人がいないのに、社内で業務をしようとするには少し無理があります。

また給与計算でも同じことで、社長が誰でもできると思い込んでやらせているのはいいのですが、まったく経験のない方が、源泉所得税や社会保険料や欠勤控除や割増賃金のことなどを完璧に理解するのは時間がかかります。

従業員から支給額が違うとクレームがきたり、社会保険料の等級が違うなどのクレームがくるようでは、問題です。そうなると会社に信用などありませんし、結果的に退職者の増加にもつながってしまいます。

あとは最近の事例だと育児関連の給付金の実務は、申請自体を忘れてしまっていて、給付金がもらえなくなって従業員からその同じ金額の補填を会社にするようにいわれるケースもあります。

従業員もインターネットなどを活用し、失業手当の受給の手続などには詳しくなっていますので会社の担当者も失業後の流れや再就職手当などについては要件も含めて勉強しておいたほうがよいでしょう。

■【【株式会社アイウェーブ 公式サイト】

【日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長ブログ】

経営者にためになる、お得なコラム満載 直近コラム 15件

この記事を書いたプロ

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設) [ホームページ]

社会保険労務士 庄司英尚

東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL:03-5614-8480

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

社会保険労務士の先生を探すにあたっては、税理士の先生からご紹介という話もあったのですが、長いお付き合いになると思ったので、自分で納得のいく先生にお願いした...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士 庄司英尚さん

コミュニケーションを大切に、会社の業績アップに貢献(1/3)

 オフィスと老舗が混在する街、日本橋人形町。人形町駅から徒歩1分という好立地に人事・労務のコンサルティングと人事・労務のアウトソーシングを手がける株式会社アイウェーブがあります。しかし、同社の社長兼社会保険労務士の庄司英尚氏は事務所の席を暖...

庄司英尚プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)
住所 : 東京都中央区日本橋人形町1-4-1 内山ビル4F [地図]
TEL : 03-5614-8480

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5614-8480

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄司英尚(しょうじひでたか)

株式会社アイウェーブ(庄司社会保険労務士事務所 併設)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
IT関連企業 社長
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
パパ・クオータ制 とは何? どんな意味?

パパ・クオータ制という言葉を聞いたことがありますか?パパクォータ(QUOTA=割り当て)制は、育児...

[ ワークライフバランス ]

転勤は、必要? 必要と主張する専門家、転勤は、制度見直しが必要と言う専門家

先日、転勤についてとりあげました。転勤は、必要派の、大和総研の方は、WBSの中で、「修羅場経験が必要」。...

[ 働き方改革 労働時間削減  ]

スタッフとの交流を大切にする  ランチ会開催

先日、スタッフとのランチ会で、近所の鉄板焼きのお店に行ってきました。ランチ会自体は、いつ以来だろうか...

[ アイウェーブ関連 ]

育児休業最大 2年へ、施行は、10月1日より。

政府は3月31日、雇用保険料率の引き下げや失業手当の拡充などを柱とする雇用保険関連法案を閣議決定しました...

[ ワークライフバランス ]

女性の活躍 進んでいる?

日本生産性本部の調査によると女性活躍推進法に基づいて大企業が策定する行動計画への取り組み状況について「...

[ ワークライフバランス ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ