コラム

 公開日: 2016-04-23 

【動詞キオクの近道50】:まず、記憶にとどめたい基本動詞39~50。(井川治久編)2016年

【井川治久の大学受験英語・学習コラム】 (基礎編) 2016年4月23日号: 
★(注意):無断転載を禁じます。

◇今回のコラムの読者対象:
高校1年生~高校3年生。
浪人生。
中学生。
保護者。親子。

前回のコラム
http://mbp-tokyo.com/ikawa/column/52402/
の続きです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【今回の学習テーマ】 :動詞キオクの近道50 【動詞(V)+A+B  (A=B)型】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆動詞(V)+A+B  = 「A=Bに、Vする」

【問題】: このキオク・パターンの基本動詞(V)を、知っているだけ、思い浮かべてください。

(ノートに、書き出してみましょう!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【診断】: 3分間で、5コ書けた人は、中学3年レベルの基礎力があります。これから、基礎を学ぶ人は、一緒に、音読して学んでいきましょう。  
◆井川塾・受験英語学院 (東京都豊島区)のホームページもご覧ください。
http://www.geocities.jp/tqhxy138

では、要点を、解説します!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【動詞(V)+A+B  (A=B)型】 (その1)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここでは、
◆動詞(V)+A+B  = 「A=Bに、Vする」 型  
を教えます。

前回のコラムで学んだ
★make A B =「AにBを作ってあげる」    *「AにBを」
と、
今回学ぶ
★make A B =「AをBにする」         *「AをBに (A=B)」
の2つのパターンが存在します。

区別に、注意して、以下を記憶にとどめていって、ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)Aを~にする

=make + A + 形容詞 (または名詞)

★~を怒らせる

=make ~ angry 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*★Aを~させる

=make +A +(do)

★~を笑わせる

=make ~ laugh

★~を待たせる

=make ~ wait
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(2)Aを~にしておく

=keep + A + 形容詞           * 維持。 *「キープ」。

★~を開けておく

=keep ~ open
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(3)Aを~のままにしておく

=leave + A + 形容詞           * 放任。

★~を開けっ放しにしておく

=leave ~ open 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(4)A を~(色)にする、変える

=turn + A + 形容詞
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【まとめ: 一生のキオク・反復】  

➡  make ・ keep ・ leave ・ turn  (+ make )。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【動詞(V)+A+B  (A=B)型】   (その2)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(5)AをBと呼ぶ

=call A B

(6)AにBと名づける

=name A B
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(7)AをBに選出する        *投票で。

=elect A B                             【ィレクトゥ】

=elect A as B          *「AをBとして選出する」

★elect ~ ( as ) governor                    【ガバナァ】

=「~を知事に選出する」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*★AをBに選ぶ            *「AをBとして選ぶ」

=choose A as B

★choose ~ as chairperson                【チェアパーソン】

=「~を議長に選ぶ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【まとめ: 一生のキオク・反復】  

➡  call ・ name 。 elect  (+ choose )。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【動詞(V)+A+B (A=B)型】   (その3)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(8)Aを~と考える、思う

=think +A +形容詞(または名詞)

=think +A + to be +形容詞(または名詞)   *「Aが~であると考える」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(9)Aを~と考える

=consider +A +形容詞(または名詞)   【コンスィダァ】

=consider +A + to be +形容詞(または名詞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★「私は、自分が幸運だと考えています。」

=I consider myself ( to be ) lucky.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(10)Aを~と信じる、思う

=believe +A +形容詞(または名詞)

=believe +A + to be +形容詞(または名詞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(11)Aを~と感じる、思う

=feel +A +形容詞(または名詞)

=feel +A + to be +形容詞(または名詞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(12)Aが~とわかる、気づく、思う

=find +A + 形容詞(または名詞)

=find +A + to be +形容詞(または名詞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★「私は、自分たちの先生が、とてもフレンドリーだとわかった。」

=I found our teacher (to be ) very friendly.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【まとめ: 一生のキオク・反復】 

➡  think ・ consider ・ believe ・ feel ・ find 。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★以上で、 【井川治久の・まず記憶にとどめたい基本動詞50】 のコラムを、完了します。

◆井川クラスでは、さらに、オリジナルプリントを配布して、生徒全員に、一生の記憶
として、記憶にとどめてもらう授業を実践中。合格指導33周年を迎えます!
http://mbp-tokyo.com/ikawa/service1/
◆流行に関係なく、一生役立つ学習スキルを、親切ていねいに、教え込んでいます。
◆子供と相談の上、体験授業に、どうぞ!
◆遠方からの通塾も、大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
編著者、講義者=井川治久。(C)IKAWA HARUHISA 2016年(TOKYO.JAPAN)
★この講義録の無断転載を禁じます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を書いたプロ

井川塾・受験英語学院 [ホームページ]

塾講師 井川治久

東京都豊島区長崎3丁目4-19 [地図]
TEL:03-3956-5010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
★新★授業料
イメージ

全てが、ベテラン講師・井川先生による 「生授業&指導」です。 (*授業は、生(なま)のため、映像は使用しません。)・・・・・・お友達との「2名で申し込み」...

★著書一覧★
井川治久のナゼを解決する早大受験・英文法入門(佐々木教育出版・2015年)

◆著書22冊、70万部突破のロングセラー:◆井川治久の著書一覧◆(1985年~2016年)ホームページ:http://www.geocities.jp/tqhxy138・・・・・・・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
井川治久 いかわはるひさ

英語の偏差値は必ず上がる。「英文の仕組み」「暗記のコツ」を掴んで志望大学合格(1/3)

 「年代が変わっても受験英語の真髄は変わっていません。その肝心なポイントを理解し、効果的な学習方法で習得していけば、英語はグングン伸びます。1年間で偏差値30をあげた生徒も多数います」と力強く熱弁を振るう井川治久さん、彼は受験英語の講師とし...

井川治久プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

著書22冊・70万部突破の著者が、受験英語を親切に指導。

屋号 : 井川塾・受験英語学院
住所 : 東京都豊島区長崎3丁目4-19 [地図]
TEL : 03-3956-5010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3956-5010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井川治久(いかわはるひさ)

井川塾・受験英語学院

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

受験の前日まで、電車で通塾。井川先生は、一年間、私のモチベーションを高め続けてくれました!

わたしは、英語が、とても苦手で、勉強も確立できていません...

T・M
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
延長授業の積み重ね7か月で、早稲田合格ラインに近づいてきた!
イメージ

2016年10月31日号:  早稲田大学・受験対策(週2回)クラス: 基礎を補うために、毎回、授業延長の積...

[ 2016年・井川治久先生・担当講座。 ]

難関大学受験をさせたい息子や娘が、あまり勉強しない!
イメージ

 うちの親は、いつも、怒っている! 【よくある高校生からの相談・受験勉強カウンセリング】:高校生 :...

[ 大学受験・親の悩み(相談) ]

【親子で見直す(その1)】 塾や予備校に、通うだけになっていませんか?
イメージ

 親子で、見直して、みよう! 塾や、予備校に、ただ通うだけになっていませんか?「受験英語」の学習は、...

[ ★親子で、話し合おう! ]

難関大学の英語長文が読める基礎完成への早道へ、お手伝いします!
イメージ

■早稲田大学に確実に合格する条件(コラム):前回のつづきです。 2015年の早大入試英語長文は、手ごわ...

[ 英語苦手の早稲田英語勉強法 ]

偏差値40台から、難関大学に受かる英文法のプロ学習。
イメージ

■難関大学受験に確実に成功する条件:前回のコラムでは、「早稲田大学、難関大学に合格するための英文法参考書...

[ 英語苦手の早稲田英語勉強法 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ