コラム

 公開日: 2015-12-08  最終更新日: 2017-02-11

早稲田大学に出る英語・入試予想英単語対策(学部別問題研究)

2015年執筆。2017年2月更新。
●現在、コラム数は、180を超えました。パソコンで、「井川塾の良さ」を、じっくりと、お読みください!

井川塾では、あなたの希望の教材を、ていねいに教えます!

◆井川塾・受験英語学院 ホームページ:
http://www.geocities.jp/tqhxy138
◆実績:
http://mbp-tokyo.com/ikawa/detail/
◆独自の教育サービス:
http://mbp-tokyo.com/ikawa/service1/

早稲田大学の入試問題を、学部別に、見て行こう!

早稲田大学・基幹理工・創造理工・先進理工の2015年の英語入試問題[1]の「超長文読解問題」は、

◆SNS : social networking service (ソーシャル・ネットワーキング・サービス) に詳しい受験生に「有利」な出題

であったと言える。

2015年の早稲田大学・理工学部の入試長文問題:

以下、入試問題の冊子(または、入試問題集の問題文のテキスト)を見ながら、読んでください。 2015年度・前期授業の 一部 です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第①パラグラフでは:

「第一文」の「冒頭の部分」:

◆Facebook's popularity has grown exponentially over recent years  「フェイスブックの人気は最近の数年間にわたって急激に増した」

に着目しつつ、読み進めて行く。

◆create a profile where ・・・ の部分の「関係副詞の使われ方」に注意。 (★「英文法」を正確に教わった受験生ならスラスラ読める部分。)

◆post information about ~ ranging from A, to B to C  「AからB,Cに至るまでの~に関する情報を載せる」

の部分の「構文の流れ」に注意。

◆Further ,~also・・・ 「さらに、~は、また・・・」と、facility(機能)についての説明が追加され、

◆「最終文」の「最後の部分」で、broadly popular for online socializing 「オンライン上の社交活動で幅広く人気がある」と、締めくくっている。

●active user : 「使用中のユーザー」

●engage in real time instant messaging : 「リアルタイムでの即時のメッセージのやり取りに参加する」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第②パラグラフでは:

◆「第一文」の Although・・・, there are others. に着目して、読んで行く。

◆Twitter(ツイッター)に関して、

◆as its focus seems to be on A rather than B 「その焦点がBよりむしろAにあるようなので」

と書かれているので、その「焦点」を読み取る。

◆update their account with short statements 「短い発言(記述)で自分のアカウントを更新する」

◆「最終文」のThe service is rapidly growing を読むと、直後に、

◆with recent statistics suggesting that・・・「最近の統計が…ことを示唆していて」とあるので、その「統計の数値」を読み取る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第③パラグラフでは:

◆「第一文」で、 unlike ~(~とは違って)のあとに、

◆reinstate some of the anonymity・・・「・・・匿名性の幾らかを復活させる(元通りにする)」 

と書かれている。 anonymityは、「★売れ筋の単語集」を仕上げていた受験生は、楽に読めたし、問2も「本文を読まずに」解けたはず!

◆・・・and thus ~「・・・こんなわけで~」

の直後の

◆the site focuses less on who you are and more on what you have to say 「そのサイトは、あなたが誰かということよりは、あなたが何を言いたいのかに焦点を合わせている」

という「対比」に注意。 less ~and more ~(比較的~ではなく、より~に)。

ココから、「最終文」の the reduction of social pressure ・・・へと、話がつながっていく。

・・・・・・つづく・・・・・・

教室では、「てんさく」を、一人ひとり、行ないました!

この演習授業では、
★希望者、一人ひとりに、全訳の添削(てんさく)
を、行ないました。
◆毎回の授業で、希望者に、添削を行なっています。
◆あらゆる疑問点が解消され、生徒たちは、苦手を克服して、得意になっていきます!


2015年8月10日(都内にて執筆)。2015年12月8日、コラム掲載。2017年2月11日・コラム更新。

この記事を書いたプロ

井川塾・受験英語学院 [ホームページ]

塾講師 井川治久

東京都豊島区長崎3丁目4-19 [地図]
TEL:03-3956-5010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
月謝、★井川塾の特典
イメージ

(* このページは、パソコンで、お読みになると、最適です。  ◆井川塾・受験英語学院。)全てが、合格指導歴33年のベテランのプロ講師・井川治久先生による 「...

★井川塾長、著書
井川治久のナゼを解決する早大受験・英文法入門(佐々木教育出版・2015年)

◆著書22冊、70万部突破のロングセラー:◆井川治久の著書一覧◆(1985年~2017年)ホームページ:http://www.geocities.jp/tqhxy138・・・・・・・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
井川治久 いかわはるひさ

英語の偏差値は必ず上がる。「英文の仕組み」「暗記のコツ」を掴んで志望大学合格(1/3)

 「年代が変わっても受験英語の真髄は変わっていません。その肝心なポイントを理解し、効果的な学習方法で習得していけば、英語はグングン伸びます。1年間で偏差値30をあげた生徒も多数います」と力強く熱弁を振るう井川治久さん、彼は受験英語の講師とし...

井川治久プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

著書22冊のベテラン開成OBが、受験英語ニガテを親切に指導。

屋号 : 井川塾・受験英語学院
住所 : 東京都豊島区長崎3丁目4-19 [地図]
TEL : 03-3956-5010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3956-5010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井川治久(いかわはるひさ)

井川塾・受験英語学院

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

受験の前日まで、電車で通塾。井川先生は、一年間、私のモチベーションを高め続けてくれました!

わたしは、英語が、とても苦手で、勉強も確立できていません...

T・M
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【受験生の悩み】9月なのに、英語の偏差値が、60に届かない。
イメージ

2015年9月コラム。2017年2月11日・更新。◆現在、コラム数が、180を超えました。「井川塾の独自の良さ」を、パソ...

[ 難関大英語得点アップ集中講座 ]

【英語、偏差値70、勉強法】★なぜ、1~2時間の、授業延長が、難関大学受験の英語で必要か?
イメージ

 勉強法、自分に合っていますか? まちがって、いませんか? 2017年3月4日号コラム: ボランディアで、...

[ 井川治久 噂 授業 延長 英語 ]

難関大学受験、勉強、いつから? 英語の事を、知らないお母さんが、多い。
イメージ

 かなり無理な要求を、おっしゃるお母様って? 毎年、「難関大学受験のシーズン」が、終わる頃になると、ち...

[ 大学受験・親の悩み★相談いつでも ]

【英語、偏差値70、勉強法】英語苦手から、早稲田や難関大合格の成功ストーリー!
イメージ

 英語苦手克服には、要領が、ある! 2017年3月16日号コラム:現在、200コラムが、無料で、読めま...

[ 豊島区 塾 大学受験 英語苦手 個別指導 ]

【英語苦手、大学受験】。高校1年、高校2年、余裕のあるうちに、英語 文法の勉強法を!
イメージ

 高校1年、高校2年の、みなさんへ。 こんにちは。井川塾(いかわ・じゅく)の、ベテラン塾長の、井川です...

[ 英語苦手、大学受験、高1、高2、塾 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ