コラム

 公開日: 2015-09-27 

英語苦手から、早稲田大学合格への基本2大道具とは?

■高校1年・高校2年からの早稲田大学入試突破の㊙英語勉強法(コラム):

つづき:

文法&辞書と、仲良くなるのが、イ・チ・バ・ン!!!

さて、英語力を高めるのに、どんな★「道具」が大切かというと、その答えが、
★★★文法&辞書
ってわけだ。
今回は、このテーマについて、お話ししていこう。

文法力を付けないと、英語力は進歩しない!

日本人の英語学習において、文法の果たす役割は、極めて重要である。

★英語の基礎は、文法にある

といってよい。

特に、大学受験ということを考えると、英文法の力があるとないとでは、得点力に相当の開きが出てきてしまうだろう。

ところが、どうも、

▲「英文法」を、軽く見ている高校生

が結構いるようだ。これは、大問題かな。

英文法を知らずに、早稲田の英語が正確に読めると思いますか?

そもそも、

▲「文法の知識」が無くて、どうやって、早稲田大学の入試英文を、正確に読むことができるのか???

まずは、ココを、考えてみてほしい。

アメリカ育ちの人なら、「別の得意技」も使えるかもしれない。

でも、日本人の私たちは、

★まずは、文法的に、読んでいく

★まずは、文法的に、話していく

しか、方法がない。

こんなことは、ちょっと考えてみれば、当たり前の事だよね。

実は、英文法は、意外と、勉強しやすい分野なのです!

そもそも、▲「文法ギライ」という人に言っておきたいのだけれど、

◆「英文法」っていうのは、意外と、勉強しやすい分野

なのですよ。

だって、学習するべき範囲が割と明確だから、

◆学習計画も立てやすい

し、ターゲットも絞り込みやすい。

また、着実に努力を積み重ねれば、これほど

◆確実に得点源になる

分野はないといってもいいぐらいだ。

英語ニガテな人は、長文読解より、まず文法に取り組もう!

だから、

◆英語の偏差値が40台の人は、長文読解は、取りあえず、後回しにしてもいい

から、

◆「英文法の超基礎~基礎」を固めること

に、まずは、全力を傾けてもらいたい。

辞書を持ち歩くのが面倒だと言ううちは、見通しが暗い!

★★文法の徹底学習

と並んで、もう一つ肝要なことは、

★★いつでも、必ず、辞書を引く習慣

を、身につけることである。

・・・・・・いつでも、必ず、引く!ということは、

★常に、辞書を、持ち歩いている

★毎晩、電子辞書は、音声が出るように、充電しておく

ということである。

◆電子辞書を押すのが楽しい

というふうにならなければ、英語が、大して上達しないことは、目に見えているし、難関大学合格、早稲田大学合格は、ほど遠いものになってしまうことだろう。

楽しくなるためには、基礎知識を、体得すること!

★楽しくないことは、続かない。 続かないことは、得意にならない。 (出典:井川治久の名言)

・・・・・・やはり、何事も、楽しくなるためには、

◆基礎知識を、体得すること

である。

◆基礎が身に付くまでの努力をしている間は、ちょっと大変だから、面白味を感じない

場合もある。でも、

◆その段階を、乗り越えれば、「面白味」が見えてくるもの

である。

まずは、おもしろくなるまで、使い込んでみよう!

というわけで、

◆まずは、電子辞書を、面白味を感じるまで、使い込んでみて

ほしい。

・・・・・・「電子辞書が、自由自在に、使いこなせるスキル」を体得する段階にまで到達できた暁には、電子辞書が、まるで、あなたの手足となり、手放せなくなることでしょう。

★★★特に、2015年の早稲田大学入試、および、ここ数年の早稲田大学入試においては、「様々な単語が長文中に大量に出てきて」います。ですから、

①「大学受験用単語集」に加えて、

②「電子辞書」を「音声を出して」活用する

のが、受験勉強には、極めて効果的であると考えます。

・・・・・・続きは、次回のコラムで!・・・・・・おたのしみに!

(筆者:井川治久)

英文法の楽しさ、電子辞書の面白さを、知るに至れる環境を提供します!

子供から、大人になる成長過程において、
★じっくりと勉強をする環境や機会
に恵まれてこなかった場合には、「英文法の楽しさ」は全くワカラナイままに、「辞書を引くおもしろさ」も知らないままに、人生を終わってしまいます。当クラスでは、★じっくりと学習に取り組み、一緒に、体得して、その醍醐味をお教えするような演習を常に実践しています! 

◆井川塾・受験英語学院 ホームページ:
http://www.geocities.jp/tqhxy138
★受験時までに実力が付くことは勿論ですが、この体験が、一生を通して役立つものとなります!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



*このコラムは、著者の1984年~2015年における高校生・浪人生対象の受験英語合格指導の「実話」「実体験」に基づいて、書き下ろされたものです。したがって、今後、早稲田大学に受かることを目指す諸君の一助となるものと、確信しています。個人的には、プリントアウトして、ご活用ください。ただし、このストーリーの「出版の著作権」は、筆者に属するものです。
(C)IKAWA HARUHISA (TOKYO.JAPAN)

この記事を書いたプロ

井川塾・受験英語学院 [ホームページ]

塾講師 井川治久

東京都豊島区長崎3丁目4-19 [地図]
TEL:03-3956-5010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
月謝、★井川塾の特典
イメージ

(* このページは、パソコンで、お読みになると、最適です。  ◆井川塾・受験英語学院。)【2018年度・授業料、13のメリット】:★★★★★ 「月謝」を払う価...

★井川塾長、著書
井川治久のナゼを解決する早大受験・英文法入門(佐々木教育出版・2015年)

◆著書22冊、70万部突破のロングセラー、大学受験参考書:◆井川治久の著書一覧◆(1985年~2018年)公式ホームページ:http://www.geocities.jp/tqhx...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
井川治久 いかわはるひさ

英語の偏差値は必ず上がる。「英文の仕組み」「暗記のコツ」を掴んで志望大学合格(1/3)

 「年代が変わっても受験英語の真髄は変わっていません。その肝心なポイントを理解し、効果的な学習方法で習得していけば、英語はグングン伸びます。1年間で偏差値30をあげた生徒も多数います」と力強く熱弁を振るう井川治久さん、彼は受験英語の講師とし...

井川治久プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

開成OBが、英語苦手を助け、難関大学受験英語を1対1で教え込む。

屋号 : 井川塾・受験英語学院
住所 : 東京都豊島区長崎3丁目4-19 [地図]
TEL : 03-3956-5010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3956-5010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井川治久(いかわはるひさ)

井川塾・受験英語学院

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

先生に指導を頼んで、正解でした。第一志望合格に向かって、自分も休まずに、頑張れました。

井川先生の授業は、その生徒に合った無理のない計画表を作り...

K・K
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(16

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
◆「頭を良くする算数教室」を、小学生に、開きます!
イメージ

 2018年5月、新しいクラスの紹介!!! 2018年5月17日(木曜日):【あたらしいクラス】を、開...

[ ★★★考える算数教室(小学生のみ) ]

朝日新聞、朝刊に掲載。大学受験英語、悩み解決の町医者として。
イメージ

 朝日新聞に、大学受験英語教授の専門家として、顔が出ました! 2018年3月22日の、朝日新聞の朝刊(東...

[ 井川塾2018年、教室紹介、講師紹介 ]

夏期講習、個人塾に通う必要性、メリット。どんな高1・高2・高3・浪人生に、おすすめか?
イメージ

2017年6月23日(フライデー)号・◆「大学受験英語・合格指導コラム」:2018年5月14日(マンデー)...

[ 【夏休み、勉強法】 受験英語専門塾 ]

講師1人に、生徒1人までの、生授業。(教室風景8枚紹介)
イメージ

2018年4月25日(ウェンズディ): ベテラン塾長の、井川(いかわ)です! おはようございます。井...

[ 井川塾2018年、教室紹介、講師紹介 ]

【英検・長文・マンツーマン指導】 立教大学OB、伊藤琢哉先生
イメージ

 立教大学(経営学部)OBのプロ講師、伊藤琢哉(いとうたくや)先生が、名古屋から東京に出講! 元・ナゴヤ...

[ 英検2級・3級、長文対策、個別指導 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ