コラム

 公開日: 2015-09-13 

高2からの難関大学受験では、まず心と環境を整えよう。

■高校1年生・高校2年生からの難関大学入試突破の勉強法(コラム):

受験と 将来を、意識して行こう!


受験を意識していくとなると、


◆すべては、 「点が取れる英語力 を身に付ける学習法を知ること」 から始まる!

のですが、


みなさん、英語の受験勉強は、はかどっていますか???


「勉強のやり方」は、基礎の基礎の基礎。

▲やり方がまずいと、いくら勉強しても、伸びないのです。文系志望であれ、理系志望であれ、英語の配点は大きいですから、まずは、「英語に取り組む姿勢」を整えることから、始めましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勉強しなくちゃ!と思うだけではダメ!


勉強しなくちゃ!と思うだけではダメ! なのです。

ボク自身の高校生時代の体験談を、

▲「みんな!ボクの高2生の時のマネを、しちゃいけない!」 という例

として、まずは、紹介しよう。


ボクが受験を意識し始めたのは、高校2年の時。ちょうど、1学期も終わろうとする7月頃だった。その頃から、バクゼンと

◆「オレは受験しなければならないんだ」という意識

が芽生えて、「さあ、勉強しなくっちゃ・・・」「ようし!やるぞ!」という気分になっていた。


ところが、どっこい、「勉強の習慣が身に付いていない」から、

▲頭で考えるばかりで、実行がまるで伴わない。


あれよあれよと月日が流れて、高校2年の夏休みが終わった時、やれた事を確認してみると、英熟語をたった50コ暗記しただけ! これでは、ダメだと、必死の決意で学習計画を立ててみても、いざ、勉強の時間になると、


▲受験勉強から逃避している自分に気がつく


という始末。もう、毎日が、この繰り返しだった。


そうこうするうちに、高校2年の9月になる。あっという間に、熱中していた文化祭、学園祭も終わってしまった。そして、ふと気が付くと、ボクの周囲の遊び友達の生活態度に変化が生じる。なんと、「このままでは合格できないから」と、英語塾に通おうとするやつが次々に現れたのだ。

結局、ボクも、友達に影響され、高校2年の2学期から、仲間3人で予備校通いを始めることになった。しかし、ボクらが活躍したのは、授業の教室では無く、行き帰りの寄り道ばかり。肝心の授業だって、ボクらの視線は、先生ではなく女の子に向くという始末だもの。。。。


こんな有り様だから、英語の成績のほうは、目をおおうばかりの惨状。英語、国語では、しばしば赤点を取るし、高校3年の初めに受けた全国模試では、数学以外は、全て偏差値40以下という情けない状況だったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一人の先生を、信頼して、ついていく!


しかし、この教室に通って、出会うことができたのが、田島先生だった。とにかく、第一印象からして、強烈だったね。授業中に、いきなり、「キミ、おしゃべりしてると、うるさいぞ!出ていけっ!」って、マイクで怒鳴られたんだから・・・。冷静に考えてみれば、

◆先生は、全く、正しい!

のだが、その瞬間は、もう、ビックリするやら、悔しいやら・・・・・・。


でも、「スゴイ男だ!」

◆「大物の先生だ!」

というイメージだけは、頭に焼き付いたものだ。

やがて、高校3年になり、

◆「現実の成績」の厳しさに、ショックを受ける!

模試の偏差値が、すべて、40前後だったからだ!


・・・・・・この時、頭に浮かんだのが、田島先生の顔だった。


★とにかく、ちゃんと言ってくれる先生に、相談したい、頼りたい


という心境で、一晩考えたあげく、思い切って講師室を訪ねてみることにした。そうして、


★先生のおっしゃる事には、すべて、従おう! と決意

したボクは、そのときに戴いたアドバイスにそって問題集に取り組んで行った。その問題集の「疑問箇所」を質問するために、翌週にまた質問。さらに、次の週も・・・・・・と、結局、それ以来毎週、先生のもとへ通い続けることになったのだ。


もちろん、まともな質問をするためには、それなりの予習が必要だよね。当然、ボクは勉強がはかどるようになったし、何よりも大きかったのは、


★先生と顔を合わすたびに、ヤル気が出るようになった

ことだった。  

・・・・・・つづく・・・・・・

(著者:井川治久 [早稲田大学・文学部OB])

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
◆井川塾・受験英語学院  ホームページ

http://www.geocities.jp/tqhxy138

◆2015年4月に、新規・開塾しました。

◆こんなに「わかりやすかったの!」という授業を、楽しくやっています。

◆現在は、週2回のみの開塾です。遠方からの通塾も、大歓迎です。











(C)IKAWA HARUHISA (TOKYO.JAPAN)

この記事を書いたプロ

井川塾・受験英語学院 [ホームページ]

塾講師 井川治久

東京都豊島区長崎3丁目4-19 [地図]
TEL:03-3956-5010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
★新★授業料
イメージ

全てが、ベテラン講師・井川先生による 「生授業&指導」です。 (*授業は、生(なま)のため、映像は使用しません。)・・・・・・お友達との「2名で申し込み」...

★著書一覧★
井川治久のナゼを解決する早大受験・英文法入門(佐々木教育出版・2015年)

◆著書22冊、70万部突破のロングセラー:◆井川治久の著書一覧◆(1985年~2016年)ホームページ:http://www.geocities.jp/tqhxy138・・・・・・・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
井川治久 いかわはるひさ

英語の偏差値は必ず上がる。「英文の仕組み」「暗記のコツ」を掴んで志望大学合格(1/3)

 「年代が変わっても受験英語の真髄は変わっていません。その肝心なポイントを理解し、効果的な学習方法で習得していけば、英語はグングン伸びます。1年間で偏差値30をあげた生徒も多数います」と力強く熱弁を振るう井川治久さん、彼は受験英語の講師とし...

井川治久プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

著書22冊・70万部突破の著者が、受験英語を親切に指導。

屋号 : 井川塾・受験英語学院
住所 : 東京都豊島区長崎3丁目4-19 [地図]
TEL : 03-3956-5010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3956-5010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井川治久(いかわはるひさ)

井川塾・受験英語学院

アクセスマップ

このプロへのみんなの声

先生に指導を頼んで、正解でした。第一志望合格に向かって、自分も休まずに、頑張れました。

井川先生の授業は、その生徒に合った無理のない計画表を作り...

K・K
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
延長授業の積み重ね7か月で、早稲田合格ラインに近づいてきた!
イメージ

2016年10月31日号:  早稲田大学・受験対策(週2回)クラス: 基礎を補うために、毎回、授業延長の積...

[ 2016年・井川治久先生・担当講座。 ]

難関大学受験をさせたい息子や娘が、あまり勉強しない!
イメージ

 うちの親は、いつも、怒っている! 【よくある高校生からの相談・受験勉強カウンセリング】:高校生 :...

[ 大学受験・親の悩み(相談) ]

【親子で見直す(その1)】 塾や予備校に、通うだけになっていませんか?
イメージ

 親子で、見直して、みよう! 塾や、予備校に、ただ通うだけになっていませんか?「受験英語」の学習は、...

[ ★親子で、話し合おう! ]

難関大学の英語長文が読める基礎完成への早道へ、お手伝いします!
イメージ

■早稲田大学に確実に合格する条件(コラム):前回のつづきです。 2015年の早大入試英語長文は、手ごわ...

[ 英語苦手の早稲田英語勉強法 ]

偏差値40台から、難関大学に受かる英文法のプロ学習。
イメージ

■難関大学受験に確実に成功する条件:前回のコラムでは、「早稲田大学、難関大学に合格するための英文法参考書...

[ 英語苦手の早稲田英語勉強法 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
すべて表示する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ