コラム

 公開日: 2011-03-23 

計画停電に伴う休業手当(賃金)の支払義務について


首都圏の1都8県で14日から計画停電が実施されていますが、実施の有無や時間帯、地域などが直前まで分からないなど、家庭生活はもちろん企業活動にも大きな混乱が生じています。

特に企業活動では停電により休業を余儀なくされた場合に、会社は従業員の休業手当(賃金)を支払わなくてはならないのかについて、経営者はもちろん従業員の皆さんにとっても大きな関心事であると思います。

法律的には、労働基準法第26条により、「使用者(会社)の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者(会社)は、休業期間中、当該労働者(従業員)に、その平均賃金の100の60以上の手当を支払わなければならない」と定められています。

これまで、電力不足のによる休業の場合には、「原則として使用者の責に帰すべき事由による休業に該当しないから休業手当を支払わなくとも違法ではない」という古い行政通達がありましたが、今回の計画停電での取扱について、厚生労働省から新たな通達が出されました。

詳しくは厚生労働省のサイトをご参照下さい。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/other/dl/110316a.pdf

今回の通達の要旨は、

1.計画停電の時間帯に事業場に電力が供給されないことを理由とする休業の場合、原則として休業手当の支払義務はない。
2.計画停電の時間帯以外の時間帯の休業の場合には原則として休業手当の支払義務がある。
3.計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて休業する場合の休業手当の支払義務の有無は、諸事情を総合的に勘案して判断する。

というものです。

したがって、「原則として、計画停電の実施時間帯の休業手当の支払義務はない」という考えが、行政(厚生労働省)の公式見解になります。

ただし、あくまで通達という行政が示した一つの法的見解ですので、紛争になった場合の後の司法の場において、その妥当性が担保されることまで保障するものではありません。

企業における具体的な運用にあたっては、厚生労働省の通達を基準にしつつも、個々の事情に応じて顧問弁護士などに相談しながら対応することをお勧めします。

この記事を書いたプロ

一途総合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 水嶋一途

東京都渋谷区神宮前2-5-4 SEIZAN外苑3階 [地図]
TEL:03-3470-3311

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京都港区南青山の弁護士 水嶋一途さん

事業再生から家事事件まで幅広く対応する弁護士(1/3)

 神宮前、外苑前駅から徒歩4分のところにある神宮外苑に至近の瀟洒なデザインビル。ここに弁護士の水嶋一途さんの構える一途総合法律事務所があります。 もともと法律に特に興味があったわけでもなく、大学も政治経済学部出身という水嶋さん。就職先も「...

水嶋一途プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

事務所名 : 一途総合法律事務所
住所 : 東京都渋谷区神宮前2-5-4 SEIZAN外苑3階 [地図]
TEL : 03-3470-3311

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3470-3311

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水嶋一途(みずしまかずみち)

一途総合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
お陰様で5周年を迎えることができました

皆さん、こんにちは。弁護士の水嶋です。新緑の息吹を感じる良い季節になってきましたね。5年前の今日5月1日は...

東北地方太平洋沖地震のお見舞

3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」につきまして、被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ