コラム

 公開日: 2017-02-22 

自己決定の支援

今、障害福祉サービス等の提供に係る意思決定支援ガイドライン案へのパブリックコメントを募集しています。
今日は自己決定支援について少し書いてみようと思います。

当然、誰だって自分の人生の選択について、重要なものでもそうでなさそうなものでも「こうしたい」という意思はあるものです。
それこそ自分の病気の手術についての同意もあれば、このメニューの料理を食べたいということも「選択」であります。

一方、意思決定に関してはそれぞれの障がいの特性に応じて多種多様な課題があります。
抽象的な概念を理解するのが難しく、そもそも判断の前提になる情報が理解できないという場合もあります。
判断するために意識を集中しなければいけないことが難しい場合もあります。
判断はできるけども、表現で課題があるという場合もあるでしょう。

後見人の仕事を引き受ける場合でも、ご自身の意思を反映させられるものはさせる方向で業務を行います。
その場合、障がいや疾患により意思決定が難しい場合でも高齢のために難しい場合でも、何が意思決定の課題なのか特性から考えてみる必要があるかと思います。

後見人って「意思能力が失われているのが常」の人をサポートするんでしょ?とお思いの方もおられるかもしれないですけども、被後見人と一言で言っても幅がかなりあります。
短期記憶を必要としないような日常会話ならつつがなくできる人もいれば、何を話しかけても答えが返ってこない、意識がないという人もいるわけです。
だから被後見人=自己決定できない人とは一括りにはしません。

一方で、ご本人の身体や生命を守るためにたとえご本人の自己決定であっても制限されるということは考えられます。
虐待事案で加害者のもとに戻るかどうかということについて、場合によっては制限されることもあるでしょう。
子どもの医療に関する自己決定と似たような問題があるんですよね。

この記事を書いたプロ

ハミングバード法律事務所 [ホームページ]

弁護士 白木麗弥

東京都江東区常盤1-16-8 [地図]
TEL:03-6659-9008

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
女性弁護士 白木麗弥さん

“人生の一大事”を共に乗り越えよう(1/3)

  「弁護士というと近寄りがたいように思われがち。一方で普通に社会生活を営んでいる人が弁護士を必要とする状況は、人生の一大事であることがほとんどです。そんな時に身近な相談相手として問題を解決できる存在が、私の目指すべき弁護士としての方向性だ...

白木麗弥プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

会社名 : ハミングバード法律事務所
住所 : 東京都江東区常盤1-16-8 [地図]
TEL : 03-6659-9008

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6659-9008

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

白木麗弥(しらきれみ)

ハミングバード法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
触法障害者問題
イメージ

皆さんは御存知でしょうか。万引き犯の事件数は少年よりも高齢者のほうが多いということを。そして、食うに...

[ 生活トラブル ]

虹の色には境界線はない
イメージ

「ねえ、聞いてくれる?」「どしたん?」「もうかれこれ相方と20年一緒にいるのよ」「そういえばそうだね...

[ 暮らしの法律問題 ]

春の足音
イメージ

香りのあるお花はフッと存在を教えてくれますね。沈丁花が咲くともうすぐ春だなという実感がわきます。あっという...

[ 暮らしの法律問題 ]

自殺という問題について

『こころといのちの法律相談』に今度アドバイザーとして入ることになりました。若い人も含め、自殺は後を絶ちま...

[ 女性弁護士 ]

企業活動と人権

企業法務に携わるビジネスロイヤーは人権問題はプロボノ活動の範囲で、人権派(?)弁護士はあまり企業法務には...

[ 女性弁護士 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ