コラム

 公開日: 2015-02-06 

ビジネスサイコパス

精神病質(せいしんびょうしつ、英:Psychopathy、サイコパシー)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使わており、その精神病質者を英語でサイコパス(Psychopath)と呼ぶそうであるが、サイコパス研究で有名なケビン・ダットンが行った大規模な調査によれば、サイコパスが多い職業の第1位は、会社社長ということである。

日頃多くの労働問題の対応をしていると、確かに頷ける部分が多々あるように思う。
弊所の顧問先企業の社長は皆、気にし過ぎなくらい労務管理に気を使っているので、全ての顧問先企業がホワイト企業であるから、サイコパスな社長は喜ばしいことにひとりもいないが、昨今のブラック企業の社長さんたちはサイコパスな人々が多いと言えるのかもしれない。

 サイコパスな人々の特徴は以下のようなものだそうである。
従業員に過重な労働を強いたうえに、使い捨てにするブラック企業の社長さんたちの特徴と妙に一致するようにみえる。

・先を見ることができない
・今以下のことしか考えられない
・目先のことしか考えられない
・協調性がない
・うぬぼれが強い
・ちょっとしたことですぐキレる
・人を利用して勝ち上がる
・自分の事しか考えない
・人の話をきかない
・全部自分が正しい、絶対自分が悪いと認めない
・自分より立場の低い人に説教(いじめ)して、潰しにかかる

 職場におけるこのような素養を持った人々を「ビジネスサイコパス」と命名してもいいように思う。
サイコパス社長から能力があり真面目に働いている従業員を守ること、サイコパス従業員からホワイト企業の社長を守ること、活気ある健全な職場を実現していくためには、本当に重要なことである。
労働環境適正化業務にさらに力を注いでいきたいと思う。

この記事を書いたプロ

ヒューマンサポート社労士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 松本健一

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル621号 [地図]
TEL:03-5501-0070

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

61
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中小企業の労務トラブルの解決の専門家、ヒューマンサポート社労士事務所の特定社会保険労務士、松本健一)さん

企業と従業員がともに発展できる労使共栄の会社づくりをサポート(1/3)

JR新橋駅から徒歩約1分の場所にある「ヒューマンサポート社労士事務所」。代表の松本健一さんは、中小企業の労務問題に精通した特定社会保険労務士です。これまで数多くの労務トラブルを解決に導いてきた松本さんのモットーは「労使共栄」。労働者と使用者...

松本健一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「労使共栄」をモットーに、労働環境の適正化を目指す

事務所名 : ヒューマンサポート社労士事務所
住所 : 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル621号 [地図]
TEL : 03-5501-0070

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5501-0070

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松本健一(まつもとけんいち)

ヒューマンサポート社労士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
欲望中心の現代労使関係への提言

初めに断っておくが、弊所は共産主義を推奨している訳ではない。ただ自己の利益ばかりを追い求め、過度な自己主張...

ニュー新橋ビル

「ニュー新橋ビル」ご存知の方も多いと思うが、新橋駅前のSL広場横にある商業ビルである。 弊所は、このビルの7...

残業代ゼロ法案

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

ブラック企業とブラック社員

 安部首相が、指導対象になった時点で、ブラック企業については、行政指導に従ったかどうかに関係なく、その企業...

パートタイム労働法改正

パートタイム労働法改正 平成27年4月1日に改正パートタイム労働法が施行されるが、この改正が、優秀なパート...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ