コラム

 公開日: 2016-05-24  最終更新日: 2016-06-18

住まい お気に入りの家具 インテリア

お客さまのお住まいに伺いますと、ステキな家具を拝見することがあります。
お話を伺うと、お客様と家具の出会いには何かしら小さな物語があります。そういった家具は住まいの中で、しっかり存在感を出しています。その家具のイメージからインテリアをプランすることもあります。

以前、施主様よりインテリアに合う家具選びを依頼されました。アンティークな家具を探して、家具店を歩きまわりました。いろいろ見ましたが、輸入家具に絞られました。輸入家具は一点ものが多く、見つけた時に買わないと機会を失うことがあります。

家具の出来具合、形のバランス、細部の作り、細工の良し悪しをチェックします。本物のアンティークもあれば、加工で古く見せているものもあります。写真に撮り施主様に確認していただいた後に、購入しました。

部屋に合わせて家具を作ることもあります。サイズも自由にでき、材質、仕上げも選べます。既成の家具で気に入ったものが無いときは、用途に合わせて作ってみてはいかがでしょうか。収納家具、テーブル、カウンターなど用途はいろいろです。

塗装もエイジング塗装、古い質感を出す塗装もできます。また、材料に古材を使うこともあります。家具だけでなく窓枠、カウンターなど、合わせてエイジング塗装するとイメージがまとまります。



下の写真は書斎に合わせて作った家具です。引き出しの数、深さ、本棚のサイズを決めて作りました。塗装仕上げですが、質感を出すために重ね塗りをしています。



ホームページ  http://www.houseplan.ne.jp

この記事を書いたプロ

株式会社ハウスプラン [ホームページ]

建築家 宮内博

東京都板橋区西台3-53-16 [地図]
TEL:03-6906-7634

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
リフォームスタイル 
gailan

ヨーロッパの街角をイメージして作りました。パリに行った時、モンマルトルの裏道でキレイな小さな家を見つけました。その家のイメージを重ねてプランしま...

 
このプロの紹介記事
株式会社ハウスプランの宮内博さん

快適な暮らし、品のある人生を実現するリフォームのデザイン(1/3)

 大胆で個性的なリフォームが好評な、株式会社ハウスプラン代表取締役の宮内博さん。長年勤めていた不動産会社を退職してからは、既成の概念にとらわれない自由な発想で家をデザインしています。「お客さまから要望や予算を聞いた後、『こういうプランもあり...

宮内博プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

大胆で個性的な発想とデザインで、家を美しく快適にリフォーム

会社名 : 株式会社ハウスプラン
住所 : 東京都板橋区西台3-53-16 [地図]
TEL : 03-6906-7634

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6906-7634

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮内博(みやうちひろし)

株式会社ハウスプラン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
築35年の鉄骨造3階建てのリノベーションリフォーム
イメージ

 リフォーム前 建築後35年が過ぎた建物です。もともと2、3階はアパート、1階が自宅でした。過去のリフォーム...

[ リフォーム工事 ]

子供部屋プランの解答
イメージ

 子供部屋のご相談 大きくなったお子さんのため、子供部屋を作りたいとご相談をいただきました。家の中で使...

[ リフォーム工事 ]

小さなお客さま 子供部屋への思い
イメージ

 小さなお客さま  お客様の家に伺い、打ち合わせを重ねていきますと、お子さん達と話す機会があります。小さ...

[ リフォーム工事 ]

家の広さ 必要な空間スペース
イメージ

 家の広さ ご相談を受け、お客様のお住まいに伺い、多くの建物を拝見してきました。建物の面積も色々です。...

[ リフォーム工事 ]

建築現場の立ち話  よもやま話  語りかけ
イメージ

現場が仕上がってきますと、外にいる機会が増えてきます。通りすがりの人、ご近所様から話しかけられます。と...

[ リフォーム工事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ