コラム

 公開日: 2015-10-07  最終更新日: 2015-10-08

長屋のリフォーム 切り離し タイミング

長屋のリフォーム依頼を受け、隣家の方も含めて相談させていただきました。
工事のプラン、工期、工事中の騒音、埃、破損した場合の処置等をご説明します。

長屋は古い建物が多く、耐震補強も長屋全体で補強する必要があるため、実現しません。その他、屋根の葺き替え、外壁の張替え工事も自宅部分に限った工事になるので境界部分の処理に注意が必要です。

長屋は間口に対して奥行きがあるので、日当り、通風が悪く、また隣家との遮音にも問題があります。床下を調べますと、基礎のひび割れ、部分沈下、省略した基礎などが見られます。




長屋の切り離しを、隣家と相談した事が有ります。隣家が空き家で傷みがひどく、切り離してリフォームをする計画でした。話し合いの結果、切り離しは認められず、リフォーム工事をしました。切り離しは構造的に長屋が弱くなるとゆう理由でした。しかし、リフォーム工事は切り離しを前提として、構造補強をし施工しました。

長屋の環境も年月が経ちますと変わってきます。住む人が無く空き家になり、修理せず傷みが進む場合も有ります。また土地の売却のための切り離しの話が逆に隣家から出る場合も有ります。だんだんと空き家が増える場合も有ります。長屋の場合は全体の事情に左右されます。変化に対する準備も考えておく必要があり、また変化にタイミングを合わせて交渉、リフォーム、切り離しをすると話が進みやすくなります。

ホームページ     http://www.houseplan.ne.jp

この記事を書いたプロ

株式会社ハウスプラン [ホームページ]

建築家 宮内博

東京都板橋区西台3-53-16 [地図]
TEL:03-6906-7634

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
リフォームスタイル 
gailan

ヨーロッパの街角をイメージして作りました。パリに行った時、モンマルトルの裏道でキレイな小さな家を見つけました。その家のイメージを重ねてプランしま...

 
このプロの紹介記事
株式会社ハウスプランの宮内博さん

快適な暮らし、品のある人生を実現するリフォームのデザイン(1/3)

 大胆で個性的なリフォームが好評な、株式会社ハウスプラン代表取締役の宮内博さん。長年勤めていた不動産会社を退職してからは、既成の概念にとらわれない自由な発想で家をデザインしています。「お客さまから要望や予算を聞いた後、『こういうプランもあり...

宮内博プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

大胆で個性的な発想とデザインで、家を美しく快適にリフォーム

会社名 : 株式会社ハウスプラン
住所 : 東京都板橋区西台3-53-16 [地図]
TEL : 03-6906-7634

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6906-7634

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮内博(みやうちひろし)

株式会社ハウスプラン

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
築35年の鉄骨造3階建てのリノベーションリフォーム
イメージ

 リフォーム前 建築後35年が過ぎた建物です。もともと2、3階はアパート、1階が自宅でした。過去のリフォーム...

[ リフォーム工事 ]

子供部屋プランの解答
イメージ

 子供部屋のご相談 大きくなったお子さんのため、子供部屋を作りたいとご相談をいただきました。家の中で使...

[ リフォーム工事 ]

小さなお客さま 子供部屋への思い
イメージ

 小さなお客さま  お客様の家に伺い、打ち合わせを重ねていきますと、お子さん達と話す機会があります。小さ...

[ リフォーム工事 ]

家の広さ 必要な空間スペース
イメージ

 家の広さ ご相談を受け、お客様のお住まいに伺い、多くの建物を拝見してきました。建物の面積も色々です。...

[ リフォーム工事 ]

建築現場の立ち話  よもやま話  語りかけ
イメージ

現場が仕上がってきますと、外にいる機会が増えてきます。通りすがりの人、ご近所様から話しかけられます。と...

[ リフォーム工事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ