コラム

 公開日: 2016-10-06  最終更新日: 2016-10-13

リーダーが担うリーダーシップ その役割

組織の発展と存続にリーダーシップは欠かすことができないスキルのひとつです。しかし、リーダーに昇進する前にきちんとしたリーダーシップ教育もないままリーダー職をしなければならない、という環境も多いのが現状です。「チームをどのように牽引すればいいのか?」「結果を出すためにリーダーはどうあるべきか?」など、昇進後の重責を感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は、リーダーシップを担ううえで、リーダーに求められる役割についてお話しします。

適切な状況判断ができる、オブザーバーとしての役割

リーダーに求められる役割というのはどのようなものでしょうか?

たとえば、チームが道に迷った時、トラブルに見舞われた時、現場の混乱や興奮の中、状況を冷静に見極める観察力が求められます。
さらには、壁に直面してもみんなで乗り越えようとする協調性、迂回法や突破法をとことん考える論理性と積極性、名案を思いつく想像力なども役立つでしょう。

これらは、前回コラム「リーダーシップとモチベーションの関係性」でご紹介した、ルミナ心理学4つの思考それぞれの特性でもあります。

そしてこれらの役割を、全て一人でこなす必要はないのです。周囲をよく見まわして、それぞれの特性を持つ人を集め、一緒に最善の方向性を語れるリーダーであればよいのです。リーダーは自分と人の思考特性、得意分野を把握し、緊急事態にあってこそ、適切な役割を与えられる立場にいるのです。

的確な意思決定で組織を整える役割

考え方の道筋を示すのは大切なことです。反対する人や、異なる意見を持つ人の納得を得ながら目標達成に向けて業務を実行するのは、簡単ではなく、頭を悩ませるところでしょう。

リーダーのあなたが決断を下すべき時も多々あるでしょう。決断の下し方も人それぞれ心理的な特性があります。

例えば、
直感で決断を下すタイプ
周りの意見から決断を導くタイプ
論理的に決断するタイプ
データや根拠から決断を見つけるタイプ
など、決断にもその人自身の思考の癖が反映されることが多いのです。

これまであなたを成功に導いた決断は、どんな風に行いましたか?自分にとって一番納得できる決断方法がわかっていれば、迷った時でも信念を持った決断ができるようになるでしょう。

そして決断することと同じくらい大事なことは、周囲の同意を得ることでしょう。そのためには、反対する人や、異なる意見を持つ人から、あなたの決断がどう見えるかを理解し、相手の思考に響く言葉や接し方で、同意を得ていくことが重要です。

冷静にチームを見渡して状況を把握し、決断の意図や目的をわかりやすく伝え、方向性をきちんと示していくこともリーダーの役割と言えるでしょう。

一緒に目標に向かうための指針としての役割

リーダーとは、そのあとに従うものがいる人のことです。
そして自分の個性・強みを発揮し、活き活きと働いているリーダーは人を惹きつけます。まずは自分を知り、やる気が上がる得意なことをチームのために役立てることから始めてみてください。

次に、自分だけでなく相手の思考も理解し、信頼を築く接し方も重要です。相手の思考を尊重した接し方ができると、相手との距離が縮まり話しやすくなります。

人の思考と接し方を理解するには、ビジネス心理学をベースにした心理分析ツール「ルミナ」が役立ちます。ルミナでは、人間のやる気や価値観を4タイプに分類し、それぞれが好む思考と行動を明文化しています。その4つの思考の特徴と、それぞれと信頼を築く接し方の一例をご紹介します。

「協調性の緑」の思考
受容力、共感性、協力的など、みんなと仲良く穏やかな関係を大事にしたい思考。この思考が強い人との会話では、いきなり本題から話を始めると「人間味や思いやりが足りない」と感じ気持ちが下がることがあります。まず世間話や、相手の気持ちや環境を気遣う穏やかな会話から始めると安心感が増します。

「積極性の赤」の思考
目的、主導力、論理的など、結果を出すための合理的かつ積極的姿勢を大事に考えます。この思考が強い人との会話では、本題や結論から入り、目的・締め切りを明確に伝えるテンポの良い会話を心がけると良いでしょう。

「感性の黄色」の思考
想像力、革新的、即時的など、魅力的ビジョンを掲げてみんなで楽しく自由に進むのを好みます。この思考が強い人との会話では、全体像を図や写真で説明するなど、会話の趣旨をイメージできるものを最初に見せると話が早いでしょう。逆に順序立てて時系列で背景を長々と説明したり、数値や文字だけで話をされると、やる気が下がってしまうのがこの思考です。

「理性の青」の思考
事実や根拠、慎重さ、実現性、信頼性を大事に考えます。この思考が強い人との会話では、なるべく筋道を立てて、背景、理論、期待する完成形などの情報を(できたら事前にデータで)渡しましょう。「きれいに・かっこよく」などの抽象的な依頼や「適当に」という依頼は、やる気を下げてしまうので気を付けましょう。

人は4つすべての思考を使い分けていますが、使い方には強弱が出てきます。発言や行動をよく観察することで、相手の強い思考の1番目と2番目を考えてみましょう。会話を始める時に、まず相手の思考を尊重し、響く言葉から始めると、距離が縮まります。その後に、自分の意見と真意を伝えましょう。オープンな関係は、あなた自身のオープンな姿勢から始めることができます。

リーダーシップは地位や権限ではなく、役割であり、行動であり、責任である、と考えてみましょう。つまり「自分の得意を活かしてリーダーのどの役割をどのように果たし、何に責任を持つのか」を明確にし、行動に移すことがリーダーシップの本質であり、一人ひとり違う正解があるのです。

あなたを活かすリーダーシップは、あなたの人間性・個性・強みをベースに高めるものです。そして誰でも訓練次第で身につけることができます。
ひとひとClubでは、あなたの人間力を高めるリーダーシップ講座を提供しています。人と自分を活かすリーダーシップに興味のある方は、是非お問い合わせください。

前回コラム「リーダーシップとモチベーションの関係性」

・・・人間力を高めるリーダーシップ講座の一覧・・・
◆人を惹きつけるリーダーとは! 人間力を高める【リーダーシップ入門講座】
◆総合的な人間力を高めるリーダーシップ【実践講座】(全5回)

この記事を書いたプロ

ひとひとClub [ホームページ]

人材コーディネーター 高木久美

東京都中央区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高木久美 たかぎくみ

自分も相手も活かせる対話力、リーダーに必要な「人間力」を高める講座(1/3)

「人は多様だから相手との差異を受け入れましょうとよく提唱されています。まさにその通りだと思います。しかし実際には『相手に合わせ、流す』か『戦う』という選択肢が多く取られていると感じます。こうした対応は心を疲弊させ、信頼関係を築けない危険性が...

高木久美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自他を活かすリーダースタイルを見つけ信頼を築くリーダーを育成

会社名 : ひとひとClub
住所 : 東京都中央区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

高木久美(たかぎくみ)

ひとひとClub

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
vol1-リーダーシップ理論におけるリーダーシップの定義とは?

リーダーシップとは、生まれついての才能ではなく、教育や訓練によって身に付けることが可能な能力です。大人にな...

[ リーダシップの知識 ]

vol2-あなたの中に眠るリーダーの資質とは

世の中には、「リーダーシップがうまく発揮できていない」リーダーが少なからず存在します。仕事ができ、素養を認...

[ リーダシップの知識 ]

vol3-ルミナ心理学を使ったリーダーシップの育成

「ひとひとCLUB」では『【人間力を高める】リーダーシップ実践講座』を開催しています。この人についていきたいと...

[ リーダシップの知識 ]

リーダーが解決したい悩みTOP3

書店に行けば、ビジネス書籍のコーナーに、リーダーシップに関する本がたくさん並んでいます。部下の育成に知...

[ リーダーシップ実践編 ]

リーダーに必要な「伝わる褒め方」とは

人は一生懸命頑張ったことこそ、「褒めてほしい」「認めてほしい」と思います。あなた自身も子供の頃、純粋に...

[ リーダーシップ実践編 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ