コラム

 公開日: 2016-09-20  最終更新日: 2016-10-13

リーダーシップ理論における「条件適合理論」とは

1960年代、リーダーシップ理論は第三段階を迎えます。第一段階の特性理論、第二段階の行動理論とは一線を画す理論として、全てに適応できる最強のリーダーシップ・管理法は存在せず、環境や状況に応じた適応性が成功へつながるという考え方、「条件適合理論」が登場します。

フィドラーのリーダーシップ理論とは?

置かれている職場環境により求められるリーダーシップも異なるはず、という発想は「条件適合理論」以降のことです。

中でもフィドラーが提唱した「コンティエージェンシー理論」は、リーダーとしての資質を問うのではなく、組織の状況に応じて柔軟に役割を変える必要がある、と考えたモデルです。

最強のリーダーについて論ずるよりも、状況に合うリーダーシップ論を適用しようという、適材適所に近い考え方です。

リーダーシップにおける条件を見直す調査方法

フィドラーは、リーダーにも人間関係上の好き嫌いがあるとし、その感情をストレートに表に出すタイプか、寛大に扱えるタイプかで分類しました。

嫌な同僚とも上手くやることを重視するなら「人間関係志向型」。嫌な同僚と上手くやれなくても仕事ができていれば良いと割り切るのは「職務志向型」。リーダーを2つのタイプで表しました。

あなたの職場でも、仲良くすることにこだわらず職務に集中する人もいれば、相手に悟られないよう我慢しながら良好な関係を維持しようとする人もいるのではないでしょうか。

この研究で興味深いのは、どちらが良い悪いという評価をせず、状況に応じてそれぞれの効果を検証した点です。

検証では、「周りに支持されているリーダーかどうか」、「仕事や課題が構造化され明確になっているかどうか」、「大きな権限を持つリーダーかどうか」、という3つの状況基準を設定し、リーダータイプとの組み合わせで効果を調査しました。

絶対的なリーダースタイルは存在しない

調査により見えてきたのは、状況に応じて効果的なリーダーシップが違う、ということです。

第一に、3つの状況がリーダーに優位な場合は、職務志向のリーダーが業績を上げています。
第二に、3つの状況がリーダーにとって劣勢の場合も、職務志向のリーダーが業績を上げているという点です。
第三に、3つの状況がリーダーにとって良くも悪くもない場合には、人間関係志向のリーダーが業績を上げていました。

こうして、すべての状況に適応できる絶対的なリーダースタイルは存在しないという指摘がなされ、状況への適性さえ合えば誰もがリーダーとして良い結果を出せる可能性が示唆されるようになりました。

ほかにも「バス・ゴール理論」「エモーショナル・リーダーシップ」「変革リーダーシップ」などのさまざまなモデルが生まれ、条件適合理論は現在のリーダーシップの基礎的な考え方となっています。

「ダイバーシティの促進」など、多様性、個性が昔よりも重視される現代の職場では、適材適所の考え方はより重要になってきていると思います。
表面的に見えるものだけでなく、心理的な人と自分の特性を理解・尊重することが、一人ひとりを活かす第一歩だと思います。
その上で、それぞれの長所を生かせるチームは、高い充足感を感じて、目指す成果に一緒に邁進できるようになるでしょう。

そしてリーダーとして状況を正確に把握するためには、思い込みのフィルターを外すことも重要です。
あなた自身の可能性も、思い込みのフィルターを外し、新たな視点から見ることで大きく開いていきます。まずは、自分と人をきちんと知ることから、始めてみては?

前回コラム「リーダーシップ理論における「行動理論」とは」

・・・人間力を高めるリーダーシップ講座の一覧・・・
◆人を惹きつけるリーダーとは! 人間力を高める【リーダーシップ入門講座】
◆総合的な人間力を高めるリーダーシップ【実践講座】(全5回)

この記事を書いたプロ

ひとひとClub [ホームページ]

人材コーディネーター 高木久美

東京都中央区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高木久美 たかぎくみ

自分も相手も活かせる対話力、リーダーに必要な「人間力」を高める講座(1/3)

「人は多様だから相手との差異を受け入れましょうとよく提唱されています。まさにその通りだと思います。しかし実際には『相手に合わせ、流す』か『戦う』という選択肢が多く取られていると感じます。こうした対応は心を疲弊させ、信頼関係を築けない危険性が...

高木久美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自他を活かすリーダースタイルを見つけ信頼を築くリーダーを育成

会社名 : ひとひとClub
住所 : 東京都中央区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

高木久美(たかぎくみ)

ひとひとClub

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
vol1-リーダーシップ理論におけるリーダーシップの定義とは?

リーダーシップとは、生まれついての才能ではなく、教育や訓練によって身に付けることが可能な能力です。大人にな...

[ リーダシップの知識 ]

vol2-あなたの中に眠るリーダーの資質とは

世の中には、「リーダーシップがうまく発揮できていない」リーダーが少なからず存在します。仕事ができ、素養を認...

[ リーダシップの知識 ]

vol3-ルミナ心理学を使ったリーダーシップの育成

「ひとひとCLUB」では『【人間力を高める】リーダーシップ実践講座』を開催しています。この人についていきたいと...

[ リーダシップの知識 ]

リーダーは、どんな言葉を部下にかければよいのか

これまで、リーダーシップの発揮に必要な資質や在り方、行動について、何度かお話してきました。今回は、日常...

[ リーダーシップ実践編 ]

リーダーが解決したい悩みTOP3

書店に行けば、ビジネス書籍のコーナーに、リーダーシップに関する本がたくさん並んでいます。部下の育成に知...

[ リーダーシップ実践編 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ