コラム

 公開日: 2016-05-23  最終更新日: 2016-10-13

リーダーシップにおける対人力とは?

職場や学校、サークルや社会活動において、私たちは人と関わり合いながら暮らしています。人間関係がスムーズに運んでいるとストレスが少なく、悩みとストレスの原因の多くは人間関係に起因していると言われています。実際、「職場でのストレス原因」の1位は大抵「人間関係」となっています(数年前に私が調べた時も、現在も「人間関係」がトップでした)。

接する相手の数だけ、悩み事は増えてしまう?と考えると、「なるべく人と接しないようにしよう」「相性が良い人とだけ付き合おう」という選択肢も出てくるかもしれません。私も20代の頃はそう思った時期があります。しかしリーダー、マネージャーとなり人と接することも仕事の一部になると、残念ながらそれは難しくなります。リーダーとして気持ち良く人と関わるには、どんな対人力があると良いのか、今回はそのお話をしていきます 。

そもそも対人力とは?

対人力とは、さまざまな人と信頼関係を築いたり、良い影響を与えられる力です。人をコントロールしよう!というものではありません。対人力が高い状態では、相手が置かれている状況や性格の特徴を読み取り、相手に響く伝え方ができます。

これは、ただひたすら明るく朗らかに、無理して相手に合わせるということでもありません。どんな環境でも、自分の主張を的確にタイミングよく伝えることができる自分の軸は重要です。なぜなら、自分を隠したり偽っていると、あなた自身のやる気や自信が下がったり、相手にもなんとなく「本心を隠している」ことが伝わり信頼を築くことが難しくなるからです。ひとひとClubが提供するリーダーシップ講座でも、傾聴で人の話を聞き、感じた「相手の本意」をフィードバックする、という演習を行うのですが、1分間話しただけで、「え?なんでわかったの?バレた!」というフィードバックが初対面の相手から返ってくることがよくあります。自分が思う以上に相手は色々な情報を感じ取っているのですね。だからこそ、「この人、心から言っていないな」と感じると聞き手も心を閉ざしたくなるのです。

信頼関係を築く近道は、まず相手の価値観に好奇心を持つことです。さらに言えば、自分から心を開いて接することです。人は「理解された」と感じると心に響きます。逆に、自分をコントロールしようとする人や、理解してくれない人には警戒心を抱き、信頼するのは難しいのです。
互いに心を閉ざした会話は疲れるし、内容の理解もスムーズに進みませんよね。

苦手な人や心を閉ざしている相手に、自分から心を開くのはとても難しいことです。しかし段々と相手の心も開き、互いの信頼関係を築けた時の嬉しさは言うまでもないでしょう。対人力とは、相手のためだけではなく、あなた自身も気持ちよくコミュニケーションできるための力です。

対人力の高いリーダーであるために

ビジネスシーンでリーダーは様々なタイプの人と接する必要があります。相性が良くすぐに話が通じる相手もいれば、どう努力してもうまくコミュニケーションできない人もいるでしょう。そしてうまくいかない相手こそ、対人力を高めるチャンスなのです(なかなかそう思うのは難しいかもしれませんが、発想の転換ができると自分自身が楽になります)。

ビジネス心理学「ルミナ」の思考タイプを知ると、なぜ相手がそんな態度をとるのか、背景にある相手の価値観を理解できるようになります。行動の理由がわかると少し気持ちも楽になります。
例えば、何度言っても同じミスをする部下がいるとします。するとリーダーは「なぜそうなんだろう?やる気がない?私への反抗?」のように悪意がある、もしくはやる気がないのでは、と感じる時があるかもしれません。しかし原因は、単にその人の思考タイプと違う依頼の仕方や、その人の価値観と合わないアウトプットを求めているためかもしれません。「仕事なんだから、思考とか価値観とか言ってないで、言われた通りにすべきだ」という声もあるかもしれません。しかし互いを理解し、信頼しながら仕事ができた方が、部下のやる気や自信につながり、結果的に成果の向上と、スムーズな人間関係につながるし、あなたの充実感もと思いませんか。

相手の思考の癖や価値観を理解したら、次にその思考に響く伝え方をします。すると、「理解してもらえた」という気持ちから相手は少し心を開き、あなたの話を聞く気になるでしょう。そこであなたの主張を率直に伝えることで、互いを尊重した楽な気持ちでの会話ができるようになっていきます。これは頭で考えるより、実際に体験しながら自分なりの「伝え方」を見つける方が早いです。

ひとひとCLUBが提供する『人間力を高めるリーダーシップ実践講座:対人力』では、ビジネス心理学ルミナの思考タイプをベースにそれぞれに響く伝え方を学び、ロールプレイで体感しながら、あなたらしく人と信頼を築く接し方を学びます。そして翌日から職場で「やってみたいこと」を持ち帰っていただきます。こここで大事なのは、「やらなくちゃ」ではなく「やってみたい」と思える対策を見つけること、そのモチベーションが行動力につながります。

そして実際にやってみると上手くいくことも失敗することもあります。しかし経験からの学びは、間違いなくあなたに新たな気づきを与え、リーダーとしての成長へとつながっていきます。 学びは、日常で使うことでこそ高まっていきます。

対人力は訓練次第で誰でも発揮できるようになる、あなたの中に眠っている力です。人生をより豊かに、仕事を楽しくするために、あなたの対人力そして人間力を高めませんか?

前回コラム「リーダーシップにおける自分力とは?」

・・・人間力を高めるリーダーシップ講座の一覧・・・
◆人を惹きつけるリーダーとは! 人間力を高める【リーダーシップ入門講座】
◆総合的な人間力を高めるリーダーシップ【実践講座】(全5回)

この記事を書いたプロ

ひとひとClub [ホームページ]

人材コーディネーター 高木久美

東京都中央区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高木久美 たかぎくみ

自分も相手も活かせる対話力、リーダーに必要な「人間力」を高める講座(1/3)

「人は多様だから相手との差異を受け入れましょうとよく提唱されています。まさにその通りだと思います。しかし実際には『相手に合わせ、流す』か『戦う』という選択肢が多く取られていると感じます。こうした対応は心を疲弊させ、信頼関係を築けない危険性が...

高木久美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自他を活かすリーダースタイルを見つけ信頼を築くリーダーを育成

会社名 : ひとひとClub
住所 : 東京都中央区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

高木久美(たかぎくみ)

ひとひとClub

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
vol1-リーダーシップ理論におけるリーダーシップの定義とは?

リーダーシップとは、生まれついての才能ではなく、教育や訓練によって身に付けることが可能な能力です。大人にな...

[ リーダシップの知識 ]

vol2-あなたの中に眠るリーダーの資質とは

世の中には、「リーダーシップがうまく発揮できていない」リーダーが少なからず存在します。仕事ができ、素養を認...

[ リーダシップの知識 ]

vol3-ルミナ心理学を使ったリーダーシップの育成

「ひとひとCLUB」では『【人間力を高める】リーダーシップ実践講座』を開催しています。この人についていきたいと...

[ リーダシップの知識 ]

リーダーが解決したい悩みTOP3

書店に行けば、ビジネス書籍のコーナーに、リーダーシップに関する本がたくさん並んでいます。部下の育成に知...

[ リーダーシップ実践編 ]

リーダーに必要な「伝わる褒め方」とは

人は一生懸命頑張ったことこそ、「褒めてほしい」「認めてほしい」と思います。あなた自身も子供の頃、純粋に...

[ リーダーシップ実践編 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ