コラム

 公開日: 2016-04-15  最終更新日: 2016-10-13

vol2-あなたの中に眠るリーダーの資質とは

世の中には、「リーダーシップがうまく発揮できていない」リーダーが少なからず存在します。仕事ができ、素養を認められたからこそ、リーダーに抜擢されたのでしょうが、「名選手、名監督にあらず」という言葉が示すように、能力的に優れた人が、リーダーとして力を発揮するとは限らないのです。良いリーダーとは、「この人について行きたい」「この人のためにひと肌脱ごう」とメンバーに思わせる、資質を発揮できている人といえます。

リーダーに大切なのはマイナスをプラスに捉える思考

仕事ができる人ほど、周りの人の出来ない部分が見えてしまうものです。「どうしてこの人はできないのだろう?やる気がないのだろうか。」と。また、自分と違う基準や価値観で仕事をする人には、「どうしてこんなことをするのだろう?」と、思わず批判的に捉えてしまうかもしれません。

そういう目で周りを見ているリーダーに、人はついていきたいと思うでしょうか?
「この人は使えない」「皆の足を引っ張る」と思った時点で、信頼関係に壁ができます。
人は、自分のことを認めてくれない人を信頼することはできません。

チームメンバーの特性を理解し、長所を生かしながら、一緒に目標達成に向かうことができるリーダーは魅力的です。自分の「こうあるべき」というものさしより、「この人の活かすべき点は何か」を考え行動することが、人を活かし信頼を築くリーダーへの第一歩と言えるでしょう。

大切なのは、自分も含め人のマイナス面を見ることではなく、その人の持つ良いところ、プラス面を見つけて、「その部分を心から認める」思考です。結果を追い続けるビジネスでこれを実践するのは簡単なことではありません。しかし誰しも良い点を持っていて、それを認められるとやる気が上がり伸びていきます。「認める思考」にあなたが挑戦することで、着実にリーダーとしての器は広がり、信頼は増していくでしょう。

リーダーよりも優れたメンバーがいてもいい

「ひとひとCLUB」が提供する『自己理解力と対人力という総合的な【人間力を高める】リーダーシップ実践講座』には、部下を引っ張ることができず悩んでいるリーダーもいらっしゃいます。コラム『リーダーシップ理論におけるリーダーシップの定義とは?でお伝えしたサーバントリーダーシップの解説にもあったように、「人の上に立って、ぐいぐい引っ張っていくのが苦手」という人でも、良いリーダーになれます。

メンバーに自分よりも年上で経験値が上の人や、自分よりも行動力やスキルの高い人がいる場合もあるでしょう。リーダーの役目はプロジェクトを成功に導くことです。リーダーとしての立場や指導することにとらわれず、率直にメンバーに意見を求める、相談する、それぞれの得意分野に頼ることで、メンバーが安心して生き生きと働ける場を作ることができます。

リーダーだからといって虚勢を張り、上からモノを言うようでは反感を買うだけです。
かといって自分を押し殺し、ただ相手に合わせるだけでは信頼関係を築くことはできません。
等身大の自分をリーダー自らが見せることで、メンバーも安心して発言でき、認めあう信頼感が生まれ、ひいてはチーム全体の生産性向上につながっていきます。

リーダーはチャンスを与え続ける人

リーダーはメンバーにチャンスを与え続ける人です。その時、誰にどんなチャンスを与えるかという選択が重要です。メンバーの適性を理解し、信じて、任せる。そして、全責任を負うことができるか。このことがリーダーとしての信頼に大きく関わってきます。
自分を認め必要としてくれるリーダー、責任を引き受けてくれるリーダーに、人はついて行きたいと思います。リーダーの資質とは、人間としての器、あるいは人間力と言い換えることができます。

器が大きい人になるためには、リーダー自身の成長、自分を理解し活かす力が必要なことは言うまでもありません。自分はどういうリーダーになるべきか、答えはあなたの中にあります。

おすすめコラム「リーダーが担うリーダーシップ その役割」

・・・人間力を高めるリーダーシップ講座の一覧・・・
◆人を惹きつけるリーダーとは! 人間力を高める【リーダーシップ入門講座】
◆総合的な人間力を高めるリーダーシップ【実践講座】(全5回)

この記事を書いたプロ

ひとひとClub [ホームページ]

人材コーディネーター 高木久美

東京都中央区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高木久美 たかぎくみ

自分も相手も活かせる対話力、リーダーに必要な「人間力」を高める講座(1/3)

「人は多様だから相手との差異を受け入れましょうとよく提唱されています。まさにその通りだと思います。しかし実際には『相手に合わせ、流す』か『戦う』という選択肢が多く取られていると感じます。こうした対応は心を疲弊させ、信頼関係を築けない危険性が...

高木久美プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自他を活かすリーダースタイルを見つけ信頼を築くリーダーを育成

会社名 : ひとひとClub
住所 : 東京都中央区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

高木久美(たかぎくみ)

ひとひとClub

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
vol1-リーダーシップ理論におけるリーダーシップの定義とは?

リーダーシップとは、生まれついての才能ではなく、教育や訓練によって身に付けることが可能な能力です。大人にな...

[ リーダシップの知識 ]

vol3-ルミナ心理学を使ったリーダーシップの育成

「ひとひとCLUB」では『【人間力を高める】リーダーシップ実践講座』を開催しています。この人についていきたいと...

[ リーダシップの知識 ]

リーダーが解決したい悩みTOP3

書店に行けば、ビジネス書籍のコーナーに、リーダーシップに関する本がたくさん並んでいます。部下の育成に知...

[ リーダーシップ実践編 ]

リーダーに必要な「伝わる褒め方」とは

人は一生懸命頑張ったことこそ、「褒めてほしい」「認めてほしい」と思います。あなた自身も子供の頃、純粋に...

[ リーダーシップ実践編 ]

リーダーを成功に導く行動原則

チームを成功へと導くために、リーダーは何をすると良いでしょうか。先人たちの名言や、スポーツ界でチームを...

[ リーダーシップ実践編 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ