プロTOP:古川弘恵プロのご紹介

日本と英国のおもてなし術を通して、心の磨き方を伝えたい(2/3)

古川弘恵さん 仕事風景

英国式アフタヌーンティーからおもてなしを学ぶ

 古川さんは、夫の転勤に伴いイギリスとシンガポールに8年間駐在。イギリスでは、花、食、インテリア、マナーなどの生活文化を学びました。「英国式アフタヌーンティーから学ぶおもてなしメソッドレッスン」はその体験をベースにした実践形式の講座。貴婦人の社交の場として始まったアフタヌーンティーは、紅茶、礼儀作法、テーブルの花、食器、室内装飾、家具調度品などのセンスや知識が求められる場でした。アフタヌーンティーを学ぶことは、イギリス流のおもてなしを身に付けることといえます。

「ワークは花、お茶、コミュケーションに関して、和と洋の文化的な背景の違いをお伝えしながら行っています。例えば、「花」のレッスンにおいては、西洋の考え方のフラワーアレンジメントでは枯れた花=死と考えて間引きますが、わび・さびを重んじる生け花では枯れた花も“美”として秋の風情と捉えます。そんなお話をしながら、フラワーアレンジメントの基本、生け花の基本―――剣山への花の挿し方などを指導しています」
 
 講座終了後には、都内の一流ホテルでアフタヌーンティーを体験します。知っているようで知らない、アフタヌーンティーのマナーを伺いました。
「アフタヌーンティーのスタンドは3つの要素で構成され、下段のサンドイッチ、中段のスコーン、上段の焼き菓子(ケーキ)の順にいただきます。中段、上段へと食べ進めたら下の段には戻らず、皆と食べるペースを合せるのがマナーです。また、一説によるとスコーンは王室の戴冠式に由来するため、手で割るのがマナー。ナイフを入れるときは横から入れます。しかし、アフタヌーンティーは本来手でいただくものなので、肩ひじ張らずに楽しみながら味わってほしいですね」

<次ページへ続く>

【次ページ】 「hiroe style 幸せおもてなし塾」は経験の集大成

古川弘恵プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

日本とイギリスのおもてなし術を通して心の磨き方を伝えている

屋号 : サロン・ド・英華
住所 : 埼玉県三郷市 [地図]
TEL : 080-6678-0719

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-6678-0719

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古川弘恵(ふるかわひろえ)

サロン・ド・英華

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
英国式“おもてなし”アフタヌーンティーとは

イギリス発祥のアフタヌーンティーは、仲の良いお友達とともに紅茶とサンドウィッチやスコーン、ケーキ、ビスケッ...

[ 上品でエレガントな英国式”おもてなし” ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ