コラム

 公開日: 2016-06-25 

セラピストに向き不向きはあるのでしょうか?

こんにちは。フラワーフォトセラピー協会の内藤由貴子です。

長くこの業界におりますが「私はセラピストに向いていますか?」
という質問は、ありそうで意外に記憶がありません。

その代わり
「私って、セラピストとかカウンセラーに向いていますよね?だって…」
という半分、確認のような質問のほうが、圧倒的に多かった気がします。

他者に共感できる人?

では、セラピストに向いている人ってどんな人でしょうか?
 一般にすぐ納得していただけることには、
「他者に共感できる人」 
 と言えるでしょうか。

 それは、その通りです。
でも、それがすべてではなく、むしろ最低限、必要な条件という方が正しいです。
 それがなければ、いくらスキルが高くても、うまくいかないですよね。

  相手を理解することは、相手に思いやりや愛を与えることと同じですから。
 だから、共感を越えた理解に至ろうと努力することが大切ではないかしら。


《 自分自身の喜びの感覚に従って生きる ~ LOVEシリーズより》

自分に向き合うこと

 では、他にどんな人が向いていると思いますか?

 これは、私見ですが、
「自分に向き合う覚悟がある人」
 ではないでしょうか。

 セラピーを仕事にしていると、何故か自分の課題に似た人が
やってくると感じる人もいらっしゃいます。
 そして、結構、そういう話を聞きます。
 ところが、そのセラピストに、クライアントと同じ課題があるとして
過去にそのセラピストが、自分の課題に十分に取り組んでいなかった、とします。
 すると、似た課題を持ったクライアントが来てしまったら、何が起こるでしょうか?

 「投影」と言って、自分の課題を相手の中に見てしまいます。

 結果、セラピストは自分の中の向き合えていないことによって、クライアントに客観的対応することが困難になります。
 相手を否定的にみたり、本題から目をそらして、別のことでつじつま合わせたり…。
 その時、否定しているのは、他ならぬセラピスト自身であることに気づいていません。

 そうなると、お互いに不幸ですね・・・。
 だから、セラピーを学ぶ段階で、ある程度、自分に向き合う覚悟がないと。 完全に自分を癒しきれていなくても、自分に似た人に対応した時、
「あぁ、自分に似た人だな…」と気づけるくらいの余裕を持てるようなら、大丈夫です。

 このことは、自分に逃げなければいいので、才能の問題ではありません。
言い換えれば、成長のために、ちょっと痛い思いをするのは当たり前、くらいの感覚です。

 でも、案外そこを辛く感じて、挫折する人もいます。
 でも、後でまた書きますが、フラワーフォトセラピーなら、挫折しなくても済みそうですよ。

さて、、最初に書いた、

「私って、セラピストとかカウンセラーに向いていますよね?だって…」の
「だって…」の後に続く多いのは、

「私って、人から相談されることが多いんです」と言うことば。
 いつの間にかそういう風になっているなら、本当に相談しやすい空気をもっているのかもしれません。

 それは、確かにプラスかも。でもそんな人ばかりではありません。

 実は、相談されやすいように、無意識に自分が仕向けている人もいます。

 それは、人に頼ってもらうことで、自分が必要とされると嬉しいと感じるからです。
  つまり、自我が満足できるから。

 「でも、人のためになるなら、いいじゃない?」と思われたら、それは違います。
 こうした場合、相手は依存してくるケースが多いです。
それは無意識に依存させようとしているから、なんです。

 セラピーの目的は、その人が自立をすること。
だから、依存させては意味がありません。

 このことを理解できるかどうかは、やっぱり才能ではありません。
 花の写真を使うと、自分自身の感情は、おのずと表現されるし、
仮に人を依存させがちだったとしても、どんな感情からそれが起こっているのか、わかって解放してしまえます。

 つまり、自分に向き合う気持ちがあれば、そんなに辛い思いをしなくても、
ちゃんと自分を作れます。

 そして、以前より変われていく自分に気づけますよ。

 だから、向き不向きを問う前に、自分を成長させるセラピーの学びって、
やっぱり素晴らしいことだと思うのです。

 知らない自分に会える素晴らしい旅なんですもの。
 ご一緒に学びませんか?

◎ 直近の体験講座はこちら
【あなたのブロックの発見と解放を体験できる講座】

・7月 3(日) 13:30~15:30
・7月11(月) 19:00~21:00
・7月22(火) 10:30~12:30
◎ 参加費 3000円
(体験講座にご満足いただけない場合の返金保障あり)
お申込みフォーム
・フリーの体験セラピー(ご都合に応じて可能です)
 体験セラピー 5000円(資格講座を受講検討の場合に限ります)
お申込みフォーム
  会場 JR&南北線 駒込駅徒歩3分

【協会認定(初級) ケアアドバイザー養成講座】
[7月] 7月 2日(土)10:00~19:00 1day
     7月12日・19(火)10:00~15:002days
詳細・お申込みフォーム
資格の詳細はこちら

フラワーフォトセラピーを知っていただくためにオススメ!
※ メールセミナー7日間・無料受講の登録はこちら

この記事を書いたプロ

ハーツイーズ(一般社団法人 フラワーフォトセラピー協会) [ホームページ]

心理カウンセラー 内藤由貴子

東京都港区南青山2丁目2番15号  ウィン青山942 [地図]
TEL:03-6869-5434

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
あなたを映し出すオーラソーマのボトル

オーラソーマは、あなたがユメを持っているなら、それをかなえるために、あなたの潜在力を引き出し、自分のユメを生きられるよう、サポートします。 それは、110...

 
このプロの紹介記事
フラワーフォトセラピーとオーラソーマのセラピー、スクール「ハーツイーズ」代表の内藤由貴子さん

望む人生に踏み出すための変化をサポートする、セラピーとスクール(1/3)

 山手線、地下鉄南北線の駒込駅から徒歩約3分にあるハーツイーズ。フラワーフォトセラピーとオーラソーマ®のスクール、そしてカウンセリングを行っています。主宰の内藤由貴子さんは、フラワーフォトセラピー協会の代表理事として、また英国ASIACT認...

内藤由貴子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

フラワーフォトセラピー、オーラソーマのスペシャリスト

事務所名 : ハーツイーズ(一般社団法人 フラワーフォトセラピー協会)
住所 : 東京都港区南青山2丁目2番15号  ウィン青山942 [地図]
TEL : 03-6869-5434

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6869-5434

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤由貴子(ないとうゆきこ)

ハーツイーズ(一般社団法人 フラワーフォトセラピー協会)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
親が子にもっている愛の誤解
イメージ

こんにちは。内藤由貴子です。 愛の誤解について、何回か書きました。実は、この誤解、親子関係の愛にも同じ...

[ 愛を理解し、自分を知る ]

追いかけすぎて、愛を失うことを繰り返す・・・ 実は内面で急き立てる何かがあるのです
イメージ

こんにちは。内藤由貴子です。 6月にも愛にまつわる誤解について書きましたが、ちょっと復習です。  もし...

[ 愛を理解し、自分を知る ]

まず、相手を理解する余裕があれば…
イメージ

こんにちは。フラワーフォトセラピストの内藤由貴子です。前回の記事では 同じパターンを繰り返し、愛を失...

[ 愛を理解し、自分を知る ]

プラクティショナーの卵は3日間でここまでやるんです
イメージ

こんにちは。フラワーフォトセラピー協会の内藤由貴子です。 ただ今、フラワーフォトセラピー協会認定のプラ...

[ フラワーフォトセラピー協会認定講座 ]

今日はたくさんのお客さま、そして北海道から九州まで
イメージ

こんにちは!フラワーフォトセラピー協会の内藤由貴子です。 先日もこちらでお伝えしましたが 、 今日は、数...

[ ウェルカムデイ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ