コラム

 公開日: 2016-06-20 

親がつい、子どもを傷つけてしまう時の心理は、解決できます

こんにちは。フラワーフォトセラピー協会の内藤です

先日の北海道の男の子を置き去りにしたことが、虐待にあたるのか…
 という新聞などでの報道がありました。
この置き去りが虐待かどうかは、ここに書く場ではないので、触れません。

 でも、親はなぜ、虐待ならずとも、つい子どもを傷つけるようなことをしてしまうのか、少し考えてみましょう。
 傷つける機会は、体罰だけでなく、言葉による場合もあります。

  最近、私の前を歩く親子の会話です。子どもは小学校2年生くらい、母親も30代後半だったと思います。

 「なんでドリルをやってないの!!!」と路上にもかかわらず、大声で怒鳴り
そのたびに、子どもは「やったもん」と答え、
「なんでうそをつくの!!!やってないでしょ」が繰り返される…
子どもは、「やったもん」と泣きながらまた言います。

 ちょっといたたまれなくなりました。

 そのお母さんは、なぜ、一方的に自分の言うことを押しつけるんだろう…?
子どもの話を確認しないのだろう…?
 あれでは、子どもは、追い込まれるばかりだろうに…。自分を守るために、同じことを答えるしかないのに…。
 
 前回「指示をしすぎる人は、自分を愛せない人?」という記事を書きました。

 この内容に共通することが一つあります。

 つい指示を出すのは、その背後に「自分も一人では、できなかった。自分の力を信じていない」という 自己否定感、つまり、ありのままの自分を愛せていないと言う可能性を見ることがあります。

 自分を受け容れられていないのです。

 その状況で、指示をして子どもがそれに従えば、自己肯定感は少し満たされます。

 しかし、子どもが言うことを聞くとは限りません。
  
 すると、そもそも自分が自分を否定しているけれど、子どもは肯定してくれるはず。
それなのに子どもが、自分に反発するとしたら、親の気持ちはどう動くでしょう?

 どこかで、裏切りに近い感情を持ってしまいます。

 この背後では、「愛のそこが、誤解なんですよ…?」で書いた感情が、働いてしまいます。

 子供は自分の分身であるかのような錯覚が生み出す「支配」に似た感覚。

 従うべき存在が反発して来たら、強権発動したくなる感覚。

 親が、子どもは別の存在であることに良く理解が行くとき、
相手を理解しよう、子どもを理解しようという視点が生まれます。

 相互理解による、「愛」の交流をする時、ようやく相手を傷つける行動から離れられるのです。 

 そして何より、自分を受け容れられるのではないでしょうか…。いj
なぜなら、自分が理解されていること、愛されていると気づけるようになるからです。

 でも、まずは客観的な自分を知ることが、自分で自分を理解すること、自分に愛を与えることの早道。
そのサポートは、花の写真を使うと、うんと促進されます。何人もの人がそうでした。
 前回も書きましたが、自分を受け容れられないのは、あなたの責任ではなかったからです。
 ぜひ、お力になりたいです。


写真は、「他者からの影響を受けずに自分を生きられる写真からの1枚」

【ウェルカムデイのご案内】
※ 3部制  おかげさまで、1部と2部は、満席になり、キャンセル待ちになりました。
1部 無料で体験!フラワーフォトセラピー 13時30分~15時
2部 フラワーフォトセラピーの開発者・弊協会会長 本宮輝薫講師の講義  15時~17時
3部 懇親会(会長の本宮講師と食事しながら語り合う場。※この日初めての方も大歓迎! 17時20分~ 

◎ 直近の体験講座はこちら
【あなたのブロックの発見と解放を体験できる講座】
・6月24(金) 10:30~12:30  ・6月25(土) 13:30~15:30
◎ 参加費 3000円
(体験講座にご満足いただけない場合の返金保障あり)
お申込みフォーム
・体験セラピー(ご都合に応じて可能です)
 体験 5000円(資格講座を受講検討の場合に限ります)
お申込みフォーム

協会認定(初級) ケアアドバイザー養成講座】
[7月] 7月 2日(土)10:00~19:00 1day
     7月12日・19(火)10:00~15:002days
お申込みフォーム
資格の内容・詳細はこちら
 

この記事を書いたプロ

ハーツイーズ(一般社団法人 フラワーフォトセラピー協会) [ホームページ]

心理カウンセラー 内藤由貴子

東京都港区南青山2丁目2番15号  ウィン青山942 [地図]
TEL:03-6869-5434

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
あなたを映し出すオーラソーマのボトル

オーラソーマは、あなたがユメを持っているなら、それをかなえるために、あなたの潜在力を引き出し、自分のユメを生きられるよう、サポートします。 それは、110...

 
このプロの紹介記事
フラワーフォトセラピーとオーラソーマのセラピー、スクール「ハーツイーズ」代表の内藤由貴子さん

望む人生に踏み出すための変化をサポートする、セラピーとスクール(1/3)

 山手線、地下鉄南北線の駒込駅から徒歩約3分にあるハーツイーズ。フラワーフォトセラピーとオーラソーマ®のスクール、そしてカウンセリングを行っています。主宰の内藤由貴子さんは、フラワーフォトセラピー協会の代表理事として、また英国ASIACT認...

内藤由貴子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

フラワーフォトセラピー、オーラソーマのスペシャリスト

事務所名 : ハーツイーズ(一般社団法人 フラワーフォトセラピー協会)
住所 : 東京都港区南青山2丁目2番15号  ウィン青山942 [地図]
TEL : 03-6869-5434

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6869-5434

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤由貴子(ないとうゆきこ)

ハーツイーズ(一般社団法人 フラワーフォトセラピー協会)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
親が子にもっている愛の誤解
イメージ

こんにちは。内藤由貴子です。 愛の誤解について、何回か書きました。実は、この誤解、親子関係の愛にも同じ...

[ 愛を理解し、自分を知る ]

追いかけすぎて、愛を失うことを繰り返す・・・ 実は内面で急き立てる何かがあるのです
イメージ

こんにちは。内藤由貴子です。 6月にも愛にまつわる誤解について書きましたが、ちょっと復習です。  もし...

[ 愛を理解し、自分を知る ]

まず、相手を理解する余裕があれば…
イメージ

こんにちは。フラワーフォトセラピストの内藤由貴子です。前回の記事では 同じパターンを繰り返し、愛を失...

[ 愛を理解し、自分を知る ]

プラクティショナーの卵は3日間でここまでやるんです
イメージ

こんにちは。フラワーフォトセラピー協会の内藤由貴子です。 ただ今、フラワーフォトセラピー協会認定のプラ...

[ フラワーフォトセラピー協会認定講座 ]

今日はたくさんのお客さま、そして北海道から九州まで
イメージ

こんにちは!フラワーフォトセラピー協会の内藤由貴子です。 先日もこちらでお伝えしましたが 、 今日は、数...

[ ウェルカムデイ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ