コラム

 公開日: 2016-01-24 

マルチにご活躍!ワトソンひろみ先生

こんにちは。フラワーフォトセラピー協会の内藤由貴子です。
今日はフラワーフォトセラピー協会でご活躍の素敵な講師をご紹介したいと思います。

 それは、ワトソンひろみ先生。


 埼玉県川口市で紅茶専門のカフェ「カパティ」を営みながら、カウンセリングサロンや教室も開いてます。

 その中に、もちろん、フラワーフォトセラピーがあります。
 ワトソンさんは、フラワーフォトセラピー協会認定のジュニアティチャー。
これは、インストラクターより上級の講師で、プラクティショナーの養成ができる講師です。

 プラクティショナーは、フラワーフォトセラピーをお仕事として報酬をいただうことが許される資格。
つまり、プロを養成できてしまう人です。

 すでにご自身の講座でプラクティショナーを輩出されています。

 最近、ワトソンさんのカパティのお客さまには、ちょっとしたフラワーフォトセラピー・ブームが起こっているそうですよ。

 なぜなら、フラワーフォトセラピーを受けたり、受講した人が、以前と変わってくので、
「その秘密は何?」と興味を持った人が、フラワーフォトセラピーのことを聞き、興味を持っていかれるからだそうです。 

 うれしいですね!

 実は、初級のフラワーフォトセラピー・ケアアドバイザー講座を

 1月25日(月)と2月4日(木)10時~15時 2日に分けて開催されます!詳細はのちほど…

ワトソンひろみ先生のプロフィール

 さて、ワトソンさんは、フラワーフォトセラピーの資格を取られたのは、2年ほど前。




 お名前からお察しのように、イギリスの方がパートナーで、イギリスいらしたことが長く、
あちらで様々な体験をされています。

 その一つが、カウンセリング・スキルの取得。
この資格、実は、英国認定の国家資格なんだそう(驚)
 
 うつ状態の人のケアなどに興味を持ったことがきっかけで、勉強したそうですが
資格を取って、犯罪被害者のサポート(ヴィクティム・サポート)のため、カウンセリングをしていたそうです。

 だから、カウンセリングでは錚々たるキャリア。
もちろん、英語でですよ。
 
 英国滞在時には、英語教師の英国認定の国家資格、TESLのA-のランクをとっています。
ネイティブのパートナーが同資格のB+だそうですので、彼女の方がランクは実は上なんです。
 今も、その実力を生かして、英会話の講師を続けています。

 日本に戻った時、驚いたのは、
イギリスではカウンセリングやセラピーが生活に溶け込んでいるのに
日本では、カウンセリングなどを受ける人は、いまだに「こころが病んだ」人という思い込みが強かったという現状。

 そして、英語を教えていて「子どもたちの可能性をもっと引き出せたら」ということ。

 それらを痛感したそうです。

 それで、もっとセラピーやカウンセリングの敷居を低くする方法はないかと、
最初にオーラソーマ(R)などのカラーセラピー、そしてフラワーフォトセラピーに至りました。

 実はワトソンさんのところが以前から、カフェをやっているのを存じていたので
フラワーフォトセラピーの体験会をしたのが、ご縁です。

 ご自身も参加され、直感的にフラワーフォトセラピーを学ぶことを即決されました!

 プロフィールでも、上のような輝かしいキャリアを隠していらっしゃるので、もったいないので
ばらしてしまいました。(笑)  

 とうわけで、ワトソンひろみ先生のフラワーフォトセラピーの初級講座、
「ケアアドバイザー養成講座」が開催されます!  

 1月25日(月)・2月4日(木)10時~15時 2回 


 ・ランチはカパティのイングリッシュランチだそう
 会場 川口 、カパティ  電話&FAX 048-299-4363
  木曜定休 
 e-mail cuppateatea@gmail.com
 カパティフラワーフォトセラピー詳細http://cuppatea-koucha.jimdo.com/セラピー-施術サービス/フラワーフォトセラピー/ [[カパティフラワーフォトセラピー詳細 http://cuppatea-koucha.jimdo.com/セラピー-施術サービス/フラワーフォトセラピー/ ]]

 日が迫っていますので、お急ぎください!

それ以後も、リクエストに応じてセッティング可能だそう。

 さて、英語を子どもたちに教えてのキャリアだけでなく、お二人のお嬢さんを育てたママでもあります。
上のお嬢さんが赤ちゃんの時、音楽に合わせて動く様子に、「この子は、絶対ダンスの才能がある!」と
直感で確信した彼女は、教育方針の違った当時の夫の元を飛び出し、それを貫いた結果、今ではそのお嬢さんは、ロンドンで「ライオンキング」の舞台に立っているそう。

 そんな魅力的なワトソン先生に、ぜひフラワーフォトセラピーをぜひ試しを。

 ≪これからの講座・(一社)フラワーフォトセラピー協会認定≫

 
【体験講座】 お申込みフォーム
 1月28(木)10:30~12:30
1月30(土)13:30~15:30
2月 3 (水)13:30~15:30
 *
2月11日 ケアアドバイザー → プラクティショナー 2月28、3月6、3月13 → セラピスト 3月19、20、21連休
 春までに一気にセラピストを目指すのも可能です!
【ケアアドバイザー養成講座】(初級)
    2月11日(木・祝)
    3月12日(土)
   各 10時~19時 ワンデイ 会場 駒込
 お申込みフォーム
  プラス 上記のワトソン講師の講座

【プラクティショナー養成講座】(中級)*仕事が認められるレベル 
  2月28、3月6、3月13 各日曜 
  2月25、3月3、3月10 各木曜 
 *上記は、相互に振替可能
   10時~18時×全 3日間3月
お申込みフォーム

講座の仕組みはこちらから

 5月ごろまでのケアアドバイザー、プラクティショナーをはじめとする講座のご案内はこちらから
 こちらから

 ぜひ、お待ちしています!
  

この記事を書いたプロ

ハーツイーズ(一般社団法人 フラワーフォトセラピー協会) [ホームページ]

心理カウンセラー 内藤由貴子

東京都港区南青山2丁目2番15号  ウィン青山942 [地図]
TEL:03-6869-5434

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品
あなたを映し出すオーラソーマのボトル

オーラソーマは、あなたがユメを持っているなら、それをかなえるために、あなたの潜在力を引き出し、自分のユメを生きられるよう、サポートします。 それは、110...

 
このプロの紹介記事
フラワーフォトセラピーとオーラソーマのセラピー、スクール「ハーツイーズ」代表の内藤由貴子さん

望む人生に踏み出すための変化をサポートする、セラピーとスクール(1/3)

 山手線、地下鉄南北線の駒込駅から徒歩約3分にあるハーツイーズ。フラワーフォトセラピーとオーラソーマ®のスクール、そしてカウンセリングを行っています。主宰の内藤由貴子さんは、フラワーフォトセラピー協会の代表理事として、また英国ASIACT認...

内藤由貴子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

フラワーフォトセラピー、オーラソーマのスペシャリスト

事務所名 : ハーツイーズ(一般社団法人 フラワーフォトセラピー協会)
住所 : 東京都港区南青山2丁目2番15号  ウィン青山942 [地図]
TEL : 03-6869-5434

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6869-5434

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内藤由貴子(ないとうゆきこ)

ハーツイーズ(一般社団法人 フラワーフォトセラピー協会)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
親が子にもっている愛の誤解
イメージ

こんにちは。内藤由貴子です。 愛の誤解について、何回か書きました。実は、この誤解、親子関係の愛にも同じ...

[ 愛を理解し、自分を知る ]

追いかけすぎて、愛を失うことを繰り返す・・・ 実は内面で急き立てる何かがあるのです
イメージ

こんにちは。内藤由貴子です。 6月にも愛にまつわる誤解について書きましたが、ちょっと復習です。  もし...

[ 愛を理解し、自分を知る ]

まず、相手を理解する余裕があれば…
イメージ

こんにちは。フラワーフォトセラピストの内藤由貴子です。前回の記事では 同じパターンを繰り返し、愛を失...

[ 愛を理解し、自分を知る ]

プラクティショナーの卵は3日間でここまでやるんです
イメージ

こんにちは。フラワーフォトセラピー協会の内藤由貴子です。 ただ今、フラワーフォトセラピー協会認定のプラ...

[ フラワーフォトセラピー協会認定講座 ]

今日はたくさんのお客さま、そして北海道から九州まで
イメージ

こんにちは!フラワーフォトセラピー協会の内藤由貴子です。 先日もこちらでお伝えしましたが 、 今日は、数...

[ ウェルカムデイ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ