橋本将吉

はしもとまさよし

医学生道場

[ 新宿区 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-05-07  最終更新日: 2018-05-15

<医学部生へ> 裏技あり! 大事なところを落とさない勉強法

こんにちは!
生徒さんから「『自分が』本当に大事なところを分かっているのか、自信がありません」と質問がありましたので、コラムを書いてみたいと思います。

方法① 全体像をつかんだ勉強をしよう!

どんな学問にも「話の幹」となる事実があります。そして、幹から枝分かれのように話が進んでいくのが通常です。

例えば、医学であれば、「人間は細胞の塊である」という真実が幹となって、基礎医学や臨床医学などの枝に分かれていきます。

今勉強している内容が、何を幹にして、どの枝の事を勉強しているのか、つまり全体像を意識しながら勉強するのです。

そうすると、覚えなくても考えれば出てくる知識が多くなるので、覚えなければならない量が格段に少なくなります。

そして、私は医学生道場の授業では、このことを「体系化」と教えています。人によっては、「再構成」という表現をすることもあります。

この「体系化」という概念が身につくと、どんな勉強でも楽しくなります。

体系化するための方法には沢山あるのですが、一番のおすすめは「絵に描いてつなげていく」というものです。

百聞は一見に如かず、という事で、医学生道場の実際の生徒さんのノートを拝借して、お見せします。





このように、どんどん書き込んでいって、どんどん「幹」に近づいていくことを意識した勉強をします。そうすると、暗記ではなく「思考」に変わり、覚えなければならない量が、格段に減るという事なのです。

この幹の事を「本質」といい、このように勉強する事を「体系化」と言います。

どんな学問でも、スポーツでも、様々なことに応用できますので、是非挑戦してみてください。

方法② 過去問を解きまくろう!

先輩からもらった過去問を解きまくるのも、一つの方法です。
先生は、基本的に「ここは分かっていてほしい」というポイントから出題します。
重箱の隅をつつくような問題は誰も解けません。
大切なポイントがどこか、という事を常に意識しながら勉強しましょう。

だから、試験前に過去問を何回も繰り返せば、必然的に理解度の確認になるのです。
試験前に重点的に過去問をやりこんでいる人は、普段の生活に関わらず、試験に合格する可能性が格段に上がります。

今回は、それとは違う、別の方法を提案してみたいと思います。

方法③ 教科書の目次を活用しよう!

実は、教科書の目次は、知りたいことを調べるためのものだけではありません。



↑生徒さんが使っている教科書の目次の写真です。
何やら難しそうなことが書いてありますが、ここではその内容には触れません。
教科書の目次というのは、非常によく考えられて作られたものであります。

簡単に説明すると、目次は「著者が伝えたい大切な言葉」を並べているものです。つまり、その目次について説明することが出来れば、あなたはきちんと重要なポイントを押さえていることになります。

反対に、目次を見てチンブンカンブンであれば、もう一度見直す必要があるかもしれません。
そのキーワードについてちゃんと説明できたかどうかで、その項目への理解度が測れると言うわけです。

ハイレベル編 むしろ見出しを作ってみる!

まずは何も見ないで、「自分の知っている事だけ」で、見出しを作ってみましょう。それが出来れば、その科目の全体像と重要な点を把握している事になります。
もしできない部分があるのであれば、そこが足りていない部分です。

これを項目や目次ごとに繰り返して、どこが分からないのかをはっきりさせてください。

その状態になってから、ようやく教科書の本文を読んで、分からなかったところを確認します。
一見手間がかかりそうですが、そのあとの勉強が非常に楽になるので、時間対効果は非常に高いです。
ぜひお試しください!

今日のまとめ


いかがでしたでしょうか。
他にもタメになるブログを書いておりますので、興味があれば覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。ブログでも大丈夫ですが、書籍の方が一連の流れになっているので、読みやすいと思います。ニコニコ医学生やダラダラ医学生などの登場人物がいたりして、楽しく読める工夫もしています。

医学生道場は、橋本が直接、医学部の先輩として同じ目線に立って、悩みを一緒に真剣に考えます。多くの方が口を揃えて、「もっと早く相談していれば、こんなに悩まなくて済んだのに」と言ってくれています。電話だけの無料相談も可能です。

このサイトに早い段階で来て、読んでくれた医学部生さん達が得をするように、色々とお役立ちブログを書いています。楽しく読んでもらえるようにしていきますね。 興味があれば他にも覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。
↓↓↓↓↓↓
医学生道場のブログ一覧(別のリンクにとびます)

医学生道場は、医師という医学部の先輩が同じ目線に立って、悩みを一緒に真剣に考えます。多くの方が口を揃えて、「もっと早く相談していれば、こんなに悩まなくて済んだのに」と言ってくれています。
↓↓↓↓↓↓
生徒さんと保護者さんの声(別のリンクに飛びます)

最後まで読んで頂きありがとうございました。
公式サイトではもっと詳しく書いていますので、是非お立ち寄りください。
↓↓↓↓↓↓
医学生道場の公式サイト(別のリンクに飛びます)

この記事を書いたプロ

医学生道場 [ホームページ]

講師 橋本将吉

東京都新宿区新宿4-3-30-501 [地図]
TEL:0422-26-7222

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
保護者の方へ
イメージ

初めまして。私、医学生の講師をしている、医学生道場の橋本将吉と申します。普段は総合病院の内科外来で総合診療を行っております。以前に比べてインターネットで...

書籍・電子書籍

(2016年7月28日記)こんにちは。医師の橋本将吉です。この度、医学部生と保護者の方に向けて、書籍を制作する事になりました。理由としては、次のようなものがあり...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
医者道場 橋本将吉先生

日本唯一 医学部生専門の個別指導塾(1/3)

 「医学部生なんだけど、直接マンツーマンで教えてくれる先生はいないかな?」「試験直前で助けてくれる医者の先生いないよね?」「進級と留年で悩んでる医学生を助けてくれる塾なんてないか」 そんな思いを形に変えたのが、医学生時代に多くの苦労を経...

橋本将吉プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

進級・留年対策に特化した、医学部生専門の個別指導塾です

屋号 : 医学生道場
住所 : 東京都新宿区新宿4-3-30-501 [地図]
TEL : 0422-26-7222

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-26-7222

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橋本将吉(はしもとまさよし)

医学生道場

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

道場がアットホームな所。2ヶ月間めちゃくちゃ楽しくて面白い授業でした!

医学生本人の授業終了後のアンケートです。 Q.授業が始まっ...

非公開とします
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
〈書籍のご案内〉 やる気を強化したい人に向けて書きました
イメージ

 書籍のご案内 こんにちは。医師の橋本将吉です。この度、医学部生と保護者の方に向けて、書籍を制作する事...

[ 医学部生へ ]

〈医学生道場について〉 個別指導 学習プランの作成
イメージ

こんにちは。今回は、実際に個別指導が始まったときに、一番初めに行う「学習プランの作成」についてご説明します...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 個別指導の内容
イメージ

医学生道場が、個別指導でどのようなサービスをしているか、ご説明したいと思います。 ①面談 まずは面談で...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 個別指導以外のサポート
イメージ

こんにちは。「そもそも先生がやりたいことはなんですか?」と言われた橋本です。医療と教育の両方を全力でやりた...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 サービス開始までの流れ
イメージ

こんにちは。「ブログ、体験談として僕も書いてみたいんですけど」と生徒さんに言われた橋本です。自分のブログに...

[ 医学生道場について ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ