コラム

 公開日: 2016-09-03  最終更新日: 2016-12-03

〈医学部生へ〉 知っていると得! 試験での評価の仕方



こんにちは。医学部生さんから、「試験の評価ってどうなっているんですか?」と御質問を頂きましたので、コラムを書きたいと思います。

そもそも試験とは何か


ではさっそく、いつも通り前提から考えてみましょう。試験とは何でしょうか。

「進級を決めるためのもの」
「先生の自己満足」
「医者にするかどうかの判断」

色々な意見がありそうです。
教育事業を長くやっていると、一つの真実にたどり着きます。

「試験とは、評価をするものである」

これが唯一にして絶対の真実です。

・試験をすることによって、受験の合否を決める  
・試験をすることによって、採用の合否を決める。
・試験をすることによって、進級の合否を決める。

これらはすべて、試験が「評価をするものである」ということを示しています。
もし、試験が評価をするものでなければ、大変なことになってしまいます。例えば、、、

「入試はたくさんのお金を払った人に入ってもらうね」
「試験やっても同じだよ。初めから出身大学で採用するかどうか決めてるから」
「なーに、安心してくれ。受けさえすれば、全員受からせてやるから」

いやいやいや、と。やはり、試験はその人を評価するためにあります。

では本題の、評価の方法について勉強してみましょう。

〈極論〉敵は先生か、それとも周りの医学生か


試験の評価方法は二種類あります。
それは絶対評価と相対評価。科目ごとに異なります。
初めて聞く人も多いかもしれないので、概念を説明したいと思います。

絶対評価は、60点がすべての基準です。それを超えれば合格。切れば再試になります。
相対評価は、点数調整があります。上位3分の2以上が合格するように調整されたりする評価方法です。

ところで、どちらの方が厳しいのでしょうか。絶対評価のほうが厳しいように聞こえますか?実はどちらにも厳しさがあります。

絶対評価と相対評価 それぞれの厳しさ


絶対評価はとても残酷です。100人中5人しか60点を超えてなくても、絶対に95人は再試。難しい問題を作る先生が敵です。

実は、相対評価も残酷です。平均点が高ければ高いほど、点数の調整(底上げ)がなくなるので、「仲間よりも」勉強をしなければなりません。私は相対評価のことを、バトルロワイヤルと呼んでいます。

K大学のある先生のボヤキ


2016年9月にあった、試験後の最初の授業中の話しです。K大学では、ある先生の発言が話題になっています。

「今年は3分の1を合格にした。3分の2は不合格。合格者の中で、正規の点数で合格しているのは2人。残りの合格者は、相当の恩赦を受けているか、恩赦だけで受かっているかどっちかだ。誰も受かっていなければ問題が悪い。2人受かっているから問題は悪くない。つまり、お前らが悪い。再試をしっかり勉強するように。」

色々な意見があると思いますが(笑)、私はこの話しを聞いたときに、この科目は絶対評価と相対評価、そして「採点者の主観的評価」という評価基準が含まれているのだな、と理解しました。

逆に逆手にとる


相手の考えがここまで分かれば、評価基準に沿うように対策を立てればよいと思います。具体的な方法は、資料を作る、合格する仲間に入る、具体的な行動をとる(意味深)など、色々あります。
科目ごとに対策の仕方も変わってくるので、心配であればご相談ください。

今日のまとめ


いかがでしたでしょうか。
他にもタメになるコラムを書いておりますので、興味があれば覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。コラムでも大丈夫ですが、書籍の方が一連の流れになっているので、読みやすいと思います。ニコニコ医学生やダラダラ医学生などの登場人物がいたりして、楽しく読める工夫もしています。

コラム一覧
書籍・電子書籍
お客さんの声
プロフィール
医学生道場の公式サイト(別のリンクに飛びます)

医学生道場は、橋本が直接、医学部の先輩として同じ目線に立って、悩みを一緒に真剣に考えます。多くの方が口を揃えて、「もっと早く相談していれば、こんなに悩まなくて済んだのに」と言ってくれています。電話だけの無料相談も可能です。


お問い合わせ


直接の相談を希望される場合は、メール、LINE、FAXにてお問い合わせください。
橋本将吉が直接、明るく、真摯にお受けします。
電話の場合は、8:00~22:00の間にお願いします。
授業をしていたりすると出れないこともあります。

メールでのお問い合わせ
LINE: free-cat-tara
TEL : 0422-26-7222
FAX : 0422-26-7232
Mail : info@li-fe.tokyo

この記事を書いたプロ

医学生道場 [ホームページ]

家庭教師 橋本将吉

東京都武蔵野市御殿山1-7-12 井の頭マンション805号 [地図]
TEL:0422-26-7222

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
保護者の方へ
イメージ

初めまして。私、医学生の講師をしている、医学生道場の橋本将吉と申します。普段は総合病院の内科外来で総合診療を行っております。以前に比べてインターネットで...

書籍・電子書籍

(2016年7月28日記)こんにちは。医師の橋本将吉です。この度、医学部生と保護者の方に向けて、書籍を制作する事になりました。理由としては、次のようなものがあり...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
医者道場 橋本将吉先生

日本唯一 医学部生専門の個別指導塾(1/3)

 「医学部生なんだけど、直接マンツーマンで教えてくれる先生はいないかな?」「試験直前で助けてくれる医者の先生いないよね?」「進級と留年で悩んでる医学生を助けてくれる塾なんてないか」 そんな思いを形に変えたのが、医学生時代に多くの苦労を経...

橋本将吉プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

進級・留年対策に特化した、医学部生専門の個別指導塾です

屋号 : 医学生道場
住所 : 東京都武蔵野市御殿山1-7-12 井の頭マンション805号 [地図]
TEL : 0422-26-7222

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-26-7222

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橋本将吉(はしもとまさよし)

医学生道場

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

授業の受け方が変わりました。

医学生本人の、入塾後のアンケートです。 Q.授業が始まって...

非公開とします
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
<書籍のご案内> やる気を強化したい人に向けて書きました
イメージ

 書籍のご案内 こんにちは。医師の橋本将吉です。この度、医学部生と保護者の方に向けて、書籍を制作する事...

[ 医学部生へ ]

〈医学生道場について〉 個別指導 学習プランの作成
イメージ

こんにちは。今回は、実際に個別指導が始まったときに、一番初めに行う「学習プランの作成」についてご説明します...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 個別指導の内容
イメージ

医学生道場が、個別指導でどのようなサービスをしているか、ご説明したいと思います。 ①面談 まずは面談で...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 個別指導以外のサポート
イメージ

こんにちは。「そもそも先生がやりたいことはなんですか?」と言われた橋本です。医療と教育の両方を全力でやりた...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 サービス開始までの流れ
イメージ

こんにちは。「コラム、体験談として僕も書いてみたいんですけど」と生徒さんに言われた橋本です。自分のブログに...

[ 医学生道場について ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ