コラム

 公開日: 2016-08-04  最終更新日: 2016-11-29

〈医学部生へ〉 出席が足りない場合の具体策

こんにちは。生徒さんのお母さんからブドウをもらった橋本です。一日一粒ずつ冷蔵庫からつまんで食べています。朝から甘いものが毎日食べることができる幸せを知りました。

先日、とある医学部生のご家族さんから、「出席が足りない場合はどうしたらいいのでしょうか」という御質問を頂きましたので、コラムを書きたいと思います。少し長い話になります。

医学部の出席は厳しい現実


まずは前提として、医学部は他の大学に比べてなぜか本当に出席が厳しいです。よくあるパターンが、全科目3分の2出席で、足りなければ試験が受けられない、というものです。

「しまった!出席が足りない!」
「うわ、ギリギリだ!心配で勉強がはかどらない」
「やっべ、数回しかない実習おもいっきり休んじまった、、マジでガチ鬱、、」

出席が厳しい理由


では、なぜそこまで出席が重視されるのでしょうか。医学部生の間では、次のようなうわさが囁かれています。

「出席が足りないなら、やる気が感じられないから(都市伝説)」
「出席できない人は患者を診れないから(研究医の先生が言うことが多い)」
「出席なんて人間の常識(謎)」

どれも聞いたことがあるかもしれません。ですが、出席が厳しい本当の理由を知ると、出席が足りなかったときに対策できる可能性が見えてきます。


先生側の状況を考えてみる


先生側の状況を考えてみます。医学部の先生は、論文を検索したり、データをとったり、まとめたり、とにかく忙しいです。一人一人の生徒の顔と名前を、毎年楽しく憶える余裕はありませんので、簡単なふるい分けが必要になります。そこで次のような表が出てきます。


(研究室の秘書さんが作ることの多い)出席率の表です。これを元に教授会議でボーダーライン上の学生について話し合いが行われます。

教授様 「佐藤と小林はまた出席率が足りないのか?」
講師様 「そうですね。この間注意したんですが、結局は出席率が低いままですね」
教授様 「じゃあ留年だな。」
講師様 「そうですね。」

出席率は、ふるい分けをとても簡単にします。

そして、初めにもらうシラバスに、「出席が足りなければ試験が受けられない」と書いてあるので、どんなにその生徒と親御さんが駄々をこねても(訴えてきたとしても)、一言で突っぱねることができます。これが大人の世界です。大学としてはこんなに楽なことはありません。

授業態度が悪いから、とか、生徒の中で浮いているから、とか、人の判断が留年の評価基準に入ってくると、もめたときに面倒ですからね。そういう理由で出席率が重視されます。では、それを踏まえたうえで、対策について考えてみましょう。

出席が足りない場合の具体策


唯一の方法があります。それは「出席率で判断させない」ことです。自分という「人」で勝負していくということです。何もしなければ留年してしまいます。勝負というのは、「きちんとやる気がある姿を見せる」ということです。少し具体的に考えてみます。

研究室での先生との会話


初めまして。お忙しいところお時間を頂きありがとうございます。橋本将吉と申します。
早速ですが、大変申し訳ありません。出席が足りないことが分かりました。そもそも授業は100%出席するのが礼儀だと思うのですが、それが出来ませんでした。本当に申し訳ありません。それにはきちんとした理由があります。

ですが、どんなに言い訳をしても先生のお時間を使ってしまうだけですので、科目の勉強をしっかりして、もし試験を受けさせていただけるなら結果で見せたいと思います。しっかり勉強をしている姿は、これから残っている授業の態度、残る授業の出席率などを見ていただきいと思います。また、お手数をおかけしてしまうのですが、課題などを出していただけましたら、喜んでレポートにまとめて提出致します。

他に方法はないの?


ちょっとそういうのが苦手、という人もいます。実際の生徒さんに「それが出来たら苦労しないよ!」と泣かれたことがあります。その方法ですが、ここではご紹介できない内容ですいません。この方法がまかり通ってしまって、大学の先生に知られてしまうと、残念ながら使えなくなってしまいます。ちなみに、その生徒さんはうまくいって、今医学部で無事に三年生になっています。

今日のまとめ


いかがでしたでしょうか。
他にもタメになるコラムを書いておりますので、興味があれば覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。コラムでも大丈夫ですが、書籍の方が一連の流れになっているので、読みやすいと思います。ニコニコ医学生やダラダラ医学生などの登場人物がいたりして、楽しく読める工夫もしています。

コラム一覧
書籍・電子書籍
お客さんの声
プロフィール
医学生道場の公式サイト(別のリンクに飛びます)

医学生道場は、橋本が直接、医学部の先輩として同じ目線に立って、悩みを一緒に真剣に考えます。多くの方が口を揃えて、「もっと早く相談していれば、こんなに悩まなくて済んだのに」と言ってくれています。電話だけの無料相談も可能です。


お問い合わせ


直接の相談を希望される場合は、メール、LINE、FAXにてお問い合わせください。
橋本将吉が直接、明るく、真摯にお受けします。
電話の場合は、8:00~22:00の間にお願いします。
授業をしていたりすると出れないこともあります。

メールでのお問い合わせ
LINE: free-cat-tara
TEL : 0422-26-7222
FAX : 0422-26-7232
Mail : info@li-fe.tokyo

この記事を書いたプロ

医学生道場 [ホームページ]

家庭教師 橋本将吉

東京都武蔵野市御殿山1-7-12 井の頭マンション805号 [地図]
TEL:0422-26-7222

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
保護者の方へ
イメージ

初めまして。私、医学生の教育をしている、医学生道場の橋本将吉と申します。普段は総合病院の内科外来で総合診療を行っております。以前に比べてインターネットで...

書籍・電子書籍

(2016年7月28日記)こんにちは。医師の橋本将吉です。この度、医学部生と保護者の方に向けて、書籍を制作する事になりました。理由としては、次のようなものがあり...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
医者道場 橋本将吉先生

日本唯一 医学部生専門の個別指導塾(1/3)

 「医学部生なんだけど、直接マンツーマンで教えてくれる先生はいないかな?」「試験直前で助けてくれる医者の先生いないよね?」「進級と留年で悩んでる医学生を助けてくれる塾なんてないか」 そんな思いを形に変えたのが、医学生時代に多くの苦労を経...

橋本将吉プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

進級・留年対策に特化した、医学部生専門の個別指導塾です

屋号 : 医学生道場
住所 : 東京都武蔵野市御殿山1-7-12 井の頭マンション805号 [地図]
TEL : 0422-26-7222

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-26-7222

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橋本将吉(はしもとまさよし)

医学生道場

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

基礎医学が面白いと思うようになった

医学生本人の、入塾後のアンケートです。 Q.授業が始まって...

非公開とします
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
<書籍のご案内> やる気を強化したい人に向けて書きました
イメージ

 書籍のご案内 こんにちは。医師の橋本将吉です。この度、医学部生と保護者の方に向けて、書籍を制作する事...

[ 医学部生へ ]

〈医学生道場について〉 個別指導 学習プランの作成
イメージ

こんにちは。今回は、実際に個別指導が始まったときに、一番初めに行う「学習プランの作成」についてご説明します...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 個別指導の内容
イメージ

医学生道場が、個別指導でどのようなサービスをしているか、ご説明したいと思います。 ①面談 まずは面談で...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 個別指導以外のサポート
イメージ

こんにちは。「そもそも先生がやりたいことはなんですか?」と言われた橋本です。医療と教育の両方を全力でやりた...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 サービス開始までの流れ
イメージ

こんにちは。「コラム、体験談として僕も書いてみたいんですけど」と生徒さんに言われた橋本です。自分のブログに...

[ 医学生道場について ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ