コラム

 公開日: 2016-07-28  最終更新日: 2016-12-03

〈医学部生へ〉 授業の受け方 あなたはどのタイプ?



↑ 赤はまじめグループ、青は背中に隠れることができるグループ、ピンクはなんでも効率よくやるグループ、出席カードをもらうといなくなることが多いグループ

こんにちは。「先生って、授業さぼってサッカーとかしてそうですよね」と言われた橋本です。集中できないときは、献血に行ったりもしました。

医学部生さんから、「色んな授業の受け方があるような気がします。どんなタイプがあるんでしょうか」という面白い質問を頂きましたので、コラムを書きたいと思います。

まず前提として


まず、医学部は授業の数がとても多いです。出席も厳しいです。部活やサークルもやるとなると、もはや完全に大学から外に出る機会がなくなります。その上にアルバイトや趣味があったりすると、効率のいい勉強の仕方が求められます。そして、医学部受験を勝ち抜いたあなたは、自分の得意な勉強方法を、ある程度経験的に知っていると思います。私の経験上、以下のタイプに分かれるかな、と思っています。

①全科目予習復習タイプ


「とりあえず全部の科目聞いてます」
「授業が復習だと思っています」
「最終的に、先手を打つ方法は予習だと思っています」

その名のとおり、全科目の予習、復習をしています。時間はそれなりにかかりますが、この中では一番目か二番目に勉強時間が多くなります。その分、結果も出しやすいです。

②興味のある科目だけ聞くタイプ


「法医学だけ興味あるから聞いてる」
「あの先生嫌われてるけど、聞いてみると結構おもしろいかなって思って、せっかくだから聞いてる」

興味のある科目は、すっと耳に入ってきたり、分からないことがあると知りたくなったりするので、授業を聞くのは大きな武器になります。私自身も「何から手を付けていいか分からない」という生徒さんに、学問の楽しみ方を教えるために、興味のある科目から始動することもあります。

③重いと言われている科目だけ聞くタイプ


「その科目、量多いよって言われたので」
「先輩が、その科目は時間を使えって教えてくれたので」
「やばそうなんで、とりあえず聞いてます。直前に何も分からないと不安なので」

部活やサークルの先輩、同期から教えてもらって、その科目だけ聞く、という容量のいいタイプです。これができる人はかなり強いですが、出来る人は限られていると思っています。

④「授業からたくさん出るよ」と言われている科目だけ聞くタイプ


「過去問ぱらって見てみたら、授業で話してたことが出てるのに気づいた」
「先輩がその科目の授業は聞いとけ、って言ってた」
「結局先生の熱く語ってる場所が出るじゃん」
「先生自身がだすぞって言ってるところ、出なきゃ詐欺だし」

これも容量がいいタイプです。うまくこなせる人は強いですが、人数もそう多くないです。

⑤完全独学タイプ


「医学部入ったけど、授業何言ってるか分からない」
「基礎医学、授業聞いてて意味あるんですか?」
「授業とか、人生で二回ぐらいしか聞いたことないです」
「最初の一回目の授業で挫折 笑」
「授業料は医師免許を購入する値段だと思ってます(^_-)-☆」

容量がいいとは言えませんが、純粋に医学を楽しめるタイプです。試験に出るか出ないかは関係ありません。とにかく知りたいことを調べ、見たいものを見て、生きたいように生きます。医学に対する好奇心が強いことが多いです。ちなみに、橋本はこのタイプに近いです。

⑥試験直前タイプ


「二週間前から勉強を始めて、もし間に合わなかったら俺はそこまでの人生だったんだな、って割り切ってます」
「試験直前にならんと、ドーパミンっちゅうのが出てこないんですわ」

西日本出身の人になぜか多いタイプです。要領はとてもいいですが、勇気も必要です。時間が限られているので、どの科目も60点前後で勝負している場合が多いです(少ない時間で受かる科目の勉強時間を、時間が必要な科目に充てるためです)。

⑦友達頼りまくりタイプ


「だって仲のいい成績5番の友達いるし」
「先輩が全部教えてくれるって約束してる」
「部活めっちゃ沢山入ってます」

友達も優秀であることを理解して、さらに活用しているタイプ。コミュニケーションが得意な人に多いタイプですが、医学部にはちょっと少ないかもしれません。ドクターになると、看護師さんや薬剤師さん等、色々な人と一緒に仕事をするので、このタイプは病院でも愛されキャラになりやすいです。

⑧睡眠学習タイプ


「うーん、ああ、分かる、、、かも」
「あ、授業?そんなこと言ってた?ははは」
本当に理由が分からないのですが、授業を全く聞いている感じはないのに(というか寝ていますし)、なぜか試験の時に「まあ、知ってたかな」と問題が解けてしまうタイプがいます。1大学に2~3人ぐらいの割合で生息しています。絶対マネできない不思議タイプです。良い子はマネしてはいけません。

どれが正解というのはありませんが、自分がどのタイプなのか、もしくはどのタイプの要素を組み合わせるのか、少し意識してみるといいかもしれません。

今日のまとめ


いかがでしたでしょうか。
他にもタメになるコラムを書いておりますので、興味があれば覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。コラムでも大丈夫ですが、書籍の方が一連の流れになっているので、読みやすいと思います。ニコニコ医学生やダラダラ医学生などの登場人物がいたりして、楽しく読める工夫もしています。

コラム一覧
書籍・電子書籍
お客さんの声
プロフィール
医学生道場の公式サイト(別のリンクに飛びます)

医学生道場は、橋本が直接、医学部の先輩として同じ目線に立って、悩みを一緒に真剣に考えます。多くの方が口を揃えて、「もっと早く相談していれば、こんなに悩まなくて済んだのに」と言ってくれています。電話だけの無料相談も可能です。


お問い合わせ


直接の相談を希望される場合は、メール、LINE、FAXにてお問い合わせください。
橋本将吉が直接、明るく、真摯にお受けします。
電話の場合は、8:00~22:00の間にお願いします。
授業をしていたりすると出れないこともあります。

メールでのお問い合わせ
LINE: free-cat-tara
TEL : 0422-26-7222
FAX : 0422-26-7232
Mail : info@li-fe.tokyo

この記事を書いたプロ

医学生道場 [ホームページ]

家庭教師 橋本将吉

東京都武蔵野市御殿山1-7-12 井の頭マンション805号 [地図]
TEL:0422-26-7222

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
保護者の方へ
イメージ

初めまして。私、医学生の教育をしている、医学生道場の橋本将吉と申します。普段は総合病院の内科外来で総合診療を行っております。以前に比べてインターネットで...

書籍・電子書籍

(2016年7月28日記)こんにちは。医師の橋本将吉です。この度、医学部生と保護者の方に向けて、書籍を制作する事になりました。理由としては、次のようなものがあり...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
医者道場 橋本将吉先生

日本唯一 医学部生専門の個別指導塾(1/3)

 「医学部生なんだけど、直接マンツーマンで教えてくれる先生はいないかな?」「試験直前で助けてくれる医者の先生いないよね?」「進級と留年で悩んでる医学生を助けてくれる塾なんてないか」 そんな思いを形に変えたのが、医学生時代に多くの苦労を経...

橋本将吉プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

進級・留年対策に特化した、医学部生専門の個別指導塾です

屋号 : 医学生道場
住所 : 東京都武蔵野市御殿山1-7-12 井の頭マンション805号 [地図]
TEL : 0422-26-7222

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-26-7222

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橋本将吉(はしもとまさよし)

医学生道場

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

基礎医学が面白いと思うようになった

医学生本人の、入塾後のアンケートです。 Q.授業が始まって...

非公開とします
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
<書籍のご案内> やる気を強化したい人に向けて書きました
イメージ

 書籍のご案内 こんにちは。医師の橋本将吉です。この度、医学部生と保護者の方に向けて、書籍を制作する事...

[ 医学部生へ ]

〈医学生道場について〉 個別指導 学習プランの作成
イメージ

こんにちは。今回は、実際に個別指導が始まったときに、一番初めに行う「学習プランの作成」についてご説明します...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 個別指導の内容
イメージ

医学生道場が、個別指導でどのようなサービスをしているか、ご説明したいと思います。 ①面談 まずは面談で...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 個別指導以外のサポート
イメージ

こんにちは。「そもそも先生がやりたいことはなんですか?」と言われた橋本です。医療と教育の両方を全力でやりた...

[ 医学生道場について ]

〈医学生道場について〉 サービス開始までの流れ
イメージ

こんにちは。「コラム、体験談として僕も書いてみたいんですけど」と生徒さんに言われた橋本です。自分のブログに...

[ 医学生道場について ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ